22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

三条市議会 2017-12-13 平成29年第 6回定例会(第4号12月13日)

御指摘のように、空家等対策の推進に関する特別措置法、いわゆる空家特措法規定により、助言指導勧告及び命令といった手続を経ることで行政執行に基づく撤去は可能となります。しかしながら、行政代執行民間等所有者財産を強制的に処分することにほかならず、その執行については極めて慎重な判断を求められるものと認識しております。

柏崎市議会 2017-06-09 平成29年 6月定例会議(第17回会議 6月 9日)

相続放棄されたものは、いたし方ないとしても、空き家AランクBランクの、今のうちから手を打っておかないと、Cランクになったときには、もう建築基準法とか行政執行を使って、是正勧告等を行わないと、結局、もう私は知りませんになって、相続放棄をしてしまうと、もう手の打ちようがないというか、結局最後最後は、行政に責任が来ることになるのかなと思いますので、できればそうならないように、今のうちから、市長の

燕市議会 2015-12-10 12月10日-議案説明・質疑・一般質問-01号

また、代執行の行使につきましては行政執行要件が厳しく定められているため、命令公表、代執行までの手続特定空き家等からの動産を搬出した後の管理方法に関する規定がないため、慎重に取り扱わざるを得ないという状況でございます。さまざまな要件を整理しながら、措置を講じていかなければならないというふうに考えております。  次に、⑤番所有者等実態調査は機能しているか等につきましてでございます。

長岡市議会 2014-09-25 平成26年決算審査特別委員会(25年度決算)−09月25日-02号

◎安部 住宅施設課長  この代執行をした費用につきましては、これは行政執行で当然義務者に対し、文書をもってその納付を命じなければならないということですので、現在その徴収に当たっていると。  それで、今委員からお話がありましたように所有者等負担金は、平成25年度決算では138人分の350万1,840円、収納率にして64.5%であります。

阿賀町議会 2013-12-12 12月12日-02号

執行までやることになるわけでありますが、この第11条の規定による命令を受けた者が、6ページになりますけれども、これを履行しない場合において、他の手段によってその履行を確保することが困難であり、かつその履行を放置することが著しく公益に反すると認められるときは、行政執行によってみずからの必要な措置を行いまたは第三者にこれを行わせ、その費用当該管理義務者から徴収することができるというふうに定めるものでありますし

小千谷市議会 2013-03-14 03月14日-02号

条例には、空き家等に適正な管理を求め、必要な場合は適正な管理を講ずる旨の勧告命令公表規定されておりますが、行政執行に基づく措置規定したものは一部の自治体に限られております。また、行政執行に基づく措置執行する場合の個人の所有財産権の問題、固定資産税の問題及び行政訴訟等課題が考えられるところであります。   

三条市議会 2012-09-27 平成24年第 5回定例会(第6号 9月27日)

また、緊急を要する場合は公費投入もあり得るのか、との質疑に対し、行政執行では非常の場合または危険切迫の場合において、当該行為の急速な実施について緊急の必要があり、いろんな手続をとるいとまがないときは、その手続を経ないで代執行をすることができると規定されているため、そういったことも可能だと考えているが、実態を見た中で判断していく必要があるのではないかと考えている、との答弁がありました。  

三条市議会 2012-09-13 平成24年市民福祉常任委員会( 9月13日)

私どもが最終的に行おうとしております行政執行に基づいての代執行についても、例えば行政執行の第3条第3項の中で、非常の場合または危険切迫の場合において、当該行為の急速な実施について緊急の必要があり、いろんな手続をとるいとまがないときは、その手続を経ないで代執行をすることができると、これが規定でございます。

柏崎市議会 2012-09-11 平成24年第5回定例会(第2日目 9月11日)

条例内容につきましても、第1号である所沢市の条例では、行政代執行について、明確な条文はなかったと思われますが、時間の経過の中で少しずつ変化し、秋田県の大仙市などでは、行政代執行について、明文化してあり、見附市の条例では、第12条におきまして、行政執行の定めるところにより、みずから必要な措置を行い、または、第三者にこれを行わせ、その費用当該管理義務者から徴収することができる、となっており、第16

三条市議会 2012-09-07 平成24年第 5回定例会(第2号 9月 7日)

今回御提案をさせていただいております条例におきましては、第11条におきまして「第9条の規定による命令を受けた者が当該命令に従わない場合において、他の手段によってその履行を確保することが困難であり、かつ、その不履行を放置することが著しく公益に反すると認められるときは、行政執行の定めるところにより代執行を行うことができる」と規定させていただいているところでございます。  

三条市議会 2012-07-23 平成24年市民福祉常任委員協議会( 7月23日)

同じように、命令が出た後も命令後1カ月以内に撤去してくださいというような期間になるのかなと考えておりますし、また代執行までいくとなりますと行政執行上の規定がいろいろございまして、執行前に期限を定めて戒告をしなさいとか、それから代執行令書を通知しなさいとか、手続としてそれぞれ定められております。

見附市議会 2012-06-08 06月08日-議案説明、委員会付託-01号

第12条の代執行におきましては、本条例規定する対策に係る手段のほか、他の法令等手段によってその履行を確保することが困難であり、かつその不履行を放置することが著しく公益に反すると認められるときは行政執行に基づく対応を想定してございます。  第13条、警察等その他の関係機関との連携につきましては、必要に応じ警察消防等関係機関と緊密な連携をとる旨を定めたものであります。  

長岡市議会 2009-03-09 平成21年 3月定例会本会議-03月09日-02号

加えて第11条では「改善命令履行しない場合は行政執行を適用する」という大変厳しい内容となっております。  本来なら市民を規制する条例はつくらないほうがいいのは当然であります。しかしながら、問題が起きたときの対処の難しさ、解決に多大な時間と労力を必要とすることを考えますと、このことについても検討しておく必要があると考えます。見解をお伺いいたします。  

柏崎市議会 1998-12-09 平成10年第5回定例会(第3日目12月 9日)

仮に、仮にといいましょうか、廃棄物処理法に基づきますと、仮に不法投棄を行った実行者に対して、現状回復措置命令が下されたけれども、実行者が、この命令に応ずることができない、あるいは、見込みがないという場合には、別の行政執行に基づく強制措置という手法も、これまではあったわけであります。

  • 1
  • 2