903件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新発田市議会 2019-03-27 平成31年 2月定例会−03月27日-05号

財団とスケジュールを詰める中で、2021年のオリンピックの翌年の秋または冬に引き渡したいとの一つの目安が示されていることから、市長の判断は早くしたい。委員会としては、建築不可能な清水園園外は外して、今回示された4案の中で意見集約を行いたい旨の自由討議がありました。  そして、最後が31年の2月7日、みらい創造課長の説明及び意見集約を行いました。

長岡市議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会本会議−03月26日-05号

その事業者との協議においては、オリンピック・パラリンピックの開会に合わせてオープンするという当初のスケジュールにとらわれることなく、しっかりとした検討を期待いたします。  さらに、大手通坂之上町地区市街地再開発事業がいよいよ実施設計に着手する年です。

長岡市議会 2019-03-15 平成31年 3月産業市民委員会−03月15日-01号

今までの話だと、開業はオリンピック前というのがずっと、私も市民にはそういう話で説明をしてきたところであります。今の話を聞いていると、指定管理者の公募も少し長くしたいとか、いろんなことを慎重にやりたいとかという話がある中で、本当に間に合うのかなと。ただ、間に合わせるためだけにせかして、我々が、市民が喜ばないようなものになっても困る。

新発田市議会 2019-03-07 平成31年 3月 7日経済建設常任委員会-03月07日-01号

一概に土地の値段だけで売り買いではなくて、やっぱり世の中の景気の動向、特に食品業界というのは非常にちょっと前はそれこそ東京オリンピックの需要とかそういったものもありまして、一気に動いたりした部分もございましたけども、なかなか一概に土地の値段だけというものではないというふうには認識しております。複合的な要素があろうかというふうに思います。  あと済みません、もう一点だけ。

新発田市議会 2019-03-06 平成31年 3月 6日社会文教常任委員会−03月06日-01号

その下のスポーツ&カルチャーツーリズム推進事業は、スポーツによるまちの活性化を図るため、東京オリンピック出場を目指す当市出身のバスケット選手の富樫勇樹選手が所属いたします千葉ジェッツ船橋の凱旋試合を開催予定しておりましたが、千葉ジェッツがバスケットボール大会の天皇杯で優勝したことにより与えられましたマカオで開催された国際試合と当市の凱旋試合の日程が残念ながら重なったことにより、開催に至らなかったことから

長岡市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会本会議−03月06日-04号

オリンピックを迎える日本では、これらの人たちの活用も必要と思います。観光の促進には、通訳ボランティアは重要と思います。これらインバウンドの受け入れ体制の整備がまず必要と考えますが、長岡市のお考えをお聞きします。  海外の旅行者のことも大切ですが、身近にいる日本人の誘客も重要と考えます。受け入れ側にすれば、なじみのある日本人の観光客のほうがずっと受け入れしやすいということは言うまでもありません。

長岡市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会本会議-03月04日-02号

このほか、対策を急ぐ背景として、ことし以降も患者がふえ続ける可能性が指摘される中、アメリカの疾病対策センターは、昨年10月、予防接種や感染歴のない妊婦は訪日しないよう国民に警告を出すなど、海外にも影響が広がっていること、さらに本年のラグビーワールドカップや来年の東京オリンピック・パラリンピックの開催で多くの外国人の訪日が予想される中、感染の封じ込めが国民社会への責務でもあるからです。  

長岡市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会本会議−03月01日-01号

さらに、オーストラリア競泳チームの合宿を受け入れ、市民との交流を図るほか、2020東京オリンピックを目指す長岡のトップアスリートの活動を支援します。あわせて、障害者スポーツやバスケによるまちづくりを推進し、スポーツによるまちづくりを進めます。  第4の柱、長岡の魅力発信と交流人口の拡大であります。  

新発田市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会−02月27日-01号

ことし5月、新潟市でのG20農業大臣サミットの開催を初めとして、9月にはラグビーワールドカップ、来年にはいよいよ東京オリンピック、パラリンピックの開催と世界中の注目が日本に集まり、多くの外国人が訪れる、またとない好機を迎えます。

新発田市議会 2019-01-31 平成31年 1月31日総務常任委員会−01月31日-01号

◎みらい創造課長(山口恵子) 市長の判断時期につきましては、先ほどご答弁した内容になると思うのですが、従前に大倉文化財団と私どもで大まかなスケジュール、大体どのぐらいまでにというお話をさせていただいている中では、当初東京オリンピック前というお話もあったのですが、やはり慎重を期した決定が必要であろうということで、その後お話をさせていただいておりまして、できれば、できればのお話です、2021年、オリンピック

新発田市議会 2018-12-26 平成30年12月26日総務常任委員会−12月26日-01号

議会で市長は、オリンピックの年までにはもう建てるんだとは言っているけども、その建てるにしても、建てるのは大倉財団のほうで、事業団のほうで建てるかもしれないけども、その外構とあとその経費、ランニングコストとかそういうものがはっきりしないうちに議会はそれでいいですよ、建ててもいいですよ、いいもんだから建てていいですよと、そういうわけには私はいかないと思うんですね。

小千谷市議会 2018-12-20 平成30年  第4回 定例会-12月20日−市政に対する一般質問−02号

質問の3点目、2020年東京オリンピック・パラリンピックには、海外から日本への関心もさらに高まり、クールジャパンブランドとして錦鯉の需要も増すものと考えます。それに対応すべく、生産に対する基盤整備や環境などはどのように考えておられるのか、お伺いをいたします。    質問の4点目、農林課には錦鯉戦略係を置いていますが、全市的な戦略や体制の構築が必要ではないでしょうか。

上越市議会 2018-12-14 平成30年  第5回(12月)定例会-12月14日−一般質問−05号

来年のラグビーワールドカップ、再来年のオリンピック、パラリンピックで大挙して来日する外国人の宿泊先という特需はもちろん、政府の戦略であるインバウンド推進、今倍々ゲーム的に来日外国人をふやしている中、その受け皿として民泊、そして農泊が期待されています。そういうわけではありますが、一方、民泊が住民の安全、安心という観点で不安があるという側面も否めない。

長岡市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会本会議−12月14日-03号

協議会時に今後のスケジュールを説明されておりましたが、ことし秋から造成工事に着手し、再来年の東京オリンピック・パラリンピック開催前のオープンを目指すということでした。観光施設で稼ぐ、もうける施設にするには、性急過ぎはしないかと不安に思っているところです。基本的に行政は金もうけをする団体ではありませんので、民間に比べて営利事業は不得手なものと思っております。

三条市議会 2018-12-13 平成30年総務文教常任委員協議会(12月13日)

○(本間人事課長) 土木技術職につきましては、やはり2020年東京オリンピックの需要関係もございまして、大都市圏の大きなゼネコンと言われるところにどうしても学生が行くという傾向があります。私どもも土木技術職の確保については、積極的に説明会やインターンシップ等に来ていただけないかということで学生にコンタクトをとりつつ、受験していただくように取り組んでいるところでございます。

十日町市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月13日−市政に対する一般質問−05号

次に、東京オリンピック後の縄文文化発信と活用についてお伺いいたします。東京オリンピック開催まで1年半近くになりました。十日町市は、聖火台デザイン採用運動に全力を注いでまいりました。結果はどうであれ、欧米で高い評価を受けている以上、縄文文化の発信は私はとまらないように思います。新博物館完成の後の縄文文化発信と活用をどのように考えているかお伺いいたします。