13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

五泉市議会 2017-06-27 06月27日-委員長報告、討論、採決-03号

本人の許可なく、または実在しない者の名前を使い、領収書等を作成した行為は、有印私文書偽造罪、同行使罪詐欺に、また実際は支出していないにもかかわらず、支出したかのように補助金を不正取得する目的で常習的に行ってきた領収書偽造、改ざんは詐欺に当たる可能性があります。さらに、当委員会における証人尋問において、猪熊豊氏とほかの証人との証言が食い違う部分も散見されており、偽証罪の疑いもあり得ます。  

柏崎市議会 2010-12-09 平成22年第7回定例会(第4日目12月 9日)

刑法第246条、詐欺の規定があります。人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処するということであります。法律専門家は、今回のこの案件は、十分に犯罪の構成要件を満たしていると言っておられます。  もう一度お聞きします。  すべての調査が終わってからというのは、私も理解します。

柏崎市議会 2010-06-21 平成22年総務常任委員会( 6月21日)

ただ、そうは言ってもね、私の聞いたところで、今までに詐欺で告訴・告発をしたとか、しているというふうな話はちょっと聞いていないんです。当局は、これはしたんですか、そこら辺は。 ○委員長荒城 彦一)  今の質問に。 ○委員(佐藤 敏彦)  今回の柏崎の一連の。 ○委員長荒城 彦一)  復興支援室長。 ○復興支援室長(白川 信彦)  その関連については、聞いておりません。

柏崎市議会 2010-03-09 平成22年第1回定例会(第5日目 3月 9日)

○副市長山田哲治)  今ほど、市長が申し上げましたようにですね、あくまでも今回の件につきましては、警察の方で強制力のある、捜査権のある警察の方で調査をし、そして、その上で立件をしてきて、詐欺として立件したわけでございますけども、それ以外の分についてはですね、立件はされてないわけであります。  

柏崎市議会 2010-03-08 平成22年第1回定例会(第4日目 3月 8日)

それから、次に、この被害額が50万円等の報道が誤解を生んでいるんではないかということでございますけれども、今回の公金詐欺事件に関して申し上げれば、高柳診療所医師住宅塀増設工事が、水増しされた不正な金額であることがあらかじめわかっていれば、そもそも、当該工事の執行に係る各種起案に対して、決裁権者決裁をすることがあり得ないので、この工事請負額全体の49万9,800円が詐欺としての被害額になるということであります

妙高市議会 2010-03-05 03月05日-03号

それはそれとして、そして署名簿提出後、私は5名の議員について、もちろん名前は申し上げられませんが、刑事告発、いわゆる詐欺告発するもう段取りは終わっているんですが、すると言っておりました。そのつもりでもおりました。しかし、それについてもやめることにいたしました。御安心ください。

胎内市議会 2009-03-09 03月09日-03号

〔17番 鈴木信雄質問席〕 ◆17番(鈴木信雄君) 私も年をとりまして、今はまあまああれでありますが、若いときはかなり血気盛んなこともありまして、そして詐欺容疑告発されたことがございまして、もちろん私には覚えのないことでございますので、警察にお伺いしたところは、とにかく告訴されるというと原因がどうであれ警察としては捜査せねばならないのだと、そういう義務があるのだというようなことで聞いたのでありますが

胎内市議会 2003-03-04 03月04日-01号

ですから、言い分とすれば、その辺のところを皆さん方にも十分理解をいただき、判断をいただかねばならないことであって、収入役室に入れば全部それは公金だという議論からすると、私はちょうど集めてくるときはアメリカ大学に使いますと、そういって使いながら、そうして使ったときは全然別なところに使っているということであれば、それは町自体はいいかもしれませんけれども、私は完全な詐欺みたいなものでなかろうかというふうに

  • 1