181件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏崎市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会議(第 4回会議 3月 6日)

その総面積の約2割である都市計画区域には、市の総人口、つまり、8万4,000人の8割の6万8,000人が住んでおります。さらに、用途指定された市街地面積は、全体の2.5%しかありませんが、人口割合は42%となっております。つまり、市街地面積は、全体の2.5%しかないけど、その2.5%のところに人口の4割、42%が集中しているということでございます。

柏崎市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会議(第22回会議12月11日)

都市計画マスタープランにおいても、現在のような漫然と市街地が拡散している状況では、必要な都市基盤整備及び維持管理、市民生活に係る費用が増加し、その結果、適切なサービス水準の確保が困難になることが想定されるとして、本市が目指すコンパクトシティは、市全体として人口が減少する中で、用途地域内、用途地域外及び都市計画区域外の主要集落に一定の人口や生活利便施設の集積を図ることとしています。  

妙高市議会 2018-12-07 平成30年 12月定例会(第7回)-12月07日−一般質問−03号

住居を誘導する住居誘導区域や教育福祉商業施設などの立地を誘導する都市機能誘導区域では都市計画区域の用途地域内が対象となりますが、周辺地域とは鉄道やコミュニティーバス、デマンドバスなどの交通ネットワーク網を検討してまいります。また、立地適正化計画と同時に策定を進めている第3次総合計画地域公共交通網形成計画とは検討段階から庁内全体で協議、調整を行い、各計画との整合性を確保してまいります。    

三条市議会 2018-12-06 平成30年第 5回定例会(第3号12月 6日)

このことにつきまして、私は平成26年の第6回定例会及び平成29年の第3回定例会でも、立地適正化計画は都市再生特別措置法の一部改正により市町村が作成できるようになった計画で、人口密度の維持により市街地の空洞化を防ぐことを目的とし、おおむね20年後の都市計画区域の状況を展望することとなっており、中心市街地の空洞化の現状と今後の展開、特に中心市街地に関係した都市計画道路の現状と今後の展開についてお聞きしました

三条市議会 2018-03-08 平成30年第 1回定例会(第5号 3月 8日)

次に、都市計画についてでありますが、御承知のとおり、三条市の都市計画区域は83年前の昭和11年4月1日に栄地区の一部を含めて指定され、現在は1万2,101ヘクタールであります。用途地域は、約50年前の昭和42年11月に指定され、20年前の平成8年4月1日に1,384ヘクタールとなり、現在に至っております。  お伺いいたします。

新潟市議会 2018-03-08 平成30年 3月 8日環境建設常任委員会−03月08日-01号

全体線引きの今までの動きは委員がおっしゃられたように,平成23年度で全体線引きを行いまして,今の状況としては,新潟県でかかわります,新発田市,聖籠町の区域を含めた新潟都市計画区域という中で,全体の区域マスタープランというものが,平成32年度まで今の計画を持っています。その計画の更新がおおむね10年ごとに行われています。

柏崎市議会 2017-12-13 平成29年産業建設常任委員会(12月13日)

しかも、都市計画区域内。まだかなりの未舗装がある。そういったところが、今言うように、いろんな環境の変化で、今まで雨が降ってもそんなに問題はなかったんだけど、最近どうも水がたまったりとか、雨水がたまったりとか、床下浸水に近いような感じになってきている。  都市整備部のほうは、これは雨水の関係で処理してほしいという見解が少しあるんだよね。

新潟市議会 2017-10-03 平成29年 9月定例会本会議−10月03日-06号

また,特に本市は全域が都市計画区域であり,大規模工場が立地できるエリアが限定され,工業用地が不足し,建てかえや事業拡張の声に応えられない状況もあることから,私も緩和自体は妥当であり,理解できるものと考えます。  パブリックコメントも拝見しました。食品会社からのコメントで,緑地率等の緩和を心待ちにしていた。今まで,敷地内の緑地から発生する虫等の対策にも頭を悩ませていた。

新潟市議会 2017-09-26 平成29年 9月26日文教経済常任委員会-09月26日-01号

この意見への市の考え方ですが,本市は全域が都市計画区域であり,用途地域などにより工場立地法の適用を受ける,いわゆる大規模工場が立地できるエリアは限定されています。このたびの条例制定の目的の繰り返しになりますが,国の法施行から44年が経過し,環境面の技術革新により,工場周辺に与える影響も小さくなる中,一方で本市では工業用地が不足し,工場の建てかえや事業拡張の声に応えられていない状況が続いています。

小千谷市議会 2017-09-22 平成29年  第3回 定例会-09月22日−市政に対する一般質問−03号

本来目的税としての都市計画税は、都市計画区域のうち原則として市街化区域に所在する土地または家屋の所有者に対して賦課するものでありますが、当市は都市計画において市街化区域の区域指定がないので、都市計画の用途地域をもって賦課区域としております。したがって、下水道事業区域であっても都市計画用途地域の指定外であれば賦課対象となっておりません。

新発田市議会 2017-09-08 平成29年 一般会計決算審査特別委員会(総務関係)−09月08日-01号

都市計画税につきましては、都市計画区域内の事業に充当するということで、個々の事業に個別に充当しているという形はとっておりません。きのうの決算概要のまとめのとおり、それぞれ都市計画区域内の各事業項目に、それぞれ都市計画税を案分して充当しているというような形をとっておりますので、どこどこの地域が個別に幾らの事業ということの集計はしておりません。  

三条市議会 2017-06-13 平成29年第 3回定例会(第2号 6月13日)

今回は、都市計画全般の質問だとかなり広範囲になりますので、都市計画区域におけるまちづくりのマスタープランの一部となる三条市立地適正化計画と、それに関連した都市計画道路についてお聞きします。  御存じのように、立地適正化計画は都市再生特別措置法の一部改正により、市町村が作成できるようになった計画です。

妙高市議会 2017-06-08 平成29年  6月定例会(第4回)-06月08日−一般質問−02号

化をしながら、周辺集落についてはその周辺を整備してうまく連携をすると、ネットワークをするという考え方になろうかというふうに思うんですが、具体的に申して、先ほどのですね、答弁の中にもちらっと触れてありましたけれども、292号及びですね、飯山斑尾新井線沿道については今後の市街化動向や地区の資源活用及び雇用、交流促進に寄与すると認めるなどの開発動向がある場合には開発、建築の規制誘導を行うため、必要に応じ都市計画区域

新発田市議会 2017-03-27 平成29年 2月定例会-03月27日-05号

今田修栄委員から、都市計画区域、そして新発田は、新潟、聖籠となっている。定住自立圏構想から鑑みて、胎内市との間ではどのような計画を持っているのかについての質疑に対して、担当課長より、胎内市は胎内市独自の都市計画区域を持っており、同じ都市計画区域を持っているということで、共通の部分で制限をかけていると答弁があった。  ほかに説明に対する質疑なく、質疑を終結した。  

新発田市議会 2017-03-21 平成29年 一般会計予算審査特別委員会(経済建設関係)-03月21日-01号

あともう一点、公園整備の部分でございますけども、今回上げさせていただいた部分につきましては、いわゆる都市公園ということで、都市計画区域内にある公園ということになっております。これにつきましては、公園長寿命化計画がございまして、それに基づいて遊具の更新ということでさせていただいております。