42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2020-06-24 令和 2年 6月24日環境建設常任委員会−06月24日-01号

鈴木浩信 土木部長  それでは、土木部所管議案の概要と人件費補正について説明します。  初めに、議案第45号令和年度新潟一般会計補正予算関係部分として、国からの内示に伴い、道路橋りょう費維持補修国工事負担金及び幹線道路網整備に必要な経費を補正するものです。  

新潟市議会 2020-06-22 令和 2年 6月定例会本会議−06月22日-05号

鈴木浩信土木部長 登壇〕 ◎土木部長鈴木浩信) 同時に広場の整備というのは、今の段階でもそれぞれ整備熟度というのは違いますので、そこは熟度が早いほうが着手になりますし、あと、本市財源の全体のバランスを見た中で、一度にがいいのか、順がいいのかも含めて検討していきたいと思います。                

新潟市議会 2020-05-29 令和 2年 5月29日環境建設常任委員協議会-05月29日-01号

鈴木浩信 土木部長  令和年度国の施策予算に対する提案要望項目一覧を御覧ください。上段、まちづくりの中の緑色、救援・代替機能の強化として、土木部所管については5、6、7番の3項目、その下、足元の安心安全の確保については11番から16番までの6項目、以上9項目が該当し、昨年と同様に継続して要望するものです。  

新潟市議会 2019-07-01 令和 元年 7月 1日大都市制度・行財政改革調査特別委員会−07月01日-01号

鈴木浩信 政策企画部政策監  指定都市市長会が行う令和年度国の施策及び予算に関する提案について説明します。  指定都市市長会について簡単に説明します。資料1,下の四角囲み,【参考】指定都市市長会について,指定都市市長会平成15年12月に設立した組織で,全国の指定都市の緊密な連携のもとに,大都市行財政の円滑な推進などを図ることを目的にしています。

新潟市議会 2018-10-03 平成30年決算特別委員会第4分科会−10月03日-04号

鈴木浩信 まちづくり推進課長  当課平成29年度決算について説明します。  資料1の1ページ,平成29年度決算所属別内訳表をごらんください。初めに,歳入です。予算現額と調定額収入済額記載のとおりで,予算現額に対する収入済額割合は60%でした。これは,主に市街地開発事業において,翌年度への繰り越しによる現年度事業費減少に伴い,財源となる国費及び起債減少したためです。  

新潟市議会 2018-06-25 平成30年 6月25日環境建設常任委員会-06月25日-01号

鈴木浩信 まちづくり推進課長  報告第3号繰越明許費繰越計算書報告について関係部分のうち,まちづくり推進課所管分について,資料1により説明します。  1ページ,道路橋りょう事業です。まちなか魅力創出事業都心軸萬代橋周辺エリア賑わい空間創造事業繰越設定額に対し,工事請負額が確定したことにより,繰越額記載のとおり減額するものです。

新潟市議会 2018-03-08 平成30年 3月 8日環境建設常任委員会−03月08日-01号

鈴木浩信 まちづくり推進課長  平成30年度新潟一般会計予算のうち当課所管分について説明します  資料1,当初予算記載のとおりで,前年度比83.6%,歳出では,対前年度比86.2%になっています。歳入歳出とも減となっていますが,萬代橋周辺地区都市再生整備計画平成29年度末で終了することに伴う建設事業減少及び事務事業点検による既存事業の見直しなどによるものです。  

新潟市議会 2018-02-19 平成30年 2月19日環境建設常任委員会-02月19日-01号

鈴木浩信 まちづくり推進課長  まちづくり推進課所管分平成29年度新潟一般会計補正予算関係部分について説明します。  歳入歳出予算補正について,説明の都合上,歳出から説明し,款,項,目及び予算額については記載のとおりです。資料1,2ページ,初めに,都市開発事業費,二重丸,市街地のリニューアル,市街地開発事業促進は,古町通7番町地区市街地開発事業に対する助成金です。

新潟市議会 2017-10-11 平成29年決算特別委員会第4分科会−10月11日-04号

鈴木浩信 まちづくり推進課長  当課28年度決算について説明します。  資料1の1ページ,所属別内訳表をごらんください。初めに,歳入です。予算現額と調定額収入済額記載のとおりで,予算現額に対する収入済額割合は79%です。これは,主にまちなか魅力創出事業における事業費減少に伴い,国費及び起債減少したためです。  次に,歳出です。

新潟市議会 2017-09-27 平成29年 9月27日環境建設常任委員会−09月27日-01号

鈴木浩信 まちづくり推進課長  本市助成金については,あくまでも下水道道路工事などのインフラ整備したものに対して助成する形になります。仮換地により将来的な街区が決まり,下水道延長道路延長などが確定した段階で初めて予算計上が可能になりますし,実際に工事を行い,それができ上がる当該年度助成金を払う仕組みです。組合から申請さえあれば予算要求は可能になります。

新潟市議会 2017-06-27 平成29年 6月27日環境建設常任委員会−06月27日-01号

鈴木浩信 まちづくり推進課長  矢代田駅周辺地区土地区画整理事業の現状についてお答えします。  旧小須戸町時代に市街化区域に編入した地区面積6.5ヘクタールについて,組合施行による土地区画整理事業を行うもので,平成28年8月に地権者による組合が設立されて事業認可をしたところです。組合員数は約21名,総事業費は10億円程度の予定となっています。

新潟市議会 2017-06-23 平成29年 6月23日環境建設常任委員会-06月23日-01号

鈴木浩信 まちづくり推進課長  報告第3号繰越明許費繰越計算書報告について関係部分のうち,まちづくり推進課所管分について説明します。  1ページ,第8款土木費,第2項道路橋りょう費道路橋りょう事業です。まちなか魅力創出事業都心軸萬代橋周辺エリア賑わい空間創造事業繰り越し設定額に対して,工事等の契約により繰越額が確定したため,記載のとおり減額するものです。

新潟市議会 2017-05-18 平成29年 5月18日環境建設常任委員会−05月18日-01号

鈴木浩信 まちづくり推進課長  市役所庁舎の再整備行政機能移転について,総務常任委員会所管事務調査への出席要求があり,去る4月24日,古町7番町地区開発事業整備方針について説明してきましたので本協議会報告します。  初めに,資料1,まちなか活性化に向けた都心部全体の取り組み状況についてです。資料都心軸周辺及び信濃川の水辺の新たなにぎわい空間における取り組みをまとめたものです。