6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新潟市議会 2017-09-19 平成29年 9月定例会本会議-09月19日-02号

〔平 あや子議員 登壇〕 ◆平あや子 今問題になっている北朝鮮の核・ミサイル開発でも,アメリカなどが核兵器という抑止力に頼る限り,際限のない核軍拡競争そして一触即発の緊張が続きます。篠田市長署名された核兵器廃絶国際署名であるヒバクシャ国際署名には,9月12日現在,全国で865人もの自治体首長が賛同しています。  あす,9月20日から国連では,核兵器禁止条約への各国の署名が開始されます。

新潟市議会 2015-12-10 平成27年12月定例会本会議−12月10日-05号

安倍首相の持論は限定なき集団的自衛権の行使であり,そのために憲法を改正したいというものであり,結果,日本を際限のない軍拡競争の連鎖に追い込むものであると断じなければなりません。憲法改正阻止に向けた市長としての御認識はいかがでしょうか。  総じて安倍政権に対する市長の評価,認識をお聞かせ願いたいと存じます。 ○議長(高橋三義) 篠田市長。                

三条市議会 2007-09-10 平成19年第 4回定例会(第5号 9月10日)

また、長崎市主催の平和式典平和宣言で、田上富久市長は、被爆国の政府として、憲法の平和と不戦の理念に基づき、核兵器廃絶に向けて強いリーダーシップをと訴え、米国による核兵器更新計画は核軍拡競争を再び招くおそれがあると指摘しました。国内でも原爆投下への誤った認識核兵器保有可能性が語られることを批判し、非核三原則を国是とするだけではなく、その法制化こそ必要だと強調されました。

柏崎市議会 1993-09-16 平成 5年第6回定例会(第2日目 9月16日)

そういう点で、廃絶の願いがありながら、ここまで核軍拡競争が進められてきて、今何発も生まれているという、ここの、なぜこれだけですね、生まれているのか。その根本は、核によって絶えず相手に優位に立つという、これがなくならない限りですね、核廃絶は言葉だけで、実際はなくなっていかない、縮小していかない。

  • 1