4204件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新発田市議会 2019-12-24 令和 元年12月定例会−12月24日-04号

そして、平成28年の6月、これは請願第3号 若者も高齢も安心できる年金制度の実現を求める請願。これについてはマクロ経済スライドの見直しということと、そして毎月支給、そして最低年金の早期実現、そして支給年齢の引き上げ、4つが含まれていたので、これについて反対した理由は、マクロ経済スライドがネックになっている。  

新潟市議会 2019-12-23 令和 元年12月定例会本会議−12月23日-06号

高齢の無届けハウスにおいても,貧困ビジネスの危惧のあるものについて状況把握,配慮されたい。  速やかに居宅へ移行するため,契約期間の更新は行うべきでない。  金銭管理等により,入居者の権利侵害を誘発しないよう留意されたい。  本市において,現段階で該当施設はないとの認識にありながら,附則に経過措置が設けられているが,本則条件を満たすことを必須とし,指導するべき。  

長岡市議会 2019-12-19 令和 元年12月定例会本会議−12月19日-04号

び名称の変更について  議案第131号 市道路線の認定及び変更について  議案第132号 財産の取得について(栃尾地域防災拠点整備事業用地)  議案第133号 長岡市及び三条市における公の施設の相互利用に関する協定の一部変更について  議案第134号 新潟県市町村総合事務組合組織する地方公共団体の数の減少及び新潟県市町村総合事務組合規約の変更について  議案第138号 指定管理者の指定について(高齢

新潟市議会 2019-12-18 令和 元年12月18日市民厚生常任委員会−12月18日-01号

本市の高齢人口は今後も増加し,2045年には3万5,000人の増加が見込まれ,高齢の在宅サービスの需要は高くなると考えます。高齢地域で安心して暮らし続けられる介護サービスの拡充が求められるにもかかわらず,公設の老人デイサービスセンターの縮小は公的責任と住民福祉の後退となることから,反対するものです。  

新潟市議会 2019-12-17 令和 元年12月17日総務常任委員会−12月17日-01号

7,厚生労働省は,後期高齢医療制度の被保険資格の認定のための年齢の計算には年齢計算ニ関スル法律を適用しないとしており,これは年齢計算ニ関スル法律が不合理であることを雄弁に証言するものであるが,同時に,国権の最高機関たる国会が定めた法律行政府が平然と無視することを宣言しているのであって,法治国家としてゆゆしき問題であり,放置することができないものである。  

新発田市議会 2019-12-17 令和 元年12月17日社会文教常任委員会−12月17日-01号

そこから医療介護保険料が引かれて使えるお金は減り続け、高齢貧困が広がっています。高齢の現在と若い人の将来の生活を成り立たなくする年金引き下げの仕組みを変えること、基礎年金の改善で若い人も高齢も安心して暮らせる年金制度が求められています。また、年金も働く人と同じ月1回の支給を求める声が多くの人から上がっています。  

十日町市議会 2019-12-16 12月16日-委員長報告、質疑、採決-05号

                                        (以上 産業建設常任委員長報告) 第 3 議案第116号 十日町市健康増進施設条例の一部を改正する条例制定              議案第117号 十日町市児童遊園地条例の一部を改正する条例制定               議案第118号 指定管理者の指定(十日町市身体障がい者福祉センター)            議案第119号 指定管理者の指定(川西高齢

新潟市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日総務常任委員会-12月16日-01号

次に,36ページ,高齢福祉施設です。昭和40年の旧厚生省通知に基づき,地域高齢のレクリエーションのための小規模施設として,主に旧新潟市が整備してきた老人憩の家と老人福祉センターがあります。また,旧合併市町村が独自に整備してきたその他高齢福祉施設,この3つの種類が含まれているものです。

新発田市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日総務常任委員会−12月16日-01号

◆委員(加藤和雄) 前橋市ICT活用ということで、5Gの活用方法ということで、群馬大学の附属病院と、それから日赤病院なんかが一緒になってあれしているということで、私記憶に残るのは、1つはドクターカーで遠隔操作でICTを活用して指示をやって手術したりしているというのと、あわせてもう一つはマイタクでしょうか、これは私マイナンバーカード使うということで余りおもしろくないんですけども、要は高齢、移動困難者

長岡市議会 2019-12-16 令和 元年12月建設委員会−12月16日-01号

あと、ひとり暮らしの高齢の見守りなどについても役割を果たせるということで、今非常に期待されております。このような最新技術を導入する予定が今後ないかということと、ほかの自治体で先進事例がございましたらお伺いいたします。 ◎田村 業務課長  松野委員の御指摘の水道スマートメーターにつきましては、私どもといたしましても関心を持っているところです。  

新潟市議会 2019-12-13 令和 元年12月13日環境建設常任委員会-12月13日-01号

このたびの改正案は,民法の一部を改正する法律において債権関係の規定が見直されたことや,単身高齢の増加など公営住宅を取り巻く昨今の状況変化を理由に国が公営住宅管理標準条例案を改正したことに伴って,市営住宅条例の一部を改正するものです。  改正点は2つあります。1点目は,条文中の連帯保証人に関する部分の削除です。

新潟市議会 2019-12-13 令和 元年12月13日総務常任委員会-12月13日-01号

その間の変化として,(1),人口減少,少子高齢化について,総人口は'08年をピークに減少局面に入っていて,生産年齢人口については減少した一方で,就業者数については女性,そして高齢,こういった就業が進んでいる関係から増加している状況で,出生数は100万人を割り込んでいる状況です。

新潟市議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会本会議-12月12日-05号

総務省自治体戦略2040構想研究会の報告では,2040年に高齢人口がピークを迎え,労働人口が著しく減少することの影響が自治体運営にも及び,市民の暮らしを支える機能が低下することがないよう,自治体が持続可能な形で住民サービスを提供し続けられる体制づくりの必要性を指摘し,スマート自治体への転換を示しています。

新発田市議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会-12月12日-03号

また、コミュニティセンターなどの畳のある施設について、高齢車椅子利用者等の方々が優先的に利用できる避難所とすることや、高齢施設事業所と連携し、ショートステイができないかなどの検討を行っていくこととしております。いずれにいたしましても、避難された方々が避難所で体調を崩すことがないよう、避難所における生活環境の整備にしっかりと取り組んでまいります。  以上、答弁といたします。

長岡市議会 2019-12-12 令和 元年12月文教福祉委員会−12月12日-01号

今回の廃止と直接は関係ないですけれども、60歳以上が高齢なのかどうか私が調べた限りだと、日本では一般的には65歳以上が高齢になるという、明確な規定はないということでありました。一方で、長岡市の資料などを見ますと64歳までが生産年齢人口になっている。これは、大きな矛盾というか、一貫性がないように感じますが、その辺はいかがでしょうか。

新潟市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会本会議−12月11日-04号

再犯を繰り返す累犯者の中には,障がい者や高齢も多く,福祉の網から漏れ,家族もなく,働くこともできず,帰る場所もない,そういった方が大勢います。そのため,衣食住が整う刑務所にまた戻りたいと考えるそうです。累犯の障がい者や高齢には,こうした負の連鎖があると指摘されています。こうした負の連鎖を断ち切り,再犯を防ぐための仕組みづくりが不可欠であると考えます。