7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

十日町市議会 2017-06-19 06月19日-市政に対する一般質問-02号

集落林支援策といたしましては、平成21年度に集落住民がみずから共同で行う森林整備に係る人夫賃金を補助いたします十日町集落共有整備支援事業を創設をしております。これまでにも10集落において取り組んでいただいておりまして、継続する集落もございます。森林整備に取り組む集落をこれからも支援するべく本事業を継続してまいります。

十日町市議会 2016-09-02 09月02日-議案質疑-02号

次に、森林整備推進事業のほかに民有林除間伐事業はあるかについてですが、各集落共有林対象とした集落共有整備支援事業、それから生産森林組合所有林対象としましたふるさとの森林復元支援事業、この2つの市単事業がございます。それぞれが共同で行う作業人夫賃補助対象としておりまして、経費の50%以内を補助する事業でございます。

十日町市議会 2015-03-11 03月11日-市政に対する一般質問-05号

この自伐林業につきましては、林地残材ゼロを目指しまして、平成27年度から生産森林組合、また集落共有からの搬出も対象として、補助金額も1立米当たり4,000円に拡充していきたいというふうにしております。これによりまして、森林整備が進んで森林資源有効活用、そして森林保全につながることを期待をしているものであります。  

十日町市議会 2015-03-04 03月04日-議案説明、質疑-01号

同ページ、下段、36森林再生自伐林業推進事業では、個人所有林に加えまして、生産振興林組合集落共有も新たに対象といたしまして、間伐材等運搬費助成補助金、これも拡充をいたしまして、森林資源有効利用を促進してまいります。  6款農林水産業費補足説明は以上でございます。  続きまして、7款商工費でございます。214、215ページをお願いいたします。

十日町市議会 2009-03-04 03月04日-議案説明、質疑-01号

環境保全としての取り組みに加え、雇用対策としての効果も期待し、森林整備作業班を拡充するとともに、新たに集落共有整備に対する支援を行います。  妻有焼里づくり事業については、陶芸センターがオープンして間もなくの昨年暮れに吉田明さんが急逝され、大変残念な状況となりました。しかしながら、吉田さんはこの地域の土から陶土を見出し、研究を重ね、大きな足跡を残されました。

  • 1