280件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三条市議会 2020-03-13 令和 2年経済建設常任委員会( 3月13日)

事業番号010土地改良事業費6,080万1,000円は、土地改良施設管理に係る経費の一部を負担するもので、土地改良事業において農家負担軽減を図るため各土地改良区への補助金等を計上しております。次に、事業番号020県事業費負担金6,481万4,000円は、県営かんがい排水事業等実施に伴い負担率に応じて負担金を支出し、事業促進を図るものとして計上しております。  

新潟市議会 2020-03-12 令和 2年 3月12日文教経済常任委員会-03月12日-01号

次に、土地改良事業費等負担金補助金からほ場整備促進活動費負担金補助金までの7つの事業は、土地改良区が行う土地改良事業等について、国、県の補助に市独自の補助を加えるなどにより農家負担軽減を図るものです。主な内容としては、用排水路修繕更新圃場整備事業推進のための農地現況調査等に係る経費支援を行うものです。  

新潟市議会 2020-02-25 令和 2年 2月定例会本会議−02月25日-03号

この山形県、青森県、秋田県、長野県の園芸生産の伸びについては、県、市、農協が連携した施策、具体的には、県が50%、市、農協が各25%を負担し、農家負担はゼロでスタートし、以後10年間、農家が償還するというようなビニールハウス等があることを見逃してはなりません。本市の北区南浜、西区赤塚にも、ほぼ同様な施策が若干取り入れられてきました。

長岡市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会本会議−12月03日-02号

特に農業用施設等復旧には、原則農家負担が伴う制度となっておりますので、地元意向を第一に、地域実情に応じた支援を行っております。今後も営農への影響を最小限に食いとめるため、農家組合などの意向を十分にお聞きしながら対策を行うとともに、県やJA、共済組合などの関係機関と連携しながら、被害の軽減や災害翌年度営農等への支障を生じさせないよう、迅速な対応に努めてまいりたいと考えております。  

新潟市議会 2019-10-16 令和 元年決算特別委員会第2分科会−10月16日-05号

15ページ,土地改良事業費負担金補助金は,土地改良区が行う土地改良事業について,農家負担軽減を図るため,国,県の補助に独自の補助を加え助成したものです。主なものとしては,黒埼町の合併広域合併のときに合併市町村から引き継いだ債務負担行為に基づくもののほか,国,県の75%補助を活用した基幹水利施設補修補強事業に対して,市が10%の上乗せ補助を行いました。  

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日文教経済常任委員会-06月26日-01号

こういった農家努力では解消できない生産コストが生じる低平地農業地域において,新たな支援制度創設して,農家負担軽減することによって農家所得向上,それに伴う担い手への農地集積集約推進,さらには大規模農業に適した低平地ポテンシャルを最大限生かした農業競争力強化につながるように制度創設を要望するものです。 ○志賀泰雄 委員長  ただいまの報告にお聞きすることはありませんか。

三条市議会 2019-06-20 令和元年第 2回定例会(第4号 6月20日)

土地改良区が団体営事業として整備を行う場合は、そうしたガイドラインは存在していないところでございますが、そのガイドラインに準じて助成をしており、農家負担軽減を図っているところでございます。御理解いただきたいと思います。 ○議長阿部銀次郎君) 農林課長。   〔登壇〕 ○農林課長渡辺博之君) 私からも農業施策について、続けて御答弁申し上げます。  

三条市議会 2019-03-14 平成31年経済建設常任委員会( 3月14日)

はじめに事業番号010土地改良事業費6,391万8,000円は、土地改良施設管理に係る経費の一部を負担するもので、土地改良事業において農家負担軽減を図るため各土地改良区への補助金等を計上しております。  次に、事業番号020県事業費負担金5,179万円は、県営かんがい排水事業等実施に伴い負担率に応じて負担金を支出し、事業促進を図るものとして計上しております。  

新潟市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日文教経済常任委員会-03月13日-01号

土地改良事業費等負担金補助金から4つ下農業水利施設安全対策推進事業費補助金までの5事業は,土地改良区が国,県の補助を受けて行う土地改良事業等について,農家負担軽減を図るため,国,県の補助と別に市独自の上乗せ補助をするものです。主な事業内容は,用排水路排水機場修繕更新等です。  

阿賀町議会 2019-03-07 03月07日-01号

圃場の2割を園芸、いわゆる畑にするなどの条件がありますが、農家負担が少なくなる、最大では要らないというようなメニューもありますので、こうした情報をお知らせをして、説明会を希望する地区で既に開催しているというところでございます。 今後の農業についての考え方のお尋ねでございます。やはりどの業種でも人材不足、これが大きな課題となっております。

新潟市議会 2018-12-20 平成30年12月20日農業活性化調査特別委員会-12月20日-01号

反歩を4反歩につくりかえるのに大体200万円ぐらいかかる中で,農家負担5年据え置きの20年,ようやく借金終わったぐらいです。でも,やはりそれはそれでやってよかったと思うのですが,今非常に感謝しているのは,上手に組み合わせていくとほとんど農家負担がゼロで圃場整備ができるところまで来ました。

長岡市議会 2018-12-18 平成30年12月産業市民委員会−12月18日-01号

しかし、この中山間地域等におきましては農道農業用排水路改良維持管理等農家負担が大変大きいのが実情だと思います。この負担をできるだけ軽減するような施策が必要ではないかと思います。例えば市の普通河川や市道などの改良維持管理等は、原則100%市の負担となっております。しかし、農道農業用排水路土地改良事業費は市が55%補助となっておりまして、45%は農家負担になっております。

新潟市議会 2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会−10月04日-05号

土地改良事業費等負担金補助金は,土地改良区等が行う土地改良事業について,農家負担軽減を図るため,国,県の補助に市独自の補助を加え助成したものです。主なものは,黒埼町の合併広域合併のときに合併市町村から引き継いだ債務負担行為に基づくもののほか,国,県の4分の3補助を活用した基幹水利施設補修補強事業に対して,市が10%の上乗せ補助を行いました。  

新潟市議会 2018-06-26 平成30年 6月26日文教経済常任委員会-06月26日-01号

このような農家努力では解消できない生産コストが生じる低平地農業地域において,新たな支援制度創設し,農家負担軽減を図ることにより,農家所得向上,それに伴う担い手への農地集積集約推進,さらに大規模農業に適した平地ポテンシャルを最大限生かした低平地農業地域競争力強化につながるよう,制度創設を要望するものです。 ○山際務 委員長  ただいまの報告にお聞きすることはありませんか。

三条市議会 2018-06-25 平成30年第 3回定例会(第5号 6月25日)

市では、土地改良区が県営事業あるいは団体営事業土地改良事業実施する場合、国のガイドラインまたはガイドラインに準じた市の助成措置を行い、農家負担軽減できるよう支援を行っているところでございます。  以上でございます。 ○副議長岡田竜一君) 建設課長。   〔登壇〕 ○建設課長太田峰誉君) 私からは、しらさぎ荘への坂道への安全対策についてお答え申し上げます。  

三条市議会 2018-06-05 平成30年経済建設常任委員協議会( 6月 5日)

6款1項4目農地費土地改良事業費は、主に土地改良事業及び土地改良施設管理に伴う地元負担金等助成等を行って農家負担軽減を図るものでございます。  続きまして、27ページをごらんいただきたいと思います。2段目の農林土木事業費は、各自治会や農区が管理する道路や水路などの農業用施設整備等に対して支援しているものでございます。  

三条市議会 2018-03-14 平成30年経済建設常任委員会( 3月14日)

事業番号010土地改良事業費6,246万4,000円は、土地改良施設管理に係る経費の一部を負担するものと土地改良事業において農家負担軽減を図るために各土地改良区へ補助するものとして計上しております。  事業番号020県事業費負担金4,984万4,000円は、県営かんがい排水事業等実施に伴い負担率に応じて負担金を支出し、事業促進を図るものとして計上しております。  資料は6ページとなります。