75件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新発田市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会-03月12日-03号

議員もご承知のとおり、食料や水については賞味期限があることから、備蓄品については賞味期限の近いものから市総合防災訓練地域防災訓練、出前講座などの場面で災害時の非常食として市民の皆様に紹介し、ご試食いただくなど、有効に活用に努め、消費した分について補充をしております。  次に、災害時に便利なアレルギー対応食品乳児用液体ミルクの認識と支援物資供給の検討についてであります。

新潟市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日市民厚生常任委員会−03月08日-01号

次に,(2),避難所の機能強化は,主に賞味期限に伴うアルファ化米等の備蓄品の入れかえ経費ですが,本年度より避難所において支援物質として毛布が届くまでの間,命をつなぐアルミブランケットの配備を始めます。また,国が整備する天野防災ステーション内に建設する防災活動施設設計にも着手します。  次に,(3),防災行政無線の運用は,防災行政無線に係る維持管理費です。  

新潟市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会本会議−09月11日-03号

一方で,粉ミルクと比べ賞味期限が短いこと,かさばるため保管スペースの確保が課題となること,コストが割高であることなど,備蓄として適さない面もあると考えます。そのため,現状では液体ミルクを備蓄物資として導入することは考えていませんが,物資供給については,協定を結んでいる民間企業災害時の調達について検討を進めています。                

新発田市議会 2018-09-06 平成30年 一般会計決算審査特別委員会(三セク関係)-09月06日-01号

◆委員(佐久間敏夫) 1点だけつけ加えますけども、物品販売の中でやはり賞味期限消費期限がありまして、私もたまに行くんですけれども、賞味期限が切れているのがあるんです。それは、管理どっちがするのか、納品する人が仕入れするのか、紫雲寺記念館のほうで仕入れするのか、それだけ注意していただきたいと、これ要望です。  以上。 ○委員長(中村功) 小林代表取締役

上越市議会 2018-03-14 平成30年  総務常任委員会-03月14日−05号

危機管理課長 この備蓄食料等の適切な維持管理ということでございますけれども、当然備蓄食料、こちらのほう賞味期限、こういったものがございます。そちらのほうについては、物によっては5年とか3年とか、いろいろな期限がございます。それに合わせて、しっかりと期限に応じた更新をさせていただくというのがまず1点。

新潟市議会 2018-03-07 平成30年 3月 7日市民厚生常任委員会-03月07日-01号

次に,(2),避難所の機能強化は,賞味期限に伴うアルファ化米などの備蓄品の入れかえ経費です。  次に,(3),防災行政無線の運用は,防災行政無線に係る維持管理費です。  次に,(4),防災気象情報の運用は,気象情報データ収集と防災気象情報サイトでの情報提供などを委託するものです。  

上越市議会 2017-09-19 平成29年  総務常任委員会-09月19日−09号

◆小林和孝委員 46、47ページで災害備蓄食料とありますけど、ここに賞味期限を迎える備蓄食料等を更新したというふうになっているんですけども、この辺の管理といいますか、期限等を含めて管理というのはどういうふうになっているか。私ども町内の防災訓練参加した後でいただいたりするものがあるんですけども、こういった備蓄食料の更新等について管理方法、基準等ありましたらお教えいただきたいと思います。

三条市議会 2017-09-11 平成29年第 5回定例会(第4号 9月11日)

また、非常食を日ごろから食べなれているものにして、賞味期限の切れない保存食にする。そのためにはしけない個別包装の技術を開発することが必要だと話されました。ものづくりのまちから要配慮者対策のものづくりを進めてほしい。そうすれば誰でもが使いやすいものになると要望されました。市としてどのように考えられるでしょうか、お尋ねいたします。 ○副議長名古屋豊君) 商工課長。   

妙高市議会 2017-03-13 平成29年  3月定例会(第3回)-03月13日−議案質疑、委員会付託−05号

多くは5年が賞味期限になっております。妙高市としてはですね、賞味期限等が半年程度になったものにつきましては私どもがお願いして、各地域自主防災組織等で防災訓練をしていただいております。その際にですね、提供してほしいという御要望もございますので、そちらのほうに提供いたしまして、家庭での備蓄のお願いも含めまして啓発をさせていただいているという状況でございます。

新潟市議会 2017-03-10 平成29年 3月10日環境建設常任委員会−03月10日-01号

あと時間軸ですが,先をある程度読んでやっていかないと賞味期限が切れてしまいますので,これが今,一番大事かと思っています。 ○竹内功 委員長  ほかにありませんか。                    (な  し) ○竹内功 委員長  以上で土木部長の総括質疑を終わります。  次に,土木部各課の審査を行います。  

新潟市議会 2017-03-08 平成29年 3月 8日市民厚生常任委員会−03月08日-01号

(2),避難所の機能強化は,賞味期限に伴うアルファ化米などの備蓄品の入れかえ経費です。  (3),防災行政無線の運用は,主に防災行政無線の維持管理費です。  (4),防災行政無線の整備は,防災行政無線及びJアラートの機器更新に係る経費です。  (5),防災気象情報の運用は,気象情報データ収集と防災気象情報サイトでの情報提供などに係る経費です。  次に,3,東日本大震災避難者への支援です。

新潟市議会 2017-02-24 平成29年 2月定例会本会議−02月24日-04号

その食品ロスの半分は事業者の流通,販売の過程の中で起き,もう半分は家庭での食べ残しや賞味期限前の廃棄などで発生しています。削減には,事業者への取り組みとともに,家庭における食品ロスに対する意識啓発が重要です。昨年10月,全国おいしい食べきり運動ネットワーク議会が設立されました。本市も参加されています。  

小千谷市議会 2016-12-16 平成28年  第4回 定例会-12月16日−市政に対する一般質問−03号

一方、デメリットとしては、国内未認可のため、海外からの輸入になると価格が高く、本来1年ほどの賞味期限がありますが、日本基準に直すと6カ月になり、店頭寿命が短いなどの問題があります。ちなみにG8の8カ国の中で液体ミルクがないのは日本だけです。なぜ日本で液体ミルクがないのかというと、液体ミルクについての法律がないからです。

新潟市議会 2016-09-23 平成28年 9月23日農業活性化調査特別委員会−09月23日-01号

賞味期限は,真空パックにした場合,確実に何年というものは決められていません。 ◆佐藤幸雄 委員  1合幾らぐらいで売っていますか。 ◎大越正章氏 現在550円です。1俵だと10万円ということです。 ◆佐藤幸雄 委員  不思議に思ったのは,これだけ米の消費国で,消費が減っていると言われていながら,年末年始の贈答用品の1位は全てビールなんです。

新潟市議会 2016-09-12 平成28年 9月定例会本会議-09月12日-03号

フードバンクとは,企業個人から賞味期限内であるにもかかわらず廃棄される食品の提供を受け,生活困窮者や福祉施設のほか,子ども食堂に対して食材提供を行う活動です。フードバンクと子ども食堂の連携により,子ども食堂の運営に必要な食材を確保することができるとともに,食品ロスの削減,環境保全にも寄与することから,両者の連携は有効であると考えています。                

小千谷市議会 2016-06-22 平成28年  第2回 定例会-06月22日−市政に対する一般質問−03号

食品ロス削減のための世界各国の取り組みとしては、デンマークでは、おいしく食べることができる賞味期限の切れた食品を扱うスーパーが誕生しています。フランスでは、スーパーで売れ残った食料の廃棄を禁止し、フードバンク活動団体への寄附を義務づける法律成立しています。    日本での先進的な事例として、松本市の取り組みがあります。1つは、残さず食べよう!30・10運動です。

上越市議会 2016-03-17 平成28年  第1回(3月)定例会-03月17日−一般質問−05号

食品ロス」と題して、賞味期限消費期限の違いなどを取り上げていました。食品ロスという言葉が広く知れ渡ってきましたが、家庭で発生する食品ロスは全体の約半数であると言われています。国民一人一人が食べ物を大切にする意識は徐々に広がってきていると思いますが、さらに広げていくことが重要だと考えております。食品ロスの削減については、農林水産省消費者庁環境省等が力を入れて取り組んでいます。