130件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-06 新発田市議会 平成31年 3月 6日社会文教常任委員会−03月06日-01号 ちなみに、2020年には県内においても専門職大学のほうが設置を目指すというような報道がございますが、こちらはアニメや漫画に特化したものというふうにお聞きしております。  私のほうから以上でございます。 ○委員長(石山洋子) あと、ほかに今の職員の方たちとの格差は生じないかというようなご質疑。 ◎青少年健全育成センター所長兼児童センター所長(井越信行) そうですね。 もっと読む
2018-09-18 新発田市議会 平成30年 9月18日総務常任委員会−09月18日-01号 また、ほかの川東コミュニティとか書いてあるバス、稲穂とかさまざまあるんですが、ああいうふうな非常にアニメ的な視覚的に訴えるものあるんですが、ああいうところにも今後広告というものは打っていかれるのか、ちょっとその辺の方向性を伺っていきたいと思います。 ○委員長(小柳肇) 宮村公共交通推進室長。 ◎市民まちづくり支援課公共交通推進室長(宮村崇康) 今ほどの若月委員のご質疑にお答えをいたします。   もっと読む
2018-09-12 柏崎市議会 平成30年 9月定例会議(第17回会議 9月12日) ラッピングバスについては、昨年、総務常任委員会で行政視察を行いました、埼玉県飯能市でも、アニメのラッピングバスを運行し、好評を得ているようです。先日、市長より、柏崎市の観光PR、ラッピングバスの事例も紹介されました。   もっと読む
2018-09-10 長岡市議会 平成30年 9月産業市民委員会−09月10日-01号 先月21日の新潟日報の紙面において、アニメで学ぶ地球温暖化という記事がありました。地球温暖化に関する小・中学生向けのアニメを環境省が作成し、学校や自治体の出前講座、また先ほどもエコ博の話がありましたが、総合スーパーなどの環境イベント、全日空の国際線の機内でもこれらが上映されて、この7月までにおよそ3万人が視聴するということで、環境省の啓発アニメとしては異例の人気ぶりだそうです。   もっと読む
2018-03-19 長岡市議会 平成30年 3月文教福祉委員会−03月19日-01号 映像を活用した授業というのは、横田めぐみさんの拉致事件を取り上げたアニメ「めぐみ」というDVDを指すと思いますが、数年前にもこの質問があったと思うんですが、現在このDVDを活用した取り組み状況など、現状をお聞かせください。 ◎高橋 学校教育課管理指導主事  文部科学省選定作品、北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ「めぐみ」につきましては、これまでも毎年度多くの学校で視聴をしてきています。 もっと読む
2018-03-08 見附市議会 平成30年 第1回(3月)定例会-03月08日−一般質問−04号 2、自治体によってはアニメなどを使って簡略化したわかりやすいパンフレットを作成している自治体もあります。わかりやすく市民に伝える工夫をされる予定があるのかどうか。もし予定がないならば、その理由をお尋ねします。   3、見附市というコップの水を考える上で、財政調整基金は財政運営において甚大な災害発生時や予想外に税収が落ち込んだ場合などに年度間の財源調整として大きな役割を果たします。 もっと読む
2017-09-21 上越市議会 平成29年  第3回(9月)定例会-09月21日−一般質問−03号 そんな中で、当市の姉妹都市、上田市はアニメ作品の舞台にもなったことから、アニメを積極的に活用した上田のPRに余念がありません。また、小諸市では制作費約9,000円で市長や職員も出演したストーリー性のあるPR動画をユーチューブで載せておりますなど、市を盛り上げております。 もっと読む
2017-09-11 十日町市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月11日−市政に対する一般質問−03号 子供の好きなドラえもん、アンパンマンは幼少期の子供が好きなアニメでありますが、なぜ子供がドラえもんやアンパンマンが好きなのかというのが理由があるんです。そこに市長に質問、3択でまたさせていただきたいと思います。1、丸いから。2、四角いから。3、三角だから。市長、お答えお願いいたします。 ○議長(庭野政義君)   市長。 ◎市長(関口芳史君)   ドラえもんとか私もよく知っています。 もっと読む
2017-03-14 上越市議会 平成29年  総務常任委員会-03月14日−04号 あの映画を見て、広島の呉を舞台にしたアニメの映画なんですけど、戦争というもののイメージ、戦時下の生活のイメージ、今まで私が思い描いていたものと違った印象を持ちました。本当に厳しい状況の中でも人間らしい暮らしを守って頑張っている人たちがたくさんいる。そこにまた今映画を見られた皆さん方も注目して映画館通っておられるんです。 もっと読む
2017-03-07 長岡市議会 平成29年 3月産業市民委員会−03月07日-01号 それ以外には、例えば市民団体が行っておりますバリアフリー上映会、長岡アジア映画祭など、それからナカドマでのイベントと連動した、例えばミニ講演会だったり、子ども向けのアニメの上映など、関連イベントなども行われてきております。  今ほど委員がおっしゃられましたとおり、シアターにつきましては活用の可能性はまだまだあるんだと思っておりますし、PRも不十分ではないかと認識はしております。 もっと読む
2016-09-30 柏崎市議会 平成28年決算特別委員会・産業建設分科会( 9月30日) また、夏休み期間中には、アニメ上映会、物販を中心に実施するサマーイベントに加え、10月下旬から12月下旬までイルミネーション事業を実施しました。西山ふるさと館や西遊園にイルミネーション設備を施し、大勢の方から楽しんでいただいたものです。  1枚めくりまして、363・364ページをお開きください。   もっと読む
2016-06-17 新発田市議会 平成28年 6月定例会−06月17日-03号 蕗谷虹児は、雑誌「令女界」などを通じて台湾のオールドファンには大変になじみが深く、若者には大人気のアニメのはしりとして十分に認知されています。著作権問題もあり、既に多くの仕事を抱える観光振興課の皆様には大きな負荷がかかることと思いますが、新発田PRのためにぜひ進めてもらいたいと思います。開催の意思があるか、お尋ねいたします。  2番目、I・Uターン対策を今年度バージョンアップさせた。 もっと読む
2016-06-16 長岡市議会 平成28年 6月定例会本会議-06月16日-03号 最近の長岡ロケなびの活動で特に評価できるのが、アニメ「ガッチャマン クラウズ インサイト」と映画「64-ロクヨン-」の支援活動であります。まず、「ガッチャマン クラウズ インサイト」ですが、この作品はタツノコプロの人気アニメだった「ガッチャマン」が完全新作オリジナルアニメーション「ガッチャマン クラウズ」として登場し、この「ガッチャマン クラウズ インサイト」はその続編に当たる作品であります。 もっと読む
2015-09-11 新発田市議会 平成27年 9月定例会−09月11日-03号 なぜかといえば、やはりあれは今のアニメ文化の走りだということが向こうでは言われているんです。アニメ文化。手塚治虫よりも先にアニメーションを蕗谷虹児はつくっておりますから。そういうことがアピールポイントになるんです。次の台湾に行くとき、今回はもう間に合わないかもしれないけれども、蕗谷虹児というのは実は新発田のキラーコンテンツであります。 もっと読む
2015-09-10 新発田市議会 平成27年 9月定例会−09月10日-02号 新潟は、もともと世界的に人気のアニメなどのサブカルチャーを育む土壌に恵まれております。アジアで圧倒的な人気を誇るAKB48の姉妹グループのNGT48がこの秋には活動をスタートします。また、Negiccoなどの活躍も報道されているところでございます。 もっと読む
2015-09-01 五泉市議会 平成27年  9月 定例会(第5回)-09月01日−議案説明、質疑、討論、採決、一般質問−01号 それから、去年新潟でアニメのあれを開きましたけども、近藤喜文さん、亡くなりましたけども、五泉市の出身で、非常にアニメ、高く評価されている。そういう方もやはり対象とすべきではないかなと思います。    もっと読む
2015-06-08 新発田市議会 平成27年 6月定例会−06月08日-01号 蕗谷虹児作品は、これまでフランスにおいては知名度の低いものでありましたが、洗練された構図や精細な作風が高評価を受けて、またフランスでも一大ブームとなっている日本アニメの原点であると注目をいただいたことから、今般のパリ展を通じて世界中に発信できるものと期待をしているところであります。 もっと読む
2015-03-12 新発田市議会 平成27年 2月定例会-03月12日-04号 特にフランスはアニメなどのサブカルチャーを含め、日本文化が高く評価されている国であり、虹児の作品とあわせて蕗谷虹児記念館を有する当市が大きくクローズアップされる機会になるものと期待を寄せております。NHKを初めとして、地元テレビ局などの特別番組も検討されており、企画展の開催を通じて日本でも蕗谷虹児が再評価され、多くの皆様に新発田に足を運んでいただけるきっかけとなるよう、願っております。 もっと読む
2014-12-10 新潟市議会 平成26年12月定例会本会議-12月10日-04号 一方,近年は漫画,アニメやラ・フォル・ジュルネなどの音楽祭,プロジェクションマッピングやイルミネーションといった光の演出などにより,新たな都市の魅力を高めることにも努めてきました。   もっと読む
2014-12-02 新潟市議会 平成26年12月定例会本会議−12月02日-01号 マンガ・アニメ文化振興事業について,交流人口の拡大,まちなかのにぎわい創出,産業と雇用の創出などに着実につながるよう,地域の商店街などと連携し積極的に取り組まれたい。  ラ・フォル・ジュルネ音楽祭開催事業について,新潟らしさを盛り込んだ,中心市街地のにぎわいに資するイベントとして評価する。伸び悩んでいる有料チケットの販売率向上に注力されたい。   もっと読む