2件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

小千谷市議会 2015-12-17 12月17日-02号

昨年、世界保健機関、WHOの専門組織である国際がん研究機関が、胃がん原因の8割はヘリコバクター・ピロリ通称ピロリ感染原因であるとの報告書を発表しました。日本人のピロリ菌保菌率は、2人に1人と言われています。ピロリ菌が発するアンモニアや毒素のせいで胃が炎症を起こし、慢性胃炎胃潰瘍の状態となり、それががん化することで胃がんになります。胃がんは、早期発見生存率の鍵となるがんの一つです。

新発田市議会 2013-06-11 平成25年 6月定例会−06月11日-02号

胃がん胃潰瘍を引き起こす細菌、ヘリコバクター・ピロリ通称ピロリの国内の感染者は約3,500万人に上ると推測されております。中高年の感染が多く、50代以上の大半がピロリ菌感染者であり、胃がんの98%はピロリ菌感染原因で、ピロリ菌感染期間が長いと胃の粘膜が縮む萎縮性胃炎になり、胃がんになるリスクが高まると言われております。

  • 1