2432件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上越市議会 2021-06-17 06月17日-05号

その中で、行政改革革新度ナンバーワンになったんです。これは平成12年、13年、2か年連続1位になったんです。とてもじゃないけど、1位には簡単にはなれません。その成果の裏には職員です。すばらしい職員に私は恵まれたと今は誇りに思っております。そして、先ほどの橋爪議員とのやり取りの中で、総合計画とかいろんな計画村山市長平成22年頃、3年頃から立ち上げた10本の話がありました。

新発田市議会 2021-05-21 令和 3年 5月臨時会−05月21日-01号

│      │ │         │13 行政改革に関すること。             │      │ │         │14 食の循環によるまちづくりに関すること。     │      │ │         │15 人口減少対策に関すること。           │      │ │         │16 定住促進に関すること。             

新発田市議会 2021-03-25 令和 3年 2月定例会−03月25日-05号

さらに、行政改革では、RPA本格導入AIを使った会議録作成など、腰の重かったICT高度化に向けて本格的に取組をスタートさせております。国のDX戦略の潮流にうまくリンクさせ、行政運営効率化コスト削減という相反する果実を追い求めてほしいと考えています。  以上、様々な意見、所見を申し上げました。

上越市議会 2021-03-22 03月22日-08号

昨年から続く新型コロナウイルス感染症がいまだ収束の兆しが見えず、また当市では今冬の豪雪災害にも見舞われ、市内経済は大変厳しい状況が続き、市の財政をどこまで圧迫するか懸念される中、第6次行政改革取組と第2次財政計画に基づく計画的な行政運営推進され、すこやかなまちづくりを着実に推し進める姿勢を高く評価します。

柏崎市議会 2021-03-19 令和 3年総務常任委員会( 3月19日)

本市は、これまで福祉施設等譲渡民営化学校用務員調理業務委託化ガス事業民営化などの行政改革を進めてまいりました。  総務省データを見ましても、類似団体と比較して遜色のない取組を行ってきたというふうに考えております。しかしながら、一方では、この従来の考え方による民間委託等につきましては、もう、限界が来ているのではないかというふうに思います。

新発田市議会 2021-03-19 令和 3年 一般会計予算審査特別委員会(市長総括質疑)−03月19日-01号

それでは、私のほうから1件なんですが、みらい創造課が今回担当している新しい新規事業業務改善効率化推進事業ということで、これ行政改革の一環でAI会議録システムを入れるという、金額自体もそんなにびっくりするようなものではないということなんですが、これ情報のほうでもRPA化事業がありまして、きっかけは何でRPAを持っているところに一緒にしないのか。

上越市議会 2021-03-18 03月18日-07号

もちろんこの間、行政改革職員適正配置取組、また持続可能な行政基盤の確立と大きな目標の下で職員配置が行われてきたものと思います。現在の市民が目にする職員配置はどのように映っているのか、様々な意見市民の皆様からお聞きしております。そこで、お聞きいたします。  (1)、当市は合併により広大となった面積を限られた職員数で運営しているが、職員数は年々減少傾向にある。

上越市議会 2021-03-17 03月17日-06号

私が議員になった大きな目的は2つ、新水族博物館の建設と行政改革でした。平成16年4月に議員になり、すぐ新水族博物館整備検討委員会が6月に立ち上がりました。4年間基本計画案まで行ったのですが、なぜか平成20年、財源問題で一時休止になってしまいました。リーマンショックの年です。これ話また外れますけども、私は平成21年3月議会、村山市長が多分副市長だったと思いますけれども、木浦市長にこう切り出しました。

新発田市議会 2021-03-17 令和 3年 一般会計予算審査特別委員会(社会文教関係)−03月17日-01号

これまで市が その業務を担っていたのかという部分ですが、外部団体事務局を市が担っている場合には、その団体補助金を出している場合、補助金を出す者、それから受ける者、執行する者、これが全て同じ市の部署の職員になるということで、補助事業透明性、あるいは客観性の確保という観点からあまり好ましくないということで、原則的にはその団体事務局を移すというのが好ましい姿だよねということで、平成19年頃からの行政改革

新発田市議会 2021-03-16 令和 3年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)−03月16日-01号

同じ99ページ、下から2つ目丸印行政改革推進本部懇談会運営事務は、市の行政改革への取組に対し、市民などからご意見をいただく場として設置しております行政改革推進懇談会開催に伴う報酬や費用弁償であります。  その次の最下段の丸印から101ページにわたります上越新幹線活性化同盟会参画事業は、同同盟会への参加負担金であります。  

三条市議会 2021-03-08 令和 3年第 1回定例会(第4号 3月 8日)

行政改革財政改革が喫緊の課題、つまりイの一番に手をつけなければならないことなのです。今回は、前回の指摘事項進捗状況の確認と質問及び提案もさせていただきます。  それでは、質問いたします。大きな表題は3点用意させていただきました。  1点目の大きな表題市役所改革でございます。  内容的には改善改良事項を申し述べます。  まず、1点目、市役所品質の1点目でございます。よく聞いて御答弁ください。

柏崎市議会 2021-03-03 令和 3年 2月定例会議(第 4回会議 3月 3日)

市では、令和2年(2020年)3月に、今後の行政改革の基本的な考えを整理した柏崎市行政改革指針を策定し、指針に基づき行政改革に取り組んでおるところでございます。指針の5つの柱の1つにICT情報通信技術を活用し、最適な業務執行方法を追求しますというものを掲げたところでございます。

新発田市議会 2021-03-01 令和 3年 2月定例会−03月01日-02号

行政改革によるコスト削減市民サービス向上という相反する課題を解決するには、抜本的なIT化が避けられないと考えておりますが、市長の見解を広範に伺います。  1番目です。国は、2025年度までに全自治体の業務システム仕様統一を義務づけておりますが、クラウド化の際に独自仕様を選んだ新発田市の判断は正しかったんでしょうか。  2番目です。

新発田市議会 2021-02-25 令和 3年 2月定例会−02月25日-01号

このことから、新年度より会議等音声データをテキスト化するAIシステムや、紙媒体データ化するAIOCRを導入し、行政改革に向けた取組を押し進めてまいります。  また、ふるさとしば応援寄附推進事業では、アフターコロナに向け、魅力ある返礼品を見いだすとともに、利用者ニーズに合わせて定期便などの手法を引き続き実施してまいります。

上越市議会 2020-12-14 12月14日-06号

市は、より多くの市民の思いに寄り添って、市民納得を得るための丁寧な説明と話合いを通じて、よりよい方策を互いに模索しながらこれからのまちづくり市民の暮らしを考え、その中で公の施設をどう配置していくのかを考えていくことが住民本位行政改革ではないでしょうか。  以上のことから、公の施設適正配置を進めるに当たって、さらに市民納得を得る努力を尽くすことを求めることは当然のことと考えます。