4282件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏崎市議会 2019-10-09 令和元年 9月定例会議(第22回会議10月 9日)

産業振興部長(政金 克芳)  この地区におきましては何回か、国道252号線を中心に道路の冠水が生じている地区であります。具体的には旧ローソンがある国道252号線沿いのところでありますが、それから、中鯖石コミュニティセンターに入る、あの区間になりますけれども、何回か道路の冠水、あるいは、住宅の被害が出ています。そこにつきまして、平成27年に地元から湛水対策の要望が出ております。

柏崎市議会 2019-10-08 令和元年決算特別委員会(10月 8日)

道路除排雪経費について、吹溜柵設置・撤去委託料の実施状況。地域からの要望の状況。都市公園理事業について、公園のパトロールはどのような形で行っているのか。遊具の利用頻度により、修繕等判断の基準はあるのか。国道8号バイパス事業対策費について、夜間を含めた騒音、振動対策をどのように講じたのか。

柏崎市議会 2019-10-01 令和元年決算特別委員会・産業建設分科会(10月 1日)

○農林水産課長(竹内 功)  この鎌田排水機場は、田んぼのためでもございますが、治水も兼ねておりますので、その辺は本当に管理していただいている方には申しわけないんですが、動かせるのが10月いっぱいまでだと思いますけど、それまでは雨が降りますので、そのときに道路冠水などがする場合には、動かしていただきたいと考えております。 ○分科会長(三宮 直人)  斎木委員。

柏崎市議会 2019-09-30 令和元年決算特別委員会・産業建設分科会( 9月30日)

3目道路新設改良費001道路新設改良事業5億5,863万6,097円のうち、003道路新設改良市費事業6,733万7,101円は、非常勤職員に関する賃金などのほか、比較的延長が短い生活道路であります市道4路線の改良工事と、今後、工事を予定している箇所の路線測量や用地測量、物件調査などを実施したものです。  次に、371・372ページをごらんください。  

柏崎市議会 2019-09-26 令和元年決算特別委員会・総務分科会( 9月26日)

その3行下の有料道路使用料121万4,229円は、共用自動車23台のうち、市長車、議長車を含む12台がETCカードを利用した高速道路使用料であります。  その2行下の共用自動車賃借料946万8,312円は、共用自動車23台分のリース料であります。  少し飛びますが、131・132ページをお開きください。  

長岡市議会 2019-09-24 令和 元年 9月建設委員会−09月24日-01号

   桑 原   望 君   関   正 史 君   松 井 一 男 君   水 科 三 郎 君   笠 井 則 雄 君   関   貴 志 君   高 野 正 義 君   五 井 文 雄 君   丸山(広)議長    ────────※──────── 〇説明のため出席した者   水澤副市長       高見副市長   大滝地域政策監     金子危機管理監・政策監   野口土木部長      石黒道路建設課長

長岡市議会 2019-09-24 令和 元年 9月定例会本会議−09月24日-04号

議案第103号財産の取得について、左岸バイパス南延伸道路整備事業用地。議案第104号財産の取得について、左岸バイパス北延伸道路整備事業用地。議案第105号財産の取得について、人づくり・学び・交流施設。  以上の議案5件は、いずれも原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。  以上、報告いたします。 ○議長(丸山広司君) 次に、決算審査特別委員長古川原直人議員。   

柏崎市議会 2019-09-24 令和元年 9月定例会議(第21回会議 9月24日)

ダムウェーター設置場所へ給食を運び込む道路、経路状況。  文化財保存整備事業に関して。今後も継続していくものか。他の神社などの文化財も対応するのかなどについて質疑がありました。  本案は討論なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上です。 ○議長(真貝 維義)  次に、産業建設常任委員長、三宮直人議員

長岡市議会 2019-09-18 令和 元年 9月18日大河津分水・長岡東西道路整備推進特別委員会−09月18日-01号

令和 元年 9月18日大河津分水・長岡東西道路整備推進特別委員会−09月18日-01号令和 元年 9月18日大河津分水・長岡東西道路整備推進特別委員会 令和元年9月18日(水)午後2時30分開議           ────────※──────── 〇出席委員(9人)        五 井 文 雄 君     小坂井 和 夫 君        豊 田   朗 君     山 田 省 吾 君        

柏崎市議会 2019-09-18 令和元年文教厚生常任委員会( 9月18日)

○委員(田邉 優香)  10款2項3目001小学校建設事業のところについてなんですけれども、ダムウェーターをつけて、そこに給食を運んでくるということだと思うんですけれども、そこに運ぶための道路といいますか、経路は、しっかり確保されていたりとかしているんでしょうか。 ○委員長(柄沢 均)  教育総務課長

柏崎市議会 2019-09-17 令和元年産業建設常任委員会( 9月17日)

それで、市道廃止後、この対象の道路というものの管理というのはどのようになるのか、お聞かせください。 ○副委員長(阿部 基)  維持管理課長。 ○維持管理課長(金子 敏幸)  今回、廃止する市道は、2級河川、鯖石川河川区域と重用しておりまして、今後は、市道廃止した折は、県のほうが河川管理の一環として管理される予定でございます。

柏崎市議会 2019-09-13 令和元年産業建設常任委員会( 9月13日)

その中で、今は1期から3期まで工事のマンホールが、おおむね30年から40年を迎えたということで、かなり道路交通によっては摩耗ですとか、あるいは、中から、下水の下のほうから、ふたの内側なんですけども、硫化水素等による経年劣化ということで摩耗しておりますので、国の補助金をいただきまして工事を毎年、今、おおむね調査対象マンホール数は3,000個ぐらいございます。

長岡市議会 2019-09-11 令和 元年 9月建設委員会−09月11日-01号

◆松野憲一郎 委員  子どもたちの通学路でもあり、橋のところはグリーンベルトになっておりますので、通学路交通安全プログラムの中で実施していただいたのかなというふうに思うんですけれども、道路建設課、また道路管理課のほうでできることからやっていくということについて、非常に感謝申し上げます。  

柏崎市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会議(第19回会議 9月11日)

学校跡地は、大体、主要道路沿いにあり、道行く人には廃校したと、見てすぐわかる状況ではないでしょうか。雑草を見て一層寂しさを感じてしまいます。地域に過疎のイメージを与えているのではないでしょうか。  建物も外壁が落ちたりして、周辺の景観を損ねているのではないでしょうか。主要道路なので市内観光に立ち寄った人たちの目に、どのように映るでしょうか。

三条市議会 2019-09-10 令和元年第 3回定例会(第5号 9月10日)

次に、県央基幹病院設置に係る道路環境整備の要望と今後の方針について、新聞報道によりますと県央5市町村と各市町村議会などでつくる県央基幹病院設置に係る道路環境整備促進期成同盟会はこの8月28日、会長の國定三条市長を初め、鈴木燕市長、藤田加茂市長、佐野田上町長、小林弥彦村長と構成団体の各議会議長ら全員で連れ立って、県の土木部長救命救急センター併設の県央基幹病院の開設に合わせたアクセス道路等の整備促進

柏崎市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会議(第18回会議 9月10日)

国の関与、支援体制ということで申し上げますと、先般、7月23日に、原子力防災担当の原田内閣府特命担当大臣が本市にお越しになり、私自身が1月に冬の雪の降る中、道路の走行確認をした鵜川地区から石黒、高柳地区にかけての国道353号線、県道275号線、門出石黒線、また、県道12号線、松代高柳線、加えて、南鯖石地区、中鯖石地区にかけての国道252号線を、冬場の道路状況を私が説明しながら御視察いただきました。

三条市議会 2019-09-09 令和元年第 3回定例会(第4号 9月 9日)

そして、八十里越道路沿線はもちろん、下田地域においても福島県側から多くの来訪者を迎えるに当たって、来訪者から快適にお使いいただける公衆トイレのなどの設備も不可欠な対応であります。そうした対応について、どうお考えなのかお伺いいたします。  また、来訪者が気軽に地域住民と交流できる場として、温泉を活用した足湯の創設も有効であると考えます。

三条市議会 2019-09-05 令和元年第 3回定例会(第2号 9月 5日)

それから、8款土木費は先ほど質疑がありまして、大体わかったんですが、先ほどの答弁の中身はほぼ道路橋梁費のものが主だと思いますけれども、住宅費の不用額についてもやや多いように感じますので、これについて理由をお聞きします。それから、10款教育費の中で、社会教育費の不用額1億5,337万9,000円についても、不用となった主な要因についてお伺いしたいと思います。  

長岡市議会 2019-09-05 令和 元年 9月定例会本会議−09月05日-03号

道幅の広い幹線道路を除き、狭い住宅道路や生活道路は、ブルドーザーによって押し出された雪が玄関前に集積し、出入り口を塞ぎます。押し固まった雪は重く、特に高齢者障害者などの要援護者の方にとってこの片づけ作業は耐えがたい負担となっています。屋根の雪おろし作業は、不安定な足場での作業になるため、作業中の転落事故が多く、高齢者の方にとってこれも大変負担となる作業になっています。  

柏崎市議会 2019-09-05 令和元年 9月定例会議(第17回会議 9月 5日)

また、土地改良事業費、道路橋りょう整備事業費、下水道事業出資金、消防施設整備事業費及び臨時財政対策債につきましては、それぞれ借入限度額を変更いたしたいものであります。  以上、何とぞよろしく御審議願います。 ○議長(真貝 維義)  これより質疑に入ります。  最初に、総括質疑はありませんか。  持田議員