15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

柏崎市議会 2021-03-12 令和 3年産業建設常任委員会( 3月12日)

先ほど私、補助金支援金がというような表現をさせてもらったんですけども、この補助支援金の支給は、今ほど件数をお話されましたけども、何百件もあるわけではないので、その申請から支給まで顔を合わせることなく進むんじゃなくて、今ほども面接という言葉もありましたけども、この辺の第一産業農業の顔の見える関係があるのか、どうなのか。

見附市議会 2019-06-19 06月19日-一般質問-03号

最初に、新潟地区にある旧JA農産物加工センターの新たな施設利用に対しての支援要請があった場合の対応についてですが、現時点において当該生産団体がまだ設立準備の段階で、詳細な貸し借りの条件等についても現在話し合いをしている状況でありますので明確にお答えできませんが、市は野菜づくり応援事業等補助制度を有しておりますので、要件に合致すれば補助支援が受けられるものと思われます。

柏崎市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会議(第11回会議 6月13日)

市としては、地域活動推進の一助として、コミュニティ振興協議会に対して、地域活動のための補助支援を行っております。地域における活動は、それぞれ異なり、地域伝統承継や、人材育成考えた特色ある活動を展開しております。今、議員が御指摘いただいた、それぞれの世代間でいろいろな、ソーシャルビジネスまでは、まだなかなかかもしれませんけど、こういった特色ある活動を展開しておるところでございます。  

長岡市議会 2018-09-12 平成30年 9月建設委員会−09月12日-01号

それにつきまして、当市は緊急に長岡住宅ブロック塀等改修工事費補助支援事業というのが、急遽行われたわけでございます。これについて住宅リフォーム支援事業からの拡充というふうになっているわけですが、これについてちょっとお伺いしたいと思います。 ◎中村 住宅施設課長  今ほどのブロック塀改修支援事業につきましてお話をさせていただきたいと思います。  

上越市議会 2018-03-26 03月26日-07号

補助支援制度を市が用意することにより、マッチングの機会ができるのではないかと考えているとの答弁がありました。  安塚地域産業振興施設管理運営費で、委員から、焼失した雪室についてどうするのかという質疑があり、理事者から、国の地方創生の予算を活用し、雪室状況貯蔵物を見られるように改造していたが、今回の火事で焼失した。

阿賀町議会 2015-03-10 03月10日-01号

大体、補助支援をして、3年もたつとなくなってしまうというのが今まで何カ所もありましたんで、何カ所というか、そういったことばかりじゃないですよ、いろいろな事業に投入してきましたけれども、実を結ばなかった。それは最後まで面倒を見なかったら町なり町村というのが悪かったんだと言われかねないわけですけれども、それはないんですよ、やっぱりね。

長岡市議会 2014-09-18 平成26年 9月産業市民委員会−09月18日-01号

例えば先ほどの3つの柱である補助支援センター、ネットワークの起業支援部分であっても、やはり事業承継でその企業に入るというか、継ぐ人というのは起業家マインドというのが必要になりますんで、そういった部分とマッチングさせるなど事業承継長岡市としてもうちょっと力を入れて進めていくべきだというふうに思いますけれども、お考えをお聞かせください。

阿賀町議会 2011-09-15 09月15日-03号

われてもなかなかわかるようでわからないんですけれども、それはいいんですけれども、それと、例えば全壊で実際に壊す、あるいは全壊ではないのかもしれないんだけれども、この際、住む人がもう高齢で子供さんのところへ連れて行くということで壊した人もいるんですけれども、そのときにも何か、この壊すにも補助金がもらえる、支援なんでしょうけれども、というその認定がその業者の方に見積もってもらって、壊すには幾らかかるというようなことによって、補助支援

妙高市議会 2011-09-13 09月13日-04号

◆10番(吉住安夫) それでですね、今米粉用米生産につきましては8万円の補助金ですか、と生産数量によって買い上げをされているというのがわかるんですが、今8万円のですね、米粉用米飼料用米補助支援が、これがどのように今後変わっていくのかですね、先も読めないというのが実情かなと思うんですが、その辺の今後の見通しといいますかね、課長の御意見で結構ですが、どのようにお考えですか。

長岡市議会 2002-11-07 平成14年決算審査特別委員会(13年度決算)−11月07日-02号

ぜひそういう形でもって、投資に対する本当にシビアなやっぱりその効果というものを追求しながら、より喜ばれるような形の補助支援事業というものをひとつお願いをしたいというふうに考えます。  次に、これもやっぱり補助金という形になるでしょうか、113ページのフロンティアチャレンジ関係ですね。

  • 1