214件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-02-26 平成31年 2月定例会本会議−02月26日-04号

(1),閉塞感を払拭するために何をすべきか。  今,日本は多くの市民国民の皆さんが将来への強い不安を抱えているのが現状です。不安の中身は,例えば高齢者介護サービスの不足,若い世代子育てハードル高さに悩み,あるいは農村部では今後も農業を続けていけるのかなどなど,立場によってそれぞれですが,共通するのは,今はぎりぎり何とかやっているが,先々が心配だ,将来の見通しが立たないという思い。

新潟市議会 2019-02-19 平成31年 2月定例会本会議−02月19日-目次

………………………………………………………………………………………………………61  会議録署名議員の指名………………………………………………………………………………………………61  各会派代表質問   加藤大議員質問………………………………………………………………………………………………61    1 安倍政権の政策国会運営及び2019年度国家予算案に関する見解について     (1) 閉塞

長岡市議会 2018-12-19 平成30年12月建設委員会−12月19日-01号

そうしますと大雨が降って本川の水位が上昇し続けたときに支川に逆流するかどうかというのは、水位計もありますけれども、実際にその場所で見て、逆流を始めたら速やかに門扉を閉塞し、なおかつ本川の水位が低下して支川の水位より下がったら速やかに門扉をあけて内水の被害を防ぐという非常に精緻な、微妙な操作が必要なものだと思うんです。

新潟市議会 2018-12-13 平成30年12月定例会本会議−12月13日-05号

私の生まれ故郷では閉塞感が漂い,打開策も見つかっていない状況です。  そもそも,学校の統廃合が行われるのは人口減少が進んでいる地域であり,公共交通も脆弱な地域です。ここはむしろ視点を変え,学校の統廃合の話し合いがなされる際に,これまでのようにスクールバス導入ありきではなく,学校という地域のよりどころがなくなるかわりに,住民バスを新規に立ち上げるという方法が有効ではないのかと考えています。

柏崎市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会議(第21回会議12月10日)

そして、よく柏崎の閉塞感と言われます。残念ながら、柏崎市は、沈み行くまちだと、わざわざ世間に広げている人もいます。頑張っている人がたくさんいるのに残念であります。  閉塞感とは、この先どうなるかわからない不安によるもの、わからない状態が続くことへの不安、ストレス。これは、柏崎だけではありません。

新潟市議会 2018-10-03 平成30年決算特別委員会第2分科会−10月03日-04号

というのも,先が見えないちょっとした閉塞感を感じるので,その辺どのように考えていますか。 ◎塚原進 文化政策課長  にいがたアニメ・マンガフェスティバル,いわゆる「がたふぇす」は,ことしで9回目を迎え,回を重ねてきていますが,おかげさまで来場者が2日間で5万人,6万人台をキープでき,漫画アニメをこよなく愛すファン層に非常に知名度の高いイベントとして成長してきていると感じています。

新潟市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会本会議−09月11日-03号

健康寿命の延伸の施策を進める上で,慢性閉塞性肺疾患,COPDと高齢者のフレイルは特に重視すべきと考え,見解を伺います。  (1),慢性閉塞性肺疾患,COPDと受動喫煙対策についてです。  COPDは,気道の炎症と肺胞が壊れる病気で,放置して重症化すると息切れや息苦しさが続き,慢性的な呼吸困難により日常生活が困難になってくる進行性の呼吸器疾患で,寝たきりや死に至らしめる疾患です。

新潟市議会 2018-09-04 平成30年 9月定例会本会議−09月04日-目次

(市長部局,教育委員会)(教育長)(こども未来部長)(教育長)   ────────────────────────────────────────────    3 健康寿命の延伸と新潟市健康づくり推進基本計画(第3次)について(保健衛生部長)…… 141     (1) 慢性閉塞性肺疾患(COPD)と受動喫煙対策について      ア 40歳以上のCOPD有病率は8.6%で,死亡者数は増加しているが

長岡市議会 2018-03-28 平成30年 3月定例会本会議−03月28日-05号

常任委員会でさまざまな議論がありましたので、政策の細部にまでは触れませんが、そんな中、社会保障費をはじめとする市民生活に直結する部分はしっかりと確保することにより市民に負担感を与えず、その他の分野においても閉塞感を感じさせない予算編成になっていると評価をしております。  磯田市長は市政執行方針や今議会を通しての議論の中で、イノベーションを強く訴えられております。

小千谷市議会 2018-03-20 平成30年  第1回 定例会-03月20日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号

まさに緊縮経済が続き、閉塞感が大きく広がっています。市職員給与並びに退職金手当は、小千谷市産業界における一つの基準にもなっていると考えます。実質賃金が下がり続け、消費支出がマイナスの状態が続いている中で、退職金の引き下げは退職者本人の生活設計にもマイナスの影響を与えることになります。また、地域経済にもマイナスの影響を与えることが考えられますので、反対いたします。

小千谷市議会 2018-03-15 平成30年  第1回 定例会-03月15日−市政に対する一般質問−02号

閉塞感を感じる人が多い今日、自治体が中心となって地域経済循環を構築し、地域の再投資力をつけることが一段と求められていると思います。この仕組みを持続させるために最も有効な手段の一つが、自治体が地元中小企業を大切にしながら一緒に地域づくりを進める中小企業振興基本条例と考えます。    もう一つ、日本を、私たちの地域を大変な困難が襲おうとしております。

新潟市議会 2018-03-15 平成30年 3月15日市民厚生常任委員会−03月15日-01号

慢性閉塞性肺疾患の対策について,平成30年度までに認知度を60%に引き上げる目標を掲げ,肺がん検診時に問診や肺チェッカーでのスクリーニングや啓発を実施しているとのことですが,禁煙率や呼吸機能の改善,認知度についての評価はできていません。肺がんが早期に発見されても,COPDの進行があるために外科的治療ができない事例もあります。

新潟市議会 2018-03-09 平成30年 3月 9日市民厚生常任委員会-03月09日-01号

続いて,慢性閉塞性肺疾患について,平成30年度までに認知度を60%に上げるという目標値が掲げられていて,その前の実績が29.9%ですから倍にする目標で,この病気認知度が低いとありました。認知度を上げるための啓発はもちろん大事だと思うのですが,進行をとめて治せるものですから,認知度プラス早期発見,早期治療にどうやって結びつけるかが大事だと思います。

新潟市議会 2018-02-22 平成30年 2月定例会本会議−02月22日-03号

当初の財源不足など,毎年100億円前後不足していたので,とりわけことしが特別なことではありませんでしたが,基金に頼れない,いわゆる逃げ場のない予算になったことが,この閉塞感を生んでいるのだろうと思います。  歳出対象1,194事業を見直し,効果として45億円を見直しました。その結果,収支均衡を達成し,黒字化となりました。

柏崎市議会 2018-01-30 平成30年全員協議会( 1月30日)

一方、ディーゼル発電機の運転に際しての閉塞までの時間については、評価をしております。フィルターの目詰まりによって、ディーゼル発電機が動かなくなるまでには、60時間程度の時間的な余裕があるというふうに、当社では評価をしております。  以上でございます。 ○議長(加藤 武男)  矢部議員。 ○17番(矢部 忠夫)  質問をはぐらかさんでくださいよ。60時間でもいいんですよ。

長岡市議会 2017-12-21 平成29年12月総務委員会−12月21日-01号

中村耕一 委員  緊縮財政の中で均等に予算を絞っていくというのは、本当に市民に不安感とか、閉塞感を与えてしまうということで、希望を与える予算ということにはなっていかないということで、本当に大事なのは、大事な政策、必要なものにはきちんと必要なものであるというそういう見きわめと優先順位だと思いますので、今後もずっとよろしくお願いしたいと思います。  

小千谷市議会 2017-12-20 平成29年  第4回 定例会-12月20日−市政に対する一般質問−03号

孤立化による閉塞感、疎外感を増すことに全く地域においては利益はありません。共生社会とは、障がいがある、ないにかかわらず、女の人も男の人も、お年寄りも若い人も、全ての人たちが私たちが幸福に暮らしていくための権利である人権や尊厳を大切にし、支え合い、誰もが生き生きとした人生を送ることができる社会です。社会には、さまざまな状況や状態にある人が暮らしています。