1860件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2031-12-18 12月18日-03号

次に、2点目の健康長寿ポイント制度についてでありますが、こちらも名称は異なりますけれども、胎内市でも平成27年度から健康スタンプ王国という事業実施しておりまして、特定健診やがん検診を受診していただいた方や、ウオーキングイベント料理教室などの元気づくりのための各種プログラムに参加いただいた方にその都度スタンプを差し上げ、4個集めた方の中から抽せんで健康グッズ胎内市の特産品などの景品を差し上げておりまして

妙高市議会 2020-12-05 12月05日-02号

厚生労働省研究班平成27年度たばこの害による総損失額は、推計で、医療費を含め2兆500億円に上り、喫煙者医療費が1兆2600億円と半分以上を占め、がん医療費が5000億円、受動喫煙原因医療費は3300億円で、多くを占めたのは脳血管疾患とのことであり、次の2点についてお伺いをいたします。   1点目は、健康増進法が改正されましたが、本市としての禁煙対策の取り組みについてであります。

胎内市議会 2020-09-26 09月26日-02号

これまでの研究たばこを吸うことが最も主要ながん原因だと言われています。知り合いから今の喫煙場所は出入りがよく見えて仕事をサボっているように見えるというふうに言う人がいました。また、障害者駐車場のそばで思いやりがないというのも聞かれました。それを受けて質問します。  1、健康増進法の一部を改正する法律が成立したことを受けて、市としてどのような対応をしたのか。  

小千谷市議会 2020-09-17 09月17日-02号

なお、今後の展開としましては、先ほど申し上げたとおり、40歳までの除菌治療による胃がん予防効果が高いことから、市の特定健康診査における16歳から39歳までのピロリ菌検査に加えて、40歳以上の胃がん検診においてもさらなる受診率の向上と精密検査受診者状況把握に努め、胃がん発症予防早期発見に注力するとともに、広く市民に対してもがん予防に関する正しい知識の普及啓発に努めてまいります。   

妙高市議会 2020-09-04 09月04日-02号

また、大腸がんなどのがん対策としても、市の施設等での広報活動検診推進を進めておられ、市民健康対策に功を奏してきているところでございます。生活習慣病対策の中でも大きな位置を占めている代表的な疾患として糖尿病がございます。糖尿病による合併症は、元気で生き生きと寿命を全うするためには大きなハードルとなりますし、医療費という観点から考えても重要な課題の一つにもなります。

五泉市議会 2020-09-03 09月03日-一般質問、議案説明、質疑-02号

お話にありますように、さくらサミット毎年、これもコロナ禍でですね、できないわけでありますけれども、皆さくらサミット全国で集まって、主要課題がですね、樹勢がもう、ソメイヨシノはもう80年、100年で、そのがんをどうすればいいのかというのが、お城を抱えた桜もそうですし、村松公園、こういう記念公園もそうですけども、ちょっと私長くなりましたけども、本当に五泉の桜、この桜をテーマにしたまちづくりをですね、考えなければならないと

新潟市議会 2020-07-01 令和 2年 6月定例会本会議−07月01日-06号

がん検診について、  40歳代全員施設検診対象に切り替えたことは評価する。受診対象者には丁寧な周知を要望する。  昨年度、コロナ影響で受診できなかった対象者についても、漏れがないよう、丁寧な広報啓発を要望する。  集団検診について、委託を受けた機関は人材、資材を準備していることから、他委託事業と同じく減収補填すべき。 との意見、要望がありました。  

新潟市議会 2020-06-26 令和 2年 6月26日市民厚生常任委員会−06月26日-01号

次に、健康増進課がん検診についてです。新型コロナウイルス感染症影響で、胃がん集団検診実施が3か月取りやめになったことで、106回、4,830人に影響が出ることから、40歳代全員施設検診対象に切り替えたことは評価します。しかし、施設検診利用料金は倍額の2,000円となりますが、国民健康保険保険者は、半額補助対象となることから、40歳代の受診対象者には丁寧な周知を要望します。

長岡市議会 2020-06-24 令和 2年 6月文教福祉委員会−06月24日-01号

◎西山 健康課長  集団健診につきましては、さいわいプラザ、地域コミュニティセンター、体育館などにおきまして特定健診とがん検診を行っているところでございますが、感染拡大時におきまして、会場検診車内などで、いわゆる3密の要件を回避できないということで、5月、6月の実施を中止していたところでございます。

新潟市議会 2020-06-23 令和 2年 6月23日総務常任委員会-06月23日-01号

また、がん検診や乳幼児健診については、3密を避けるための必要な経費を増額しています。  次に、市民生活回復は、生活にお困りの方に向けて、低所得者独り親世帯臨時特別給付金を支給するほか、市の単独事業児童扶養手当受給世帯に、子育て応援金を支給します。また、県の社会福祉協議会が行う貸付制度を利用する世帯に本市独自の給付金制度を設けます。

新潟市議会 2020-06-23 令和 2年 6月23日市民厚生常任委員会−06月23日-01号

生活習慣病予防及び歯科保健対策推進に関する事業は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために休止していたがん検診や乳幼児歯科健診について、感染予防感染防止策を講じた上で実施するための経費について歳入歳出予算を増額するものです。  人件費補正以外の議案関係部分については、この後担当課長が説明します。 ○倉茂政樹 委員長  ただいまの説明に質疑はありませんか。

新潟市議会 2020-06-22 令和 2年 6月定例会本会議−06月22日-05号

また、がん検診や乳幼児健診については、必要な経費を増額します。  市民生活回復については、生活にお困りの方に向けて、低所得独り親世帯臨時特別給付金を支給するほか、市の単独事業で、児童扶養手当受給世帯子育て応援金を支給します。また、県の社会福祉協議会が行う貸付制度を利用する世帯に、本市独自の給付金制度を設けます。  

新潟市議会 2020-06-18 令和 2年 6月定例会本会議−06月18日-03号

最後は3、子宮頸がんワクチンについてです。  (1)、個別通知進捗状況についてお伺いをいたします。  新型コロナウイルスによる感染症は、いまだに広がりを見せています。同じようにウイルス感染によって起きる病気に、子宮頸がんがあります。日本国内では、この子宮頸がんで毎日およそ8人が死亡しています。仮に、新型コロナウイルスで毎日8人の死亡のニュースが流れれば、相当な恐怖感が漂うと思われます。

見附市議会 2020-06-14 06月14日-議案説明、委員会付託-01号

新潟大学医学部消化器内科学教室見附市とで、見附市の市民健康寿命を増進するための共同プロジェクトを行おうということで、現在詳細について打ち合わせ中でございますが、その内容につきましては、気づかないうちに脂肪肝になっている方が近年ふえておりまして、一定割合脂肪肝から肝硬変、また一定割合で肝がんになると言われております。

新潟市議会 2020-06-11 令和 2年 6月定例会本会議-06月11日-目次

エ マンパワー確保について     (3) 地区防災計画のさらなる推進を     (4) 今後の防災訓練の在り方について    3 子宮頸がんワクチンについて(保健衛生部長)………………………………………………………73     (1) 個別通知進捗状況は  休憩、開議……………………………………………………………………………………………………………74   小柳 聡議員の質問(一問一答)……

新発田市議会 2020-06-09 令和 2年 6月定例会-06月09日-02号

2018年の統計によりますと、日本人の年間死亡者数のうち4分の1に当たる約37万人はがんで亡くなり、約20万人が心疾患で亡くなっておられます。片や新型コロナウイルス死亡者数、昨日時点では916名となっており、3大疾患年間ペースとははるかにかけ離れております。ちなみに、季節性インフルエンザで亡くなる方は年間約1万人でございます。

小千谷市議会 2020-06-08 06月08日-01号

3.衛生関係(1)健康づくり推進事業について   新型コロナウイルス感染症感染拡大防止観点から、延期していた各種健(検)診については、「3つの密」を避けるための会場確保や健(検)診体制の見直しにより、胃がん大腸がん検診を6月2日(火)から再開しました。その他の健(検)診についても、新型コロナウイルス感染症予防及び感染拡大防止対策に配慮しながら、順次再開する予定です。

妙高市議会 2020-06-07 06月07日-03号

がん早期発見治療が進み、国立がんセンターは去る4月9日、2002年から2005年にがんと診断された患者の10年生存率は56.0%だったと発表しました。がん部位別では、最も生存率が高かったのは前立腺の95.7%です。しかし、最も低かったのは、早期発見が難しく、有効な治療法が確立されていない膵臓の5.4%です。早期に発見すると生存率が高くなる傾向も改めて確認されました。