3790件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡市議会 2020-02-10 令和 2年 2月総務委員会−02月10日-01号

虎 雄 君   古川原 直 人 君   桑 原   望 君   関   正 史 君   関   貴 志 君   酒 井 正 春 君   高 野 正 義 君   小坂井 和 夫 君   丸山(広)議長    ────────※──────── 〇説明のため出席した者   水澤副市長       高見副市長   大滝地域政策監     金子危機管理監・                 政策監   小嶋財務部長

長岡市議会 2020-02-10 令和 2年 2月臨時会本会議−02月10日-01号

                               水 澤 千 秋 君   副市長     高 見 真 二 君    教育長     金 澤 俊 道 君   地域政策監・コンプライアンス推進監    危機管理監・政策監           大 滝   靖 君            金 子 淳 一 君   地方創生推進部長渡 邉 則 道 君    総務部長    近 藤 信 行 君   財務部長

新発田市議会 2019-12-24 令和 元年12月定例会−12月24日-04号

──────────────────── 〇説明のため出席した者        市長         二 階 堂       馨        副市長        下   妻       勇        教育長        工   藤   ひ と し        総務課長       鶴   巻   勝   則        人事課長       原       祐   司        財務課長

新潟市議会 2019-12-23 令和 元年12月定例会本会議−12月23日-06号

   こども未来部長   山 口 誠 二      保健衛生部長    野 島 晶 子    経済部長      長 井 亮 一      農林水産部長    二 神 健次郎    都市政策部長    柳 田 芳 広      建築部長      鈴 木 芳 典    土木部長      吉 田 和 弘      下水道部長     大 勝 孝 雄    総務部長      井 崎 規 之      財務部長

新潟市議会 2019-12-19 令和 元年12月19日少子化調査特別委員会-12月19日-01号

◆美のよしゆき 委員  正直,今の財務部を相手にしていると,その理論を通してくれるほど優しくないという印象を持っているので,今の新潟市財政を預かる側と交渉するときに,未来への投資ですと口では言えますが,数値的根拠がないままだと,恐らく全部返されて終わりになってしまうと思います。

長岡市議会 2019-12-19 令和 元年12月総務委員会−12月19日-01号

   望 君   関   正 史 君   関   貴 志 君   酒 井 正 春 君   高 野 正 義 君   加 藤 一 康 君   小坂井 和 夫 君   丸山(広)議長    ────────※──────── 〇説明のため出席した者   水澤副市長       高見副市長   大滝地域政策監     金子危機管理監・                 政策監   近藤総務部長      小嶋財務部長

長岡市議会 2019-12-19 令和 元年12月定例会本会議−12月19日-04号

                               水 澤 千 秋 君   副市長     高 見 真 二 君    教育長     金 澤 俊 道 君   地域政策監・コンプライアンス推進監    危機管理監・政策監           大 滝   靖 君            金 子 淳 一 君   地方創生推進部長渡 邉 則 道 君    総務部長    近 藤 信 行 君   財務部長

新潟市議会 2019-12-18 令和 元年12月18日文教経済常任委員会−12月18日-01号

岩室観光開発株式会社は,もともと旧岩室村と村民700名余の出資により設立した会社であり,地元密着の団体だと言えますが,株式会社でもあり,選定評価項目に財務評価の項目がないことは問題であると考えます。じょんのび館の例もあり,選定に当たっては財務評価もつけ加えるべきと考えます。また,身体障がい者の利用を無料にするなど来場者の増加に努めていることを評価します。

新潟市議会 2019-12-17 令和 元年12月17日市民厚生常任委員会−12月17日-01号

◎折原正法氏 市の財務課の回答と実際の運用が違っています。市及び市民病院に対して適正な予算執行を求めます。法律相談に対する報酬は本当に必要なのか。経費節減の観点からも陳情書に記載した2点について陳情します。 ○伊藤健太郎 委員長  ありがとうございました。  この際,委員の方で説明者にお聞きすることはありませんか。                    

新潟市議会 2019-12-17 令和 元年12月17日総務常任委員会−12月17日-01号

また,それはいつ出てくるのかとの質疑に対しては,市長査定が終わる大体1月中旬から下旬ぐらいでしょうかとの総務部長,財務部長の答弁で,どう工夫されていくかは,今の時点で見えてきません。ですから,時期的に見せることができないのであれば,なおさらのことこういう方向でといった方向感をもっとしっかりと示して説明してもらわないと,頭で理解できたものも説明するにもかなり複雑だとの思いがあって困っています。

長岡市議会 2019-12-17 令和 元年12月総務委員会−12月17日-01号

   ────────※──────── 〇説明のため出席した者   磯田市長        水澤副市長・                 イノベーション推進監   高見副市長       大滝地域政策監・                 コンプライアンス推進監   金子危機管理監・    渡邉地方創生     政策監         推進部長   近藤総務部長      小山総務部参事   小嶋財務部長

新潟市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日市民厚生常任委員会-12月16日-01号

◎日根裕子 こども政策課長  評価結果を見ていただくと,財務状況,・収支計画の部分が少し低くなっていると思いますが,今回の評価会議から公認会計士を評価委員に入れたことにより,結果的に厳しくなりました。ただ,最後の評価会議のコメントでは,財務面についてしっかり事業運営できる体制であるかを見させてもらったとコメントもいただいていますので,こちらの部分は安心してお願いしようとは思っています。

新潟市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日文教経済常任委員会−12月16日-01号

そこの財務状況がどうかが判断の基準になると思うのですが,いかがですか。 ◎内藤晃子 産業政策課長  選定に際しては,共同企業体としてどうかを判断基準としています。 ◆土田真清 委員  では,共同企業体で新潟バイオリサーチパーク株式会社株式会社ブルボンの2社が共同の事業体になっているということですか。 ◎内藤晃子 産業政策課長  委員おっしゃるとおりです。

新潟市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日環境建設常任委員会−12月16日-01号

◆中山均 委員  民法の改正で水道事業者にもいろいろ影響があるというのを見たのですが,財務課から個人的に聞いた限りでは,いろいろ説明はもらいました。例えば消滅時効とか,法定利率はその民法改正で対応中というのを水道協会のホームページで見たのですが,水道局で今回,その民法改正に対する対応が必要ない理由を教えていただけますか。

新潟市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日総務常任委員会-12月16日-01号

豊 島   真  渡 辺 有 子  小 柳   聡  小 山   進         高 橋 三 義  吉 田 孝 志 〇出席説明員  財務課長   渡 辺 和 則  財産活用課長 永 井 康 生  契約課長   古 山 雅 啓  債権管理課長 川 瀬 正 勝  以上のてんまつは会議録のとおりであるので署名する。     

新発田市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日総務常任委員会−12月16日-01号

        青  木  三 枝 子  委員  ─────────────────────────────────────────── 〇欠席委員(なし)  ─────────────────────────────────────────── 〇説明のため出席した者        総務課長       鶴   巻   勝   則        人事課長       原       祐   司        財務課長

新潟市議会 2019-12-13 令和 元年12月13日総務常任委員会-12月13日-01号

最初に,財務部長から総括説明をお願いします。 ◎朝妻博 財務部長  配付資料に基づき,総括説明を申し上げます。  初めに,一般会計補正予算の主な内容について,歳出を中心に説明します。資料,アート・ミックス・ジャパン開催事業は,新潟総踊り祭実行委員会新潟商工会議所が主催するイベントに対し,来年春の開催に向け,共催する本市の負担分として今年度中に必要な広告宣伝費など準備経費を補正するものです。