1618件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏崎市議会 2021-06-16 令和 3年文教厚生常任委員会( 6月16日)

もう一点は、これから高齢社会が進んできます。どんどん高齢者が増えてくることになるわけでありますが、そういう点からもこういう点に目を向けて、寄り添って理解を示し支援をしていくという、そういう立場から本請願をまず取り上げて、そして判断は行政にあるわけでありますので、行政に対する働きかけを請願者と一緒になって進めていく。それが本委員会立場であろうと、こんなふうに考えます。  

新発田市議会 2021-06-11 令和 3年 6月定例会−06月11日-03号

しかし、今や超高齢社会であります。まず、大ホール向かいトイレ男性用女性用も全て和式のみ、向かいの多目的トイレ温水や便座を温める設備がありません。保健センター向かい男性用トイレの大は和式のみ、女性用4か所中1か所が洋式化されているものの、多目的トイレ同様に温水等設備はありません。検尿用トイレは施錠されており、確認することができませんでした。

柏崎市議会 2021-03-17 令和 3年産業建設常任委員会( 3月17日)

また、人口減少少子高齢社会に対応するため、子育てのしやすい環境整備に向けた住まい快適リフォーム事業空き家流通促進を図る空き家バンク取組等を継続して行うものでございます。  これらの事業については、地域社会の安全・安心の確保を担う地域守り手として不可欠な存在である市内建設事業者に配慮し、年度ごとに多少の増減はありますが、一定の予算確保に努めているところでございます。  

上越市議会 2021-03-16 03月16日-05号

なぜかというと、ここが、後で御説明いたしますけれども、高齢者支援の中で一番振り幅が大きくて、70歳以上であればどなたでも無条件でパスポートが来るということになりますので、これからの高齢社会の中では非常に市のサービスとしては重要なところになってくるというふうに考えておりますので、この在り方をこれから検討していかれる際に調査という、アンケートになりますか、利用者のほうのニーズ調査というのをやられる御予定

柏崎市議会 2021-03-15 令和 3年文教厚生常任委員会( 3月15日)

そういった中で、ある意味で、これまでどうしても民生費という部分で、福祉という言葉に、言葉は適切かどうかは分かりませんが、あぐらをかいて、お金を、ただ単に国から示された制度です、こういうふうにやれと県から言われましたという形で、安易な形で計上をするのではなく、実際の人口減少社会に見合った、少子高齢社会に見合った、必要な経費を上げていくというようなことで、私としては、部下には指示をしてまいったつもりでございます

柏崎市議会 2021-03-11 令和 3年 2月定例会議(第 7回会議 3月11日)

介護事業は、この高齢社会の中でとても重要なインフラです。そのサービスを支えるため、経営環境を整えることはとても重要不可欠です。  厚生労働省は、介護サービスを提供する事業所に支払う介護報酬について、令和元(2021)年度から3年間の改定方針をまとめ、公表をされました。介護報酬は、介護サービス公定価格で原則3年に一度見直しをしています。

柏崎市議会 2021-03-09 令和 3年 2月定例会議(第 5回会議 3月 9日)

しかし、近藤議員のおっしゃるとおり、高齢社会的ニーズ多様化等により、負担の増大、成り手の不足は、課題となっていることは確かでございます。  前回の民生委員児童委員一斉改選では、定員を充足できない市町村が多い中、本市においては、定員を満たすことができましたが、今後は困難な状況も予想されます。  

新発田市議会 2021-03-09 令和 3年 3月 9日社会文教常任委員会−03月09日-01号

中には介護保険から、制度から外されて、それぞれの自治体の総合事業となっていったものもあるわけですが、私自身も団塊世代でありまして、ちょうど2025年に75歳めでたく迎えるわけですけども、そうした超高齢社会の中にあって、本当にどこから財源お金を引き出すかという、そういう問題もありますけれども、高齢者にとっては保険料天引きされるわけです。

長岡市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会本会議−03月05日-05号

その第7期計画が終わる中で、第8期計画における様々な課題について質問してきましたが、今後いよいよ2025年問題から始まる本格的な高齢社会に向け、長岡市が計画策定に込めた思いについて、以下3点伺います。  1、第8期計画では、繰り返しになりますが、高齢者が引き続き増加し、団塊世代後期高齢者となり始めることで介護サービスニーズが一気に増え、給付費が伸びると想定されます。

三条市議会 2021-03-05 令和 3年第 1回定例会(第3号 3月 5日)

中央商店街の一部では、歩道整備が行われたようでありますが、この高齢社会の中、歩行者安全対策の面からも根本的な歩道の改良が必要であります。  高齢者福祉の面からも、また幾ら往時のにぎわいを失ったといえ、南蒲原郡のメインストリートには変わりがない上、三之町病院という緊急病院もあるわけでもありますので、今もなお重要な道路だと思います。  

新発田市議会 2021-01-26 令和 3年 1月26日全員協議会−01月26日-01号

高齢社会に適した運行形態といたしましては、バスでは入ることのできない集落内も運行できる小型車両の活用を基本とし、平成30年度から実証運行をしておりました松浦地区デマンド乗り合いタクシーの検証結果から見出した運行手法新発田版デマンド方式として全市に展開したいというものであります。

柏崎市議会 2020-12-14 令和 2年12月定例会議(第32回会議12月14日)

新型コロナウイルス感染者対策高齢社会充実、チャレンジド、産業支援環境エネルギー産業教育環境整備観光産業高度化原子力発電所安全確保医療体制充実子育て支援行政改革。どれも、さすが現職であり、柏崎市の課題を的確に捉えた政策でありますが、ここで言う民意は、これらの総合的な評価ではないでしょうか。  

燕市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-03号

③、人生100年時代の取組も市で始まりましたが、最近は人生100年をどう生きるかなどといろんな書物が出ておりますが、その中で退職後、ライフネット生命保険会社などを設立し、社長、また会長を務めた出口治明さんの著書の「還暦からの底力―歴史・人・旅に学ぶ生き方」の中で、「WHOが1965年に65歳以上の人口人口の7%を超えると高齢社会と呼ぶとの見解を発表したのがきっかけである」と書いてあります。

新潟市議会 2020-12-11 令和 2年12月定例会本会議−12月11日-05号

平成27年国勢調査に基づく本市の将来推計人口国立社会保障人口問題研究所から公表されており、2025年の推計では、65歳以上は全人口の31.3%、75歳以上は18.3%に上り、持続可能な超高齢社会に対応した準備が急務になっています。  本市地域包括ケア推進のために、平成26年、地域包括ケア推進本部を立ち上げ、議論を重ねることから始まり、その推進に努めてきました。

柏崎市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例会議(第30回会議12月10日)

豊かな高齢社会の実現、地域エネルギー会社設立などに向けた検討など、重点的に取り組むべき事業についても、予算化を進めてまいりたいと思っています。  午前中にも申し上げましたように、必要な財源は必ず確保するという心積もりで、これまで以上に、めり張りをつけた予算編成としたいと考えております。 ○議長(真貝 維義)  佐藤議員

上越市議会 2020-12-09 12月09日-04号

これから高齢社会になりまして、例えば先ほど空き家の話もそうですが、自分たちだけではなかなか修繕も含めまして立ち行かないということもあろうかと思いますので、その辺手厚くお願いしたいと思います。  それと、私議員になりまして半年になりますが、包括支援センターの話を伺いまして、福祉ではございますが、何かよりどころとなる窓口があるというのは本当に市民にとってありがたいと思います。

妙高市議会 2020-12-08 12月08日-03号

危険箇所ですね、どうしてもそこを通らないかんというような道路も今度そこを通ることによって、高齢社会の中で事故が発生するとかという危険性も出てくるような気がいたします。そういうことを含めましてね、また新たな新年度、そこを通らないでほかを通れるかというようなことまで少し言及して検討を進めるように指導したいと思います。 ○議長関根正明) 霜鳥榮議員