1762件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三条市議会 2021-02-19 令和 3年市民福祉常任委員協議会( 2月19日)

              市民福祉常任委員協議会記録 1 日   時  令和3年2月19日(金)午前10時 1 場   所  全員協議会室 1 出席委員   岡田竜一委員長 野崎正志委員長          佐藤和雄 森山 昭 小林 誠 長橋一弘 1 欠席委員   内山信一 1 委員外議員  馬場博文 1 説明のための出席者          近藤福祉保健部長 佐藤健康づくり課長 小林課長補佐推進室長

三条市議会 2021-02-10 令和 3年市民福祉・経済建設常任委員連合協議会( 2月10日)

 大泉推進室主査          渡辺経済部長 藤家農林課長 佐藤課長補佐地産地推進室長営業戦略室副主幹 1 職務に従事した議会事務局職員          栗山事務局長 田澤主事 竹谷主事 1 議   題  第2次三条市推進農業振興に関する計画の策定について 1 議事の経過 ○(岡田竜一委員長) 開会前に申し上げます。  

三条市議会 2021-02-10 令和 3年市民福祉常任委員協議会( 2月10日)

岡田竜一委員長 野崎正志委員長          佐藤和雄 森山 昭 小林 誠 長橋一弘 1 欠席委員   内山信一 1 委員外議員  馬場博文 岡本康佑 1 説明のための出席者          藤井市民部長   山田地域経営課長 新田課長補佐          近藤福祉保健部長 土田高齢介護課長 野水課長補佐 本多介護保険係長                   佐藤健康づくり課長 小林課長補佐推進室長

三条市議会 2020-12-14 令和 2年市民福祉常任委員会(12月14日)

出席者          藤井市民部長   山田地域経営課長 新田課長補佐                   恋塚生涯学習課長 笹倉課長補佐                   渋谷市民窓口課長          近藤福祉保健部長 土田高齢介護課長 野水課長補佐                   諸橋福祉課長 丸山課長補佐                   佐藤健康づくり課長 小林課長補佐推進室長

上越市議会 2020-12-08 12月08日-03号

2005年に成立した基本法の制定がきっかけとなり、それぞれの地域の名産が献立に取り入れられたり、有機食材を使った給食も徐々に広がってきています。そして、同じ年に栄養教諭制度が開始されました。2008年、学校給食法が施行以来初めての大幅な改正が行われました。学校における推進を明確に位置づけるとともに、栄養教諭の役割を明記しました。

新発田市議会 2020-12-02 令和 2年12月定例会-12月02日-02号

全ての小中学校必須分野としてを行い、選択分野として当市の歴史文化、自然、産業など住むまちのよさや課題理解を深める学習をしております。例えば小学校では、当市自慢特産品歴史テーマにした学習、中学校では修学旅行を見据え、伝統産業学習や自然、観光、文化まちづくりなどテーマ別学習をしております。その結果、ふるさとに生きる人々こそがふるさとの魅力になっている。

柏崎市議会 2020-10-08 令和 2年決算特別委員会(10月 8日)

給食業務運営経費について、柏崎市第3次推進計画における学校給食活動到達状況、安定的に給食を提供するための事業者状況。  全体的な意見として、PDCAサイクルの視点から原因分析を行い、成果が上がるような改善につなげていただきたい。また、特別な支援教育が必要な児童が増えていることが各事業に及ぼす影響についても認識し、各部課一層の連携とともに生涯にわたる健全な育成につなげていただきたい。

新潟市議会 2020-10-08 令和 2年決算特別委員会第2分科会−10月08日-05号

24ページ、次の郷土の食文化農業への理解を深める推進地場学校給食推進事業は、地場農産物消費拡大推進を目的に、南区と西蒲区で地場農産物を積極的に取り入れた学校給食推進するための支援を行うとともに、地産地消コーディネーターを招聘し、地場農産物利用拡大に向けた課題整理や今後の取組について検討を行いました。  

新発田市議会 2020-10-07 令和 2年 9月定例会−10月07日-05号

、医療教育の部分からも参画いただいた。それぞれ健康長寿に向け協力し合い、策定した。  スポーツ推進課は、スポーツ推進計画を並行して策定しており、スポーツ推進委員会新発田スポーツ協会小中高の各体育連盟の先生あるいは新発田総合スポーツクラブらい夢等意見が反映されている。  高齢福祉課は、包括支援センターの関わりが重要である。

新潟市議会 2020-10-06 令和 2年決算特別委員会第2分科会−10月06日-03号

次に、第3目学校給食費推進事業は、栄養士が配置されていないスクールランチ校栄養士を派遣し、朝食の大切さ、受験期栄養食事の大切さといった食の指導などを行った経費のほか、食の大切さやバランスのよい食事について理解を深めるため、学校保護者地域の方々が参加するミニフォーラムの開催に要した費用です。  

柏崎市議会 2020-10-05 令和 2年決算特別委員会・文教厚生分科会(10月 5日)

そこでお聞きしたいことなんですけれども、いわゆる推進との関係なんです。民間業者に委託をしているわけですけれども、安心・安全な給食提供というのは当然なわけですけれども、それと併せて、第3次推進計画における学校給食活動での各指標到達度はどのぐらいまでいっているかどうかということ。推進計画についての到達度、具合をまずお聞きしたいのが1つ。  

新潟市議会 2020-10-05 令和 2年決算特別委員会第3分科会−10月05日-02号

2つ目地域ふれあい健康づくり講座では、区民の運動習慣の定着やバランスの取れた食事の大切さなどの理解促進を図るため、免疫力アップ講座ウオーキング講座講座を開催し、延べ395人に参加いただきました。講座参加者からは、運動するきっかけになったという声などを頂いています。また、元アルペンスキーヤー皆川賢太郎氏をお招きし、「夢をかなえる力」と題した講演会を開催し、400人に参加いただきました。

新潟市議会 2020-10-05 令和 2年決算特別委員会第2分科会−10月05日-02号

また、社会福祉法人が農家から借用した畑でもち麦などを栽培し、収穫や加工などの体験を障がい者、保育園児が行うことで農業への理解推進につなげています。  次に、第16目文化振興費歴史文化施設管理運営石油世界館管理運営は、主に石油世界館に係る指定管理費です。  

新潟市議会 2020-09-23 令和 2年 9月23日文教経済常任委員会-09月23日-01号

令和元年度は、他地域の不作による野菜の高騰に伴い、前年度と比較して利用割合は下がったものの、今後も同様の取組を進めるとともに、全市に波及する推進など、学校教育地場農産物利用、向上に努めていきます。  次に、指標⑬、新たな園芸産地の形成です。こちらは、昨年度中間見直しにおいて新たに追加した指標となります。

柏崎市議会 2020-09-17 令和 2年決算特別委員会・文教厚生分科会( 9月17日)

ただ、近年は企業等への出前講座の周知に力を入れさせていただいております。そこからの企業からの依頼も増え、令和元(2019)年度には10の事業所延べ18回、493人を対象に実施をさせていただいております。青壮年期から正しい知識を持っていただき、早期から生活習慣病を予防していただくきっかけになればというふうに考えております。  

新潟市議会 2020-09-16 令和 2年 9月定例会本会議−09月16日-04号

本市でも、いくとぴあやアグリパークなど大型の公共施設で、様々な事業を通じても行っていますが、やはり実際に自分で手をかけ、時間をかけて得られる実感は、また格別なものだと思います。  イとして、本市においても、農業サポーター制度市民農園などの事業農業への市民参加を促していますが、さらに拡充していくべきだと考えます。今後の計画について教えてください。