66件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2020-02-19 令和 2年 2月19日文教経済常任委員会-02月19日-01号

あわせて、松くい防除対策事業についても、伐倒薫蒸の処理が翌年度に及ぶため、繰越明許費の設定をお願いするものです。 ○志賀泰雄 委員長  ただいまの説明質疑はありませんか。 ◆土田真清 委員  松くい虫の関係でお尋ねします。  今回2月補正という形ですが、全額繰越しなので、普通は新年度予算で要求すると思います。

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日文教経済常任委員協議会-06月14日-01号

6ページ,松くい防除対策事業です。松くい虫の被害を防ぐために,無人ヘリによる予防や伐倒駆除を行い,保安林機能維持に努めます。  次に,林地台帳システム運用事業です。持続的な林業経営推進支援するために,林地台帳システム整備運用を行います。  7ページ,森林環境譲与税活用基金積立金です。今年度新たに創設された森林環境譲与税森林環境譲与税活用基金に積み立てるものです。  

新潟市議会 2018-06-14 平成30年 6月14日文教経済常任委員協議会-06月14日-01号

6,松くい防除対策事業は,拡大する松くい虫の被害を防ぐため,無人ヘリによる予防や伐倒駆除を行い,保安林機能維持に努めます。  続いて,6ページ,農業活性化研究センター所管分です。1,農産物高付加価値化推進事業は,付加価値の高い商品開発を図るため,農産物のさまざまな機能性成分に着目し,科学的根拠を裏づけとした調査研究に取り組みます。

新潟市議会 2018-02-19 平成30年 2月19日文教経済常任委員会−02月19日-01号

今ほど説明した減額する松くい防除対策事業に係る2つの県補助金について合計で2,579万1,000円を減額するものです。  続いて,2,繰越明許費補正です。水産物供給基盤機能保全事業のうち,西区新川漁港内での護岸工事において,工事施工方法の変更に伴う河川管理者との調整に日数を要したことと天候不良が重なりまして,今年度内の工事完了が難しいことから,繰り越しをお願いするものです。

新潟市議会 2017-06-14 平成29年 6月14日文教経済常任委員協議会-06月14日-01号

1,松くい防除対策事業は,松くい虫の被害を防ぐため,引き続き薬剤散布や伐倒駆除などを行い,保安林機能維持に努めます。  2,新潟水産業振興支援事業は,新潟漁協整備する急速凍結庫を併設した冷凍保管施設建築費への補助を行い,活動支援することによって本市の水産業振興を図ります。  3,水産物供給基盤機能保全事業は,漁港施設長寿命化を図るための機能保全計画に基づき,保全工事を行います。

新潟市議会 2016-10-05 平成28年決算特別委員会第2分科会−10月05日-05号

農業費県補助金のうち最初保全松林健全化整備事業補助金森林病害虫等防除事業費補助金は,松くい防除対策事業に対する補助金です。  次に,水産業費県補助金漁港整備事業費補助金は,市営の新川,松浜,巻の3漁港整備に係る補助金です。水産業強化対策整備交付金は,歳出でも説明した新潟漁業協同組合が建設を進めている水産鮮度保持施設に対する補助金です。  

新発田市議会 2016-09-09 平成28年 一般会計決算審査特別委員会(経済建設関係)-09月09日-01号

次の緊急松くい防除対策事業は、平成25年度から被害拡大防止に向け緊急対策として実施してきたもので、発生源とされる範囲ゴルフ場民家庭先まで広げ、伐倒駆除を行ったものであります。  5つ下林道維持管理事業は、林道維持修繕工事等に要したものであります。  

新発田市議会 2016-03-07 平成28年 3月 7日経済建設常任委員会−03月07日-01号

めくりまして、76、77ページ、6款2項2目林業振興費説明欄最初の松くい虫防除事業と、次の緊急松くい防除対策事業は、対策費用の確定に伴う減額であります。  次のさくら森林組合支援事業は、さくら森林組合組織強化木材搬出などの事業拡大を計画しており、出資金を増資するものであります。  

新潟市議会 2015-12-01 平成27年12月定例会本会議−12月01日-01号

松くい防除対策事業について,適時適所に松くい虫の予防駆除を行うとともに,枯れ松の伐倒後は積極的に植林されたい。  新川漁港について,堆砂のしゅんせつ自然相手ではあるが,漁協と話し合い,限られた予算の中で効果的な方法を検討されたい。 (区役所)  各区特色ある区づくり事業では,一定の努力が行われ,地域産業の掘り起こし,活性化などの萌芽がみられる。

新発田市議会 2015-09-25 平成27年 9月定例会−09月25日-04号

担当課長等説明を受けた後、質疑に入り、最初佐藤真澄委員から松くい虫対策事業について、26年度状況と今後の展望について質疑があり、大滝農林整備課長からは、26年度の伐倒木は2万8,082本で、緊急松くい防除対策事業として家庭の庭先での伐採は564本と、合計2万8,646本という実績で、被害状況については減少傾向にあると判断しており、この秋現場調査をして、それを反映した28年度以降の予算となるとの

新発田市議会 2015-09-09 平成27年 一般会計決算審査特別委員会(経済建設関係)−09月09日-01号

次の緊急松くい防除対策事業は、被害拡大防止に向け、平成25年度から緊急対策として実施しているもので、発生源とされる範囲ゴルフ場民家庭先まで広げ、伐倒駆除を行ったものであります。  次に3つ飛びまして治山事業であります。土砂災害等により人家等に影響を及ぼすおそれのある危険箇所対策工事を実施したものであります。  

新発田市議会 2015-03-25 平成27年 2月定例会-03月25日-05号

井畑委員は、緊急松くい防除対策事業における被害木駆除方法について質疑し、担当課長からは、先着順を考えており、4月最初の「広報しばた」を利用して受け付け開始日をお知らせして進めるよう準備しているとの答弁があり。  渡部良一委員は、農林水産業費の対前年比26%アップに対し、重点課題であるとした産業振興商工費は14%ダウンしている。

新潟市議会 2015-03-20 平成27年 2月定例会本会議-03月20日-09号

松くい防除対策事業について,  伐倒の際に切り残した松が多く見られる。現場を確認し,しっかりと対応されたい。  新潟発わくわく教育ファーム推進事業について,  児童生徒食育花育センターを活用して学習することはよいが,行政が学校へ強要することがないよう配慮されたい。 との意見,要望がありました。  

新発田市議会 2015-03-19 平成27年 一般会計予算審査特別委員会(経済建設関係)-03月19日-01号

次の緊急松くい防除対策事業は、一刻も早い鎮静化に向け、庭木や神社仏閣等において被害木を徹底的に駆除するとともに、市内5つゴルフ場が実施をする対策支援を緊急的に行うものであります。  めくりまして、206、207ページをお願いをいたします。説明欄最初林業振興支援事業は、キノコ生産者コスト低減品質向上に向けた機械設備の導入に対し、助成を行うものであります。  

新発田市議会 2015-03-09 平成27年 3月 9日経済建設常任委員会−03月09日-01号

次の緊急松くい防除対策事業は、豊浦地区ゴルフ場につきまして、被害木数が当初見込みよりも少なかったことによる減額であります。  歳出は以上で、次に歳入であります。20、21ページをお開き願います。18款2項5目農林水産業費県補助金、4節、説明欄民有林造林事業県補助金は、松くい虫被害による伐倒駆除拡大に伴う増額であります。

新潟市議会 2014-12-02 平成26年12月定例会本会議−12月02日-01号

松くい防除対策事業について,適時薬剤散布と,枯れ松の速やかな伐倒に努められたい。伐倒した松の処理については,ペレット化などの有効活用策についても検討されたい。過去2年間の防除中止により,被害平野部全体に拡大したことは大きな損害である。海岸林保全だけでなく,広く市民にも防除方法等を周知されたい。

新潟市議会 2014-10-21 平成26年決算特別委員会−10月21日-04号

松くい防除対策事業について,適時薬剤散布と枯れ松の速やかな伐倒に努力されたい。伐倒した松の処理については,ペレット化などの有効活用策についても検討されたい。  過去2年間の防除中止により被害平野部全体に拡大したことは大きな損害である。  海岸林保全だけでなく,広く市民にも防除方法等を周知されたい。との意見がありました。