518件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏崎市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会議(第20回会議 9月12日)

また、新潟県は、移住・定住の相談は、長野に続き、2位だとも話されていましたが、この事業について、市として将来的にどのような活用を考えているのか、御見解をお伺いしたいと思います。 ○議長(真貝 維義)  市長。 ○市長(櫻井 雅浩)  将来的な活用について、お答えを申し上げます。  

柏崎市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会議(第18回会議 9月10日)

こういうことがポイントではないかなと思いますが、くしくも、昨年度、相談は長野が1位、新潟県が2位と、こういうテレビ報道が、けさのニュースに流れておりました。ということを考えると、極めて新潟県としては、これは頑張ってるんでないかなと思うわけでございますし、また、柏崎市も相談員が、今度は柏崎市出身の方だと。

長岡市議会 2019-06-25 令和 元年 6月文教福祉委員会−06月25日-01号

今までの文教福祉委員会でも発言があったように、例えば高齢者がふえた中での見守りだとか、いろんな部分も必要ですし、一方で今非常に注目を浴びているのは、長野の須坂市のほうでやっている伴走型の母子園でしっかり母と子を一緒に見守ることをチームとしてやっていることに対して非常に効果が出てきているというのもあります。

三条市議会 2019-06-20 令和元年第 2回定例会(第4号 6月20日)

実はこの質問をするに当たって先日長野、具体的に言うと長野小布施町を見てまいりました。この小布施町は、4月現在で人口はわずか1万1,000人程度なんですけども、この小さな町には代表的な美術館が9カ所ありまして、その他複数のギャラリーも多数有しております。その美術館は、そんなに大きくはありません。

新潟市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会本会議−03月22日-09号

青森県山形県長野では,農地を集積し,また野菜果物,花卉などへの転作で米単作から脱却したことにより,農業産出額がふえている。秋田県でも,2014年よりオール秋田で園芸農業に取り組み,米依存の経営から脱却し,農業産出額をふやしている。  新潟は,今まで稲作に依存してきたが,これからの新潟農業は難しい局面下で選択を迫られている。

三条市議会 2019-03-14 平成31年経済建設常任委員会( 3月14日)

○(坂井良永委員) 今まで茨城県の久松農園と、それからもう一つ、長野のトップリバーでしたか。長野のほうはないですか。 ○(渡辺農林課長) トップリバーに関して委託料は発生してはございません。 ○(坂井良永委員) 県外よりもやっぱり県内のほうが、非常にいいことだと思いますし、ぜひ進めていただきたいんですが、県内では三条市内の研修先もあると先ほど説明がありました。

新発田市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-02号

長野の岡谷ですか、あちこちあるんですけれども、一番有名な例として先ほど島根県松江市プログラミン言語Rubyの普及によってのICTの普及活動というのをやっているんですけれども、その中で既に多くの企業が、企業というか、個人なんですけれども、個人が松江のほうにUターン、Iターンという形で来ていまして、一つの移住促進策としても、結果的になんですけど、効果を発揮しているという現状があるそうでございます。

長岡市議会 2019-03-11 平成31年 3月文教福祉委員会−03月11日-01号

長野の県立こども病院は、長野の真ん中で交通アクセスのいい安曇野市にあります。新潟県に子ども病院をつくるとしたら、中心部であり、交通アクセスがよく、そして基幹病院との連携もしやすいことから、長岡市に置くことが妥当であると考えます。これについて市のお考えがあれば教えてください。

柏崎市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会議(第 4回会議 3月 6日)

先ほど、市長も細かな話もございましたが、都道府県別に言いますと、1位は、何といっても、断トツ、長野。御承知のとおりです。2番目が静岡県。これ、昨年は3位でしたが、1位上がりました。それから、3位が北海道です。ここは16位から大幅に順位を上げたと、こういう発表をなさっているわけでございます。新潟県はといいますと、前年度に引き続いて5位であると、こういうことでございます。  

柏崎市議会 2019-02-28 平成31年 2月定例会議(第 3回会議 2月28日)

長野原村7,581人、合計特殊出生率は1.55です。環境にやさしい村づくりを基本理念に掲げて、保育料第2子半額、第3子無料、保育士の加配、妊婦検診・乳幼児健診無料化、18歳まで医療費無料化。  長野下條村4,144人、合計特殊出生率は1.86。子育てを重視し、若年定住促進住宅建設。出産祝金。高校3年生まで医療費無料化。保育料は階層により50%引き下げる。子育て応援基金の創設をする。  

小千谷市議会 2018-12-26 平成30年  第4回 定例会-12月26日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号

転院先には群馬県長野という話も聞いており、患者さんや御家族の今後の苦労を考えると何としても存続を願うことは当たり前のことではないかと受けとめました。    小千谷市家族会はこの存続運動に協力し、存続を求める署名数は全体で4万5,000筆を超える幅広い運動となっていることが記されております。

小千谷市議会 2018-12-20 平成30年  第4回 定例会-12月20日−市政に対する一般質問−02号

その中で、長野豊丘村では、村営バスを運行しながら福祉施策の一環として福祉タクシーを運行し、73歳以上や障がい者など一定の条件を満たした住民に登録してもらい、利用エリアを決めて普通に地元にあるタクシーを利用してもらう。利用者は登録証を示し、初乗り運賃を負担し、行政は初乗り運賃を超えた分を支払うということを実践しております。

柏崎市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会議(第22回会議12月11日)

佐賀県伊万里市長野上田市、新潟県柏崎市は計画に、地域エネルギー会社の設立を検討する方針を盛り込んだ。富山県札幌市は、水素の中・長期的な活用方針をまとめ、産業育成等につなげる方針を打ち出している。主な計画を紹介する。  ここから、柏崎市のことが書いてあるんですが、柏崎市は3月、地域エネルギービジョンを策定しました。

三条市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会(第4号12月 7日)

先日の一般質問でも取り上げられましたが、先進農業者である茨城県の久松農園、そして長野のトップリバーを研修先としていまして、久松農園での研修を終えた方が来年の春に下田地域において新規就農の予定であるとのことでありますけれども、具体的にはどのようなスケジュールで就農するのか、そしてその地域土地は具体的にどこになるのか、わかる範囲でいいので、お伺いいたしまして1回目の質問を終わります。

三条市議会 2018-10-01 平成30年決算審査特別委員会(10月 1日)

農業担い手確保育成事業について、研修生は最終的に下田地域で就農するため、茨城県長野の研修先よりも条件の似ている県内の先進農家を研修先とするほうが効果的ではないか、の質疑に、現在の研修先は、農作物の栽培に限らず経営や販売等の戦略にもたけているとして選んだ、今後については、新たな研修先を加える方向で検討していきたい、と答弁がありました。  

三条市議会 2018-09-26 平成30年決算審査特別委員会( 9月26日)経済建設分科会

○(渡辺農林課長) 現在は2カ所、久松農園と長野のトップリバーで制度設計をしてございます。今後については、先ほどお答えしましたように検討をということでございますので、就農先ではなくて研修先のほうを検討してまいりたいと思います。就農先につきましては下田地域ということで設定してございますので、現在のところは下田地域でと考えているところでございます。