17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新発田市議会 2020-03-27 令和 2年 2月定例会−03月27日-05号

常任委員会は10月8日から9日までの2日間、東京日野市でICTを活用した教育推進について、埼玉草加幼保小中教育連携についてを執行部から萩野学校教育課長も同行し、行政視察を行いました。  日野市では、平成16、17年頃、教育委員会、市長部局が教育現場でのICT活用必要性を強く認識し、主要施策としてICT活用教育推進することとしました。

柏崎市議会 2017-06-08 平成29年 6月定例会議(第16回会議 6月 8日)

例えば、具体的に申し上げるならば、ドナルド・キーン先生を中心とした御縁で、草加にもお越しいただくよう、御案内をさせていただきました。また、先般の市長会でお目にかかった、ものづくり元気発信課が関連を持っておりました富士宮の方々にも、花火はともかく、一度柏崎にお越しくださいと申し上げたり。それから、今回、市長会の会長になられた防府市の松浦市長

上越市議会 2015-09-24 09月24日-06号

一方、職員が少ないところ、36位、熊谷、40位、草加これも、1,000から1,000割っています。熊谷はほとんど人口上越市と一緒。でも、面積のほうが6分の1なんです。それから、草加のほうは人口は4万3,000ほど多いんですが、面積は何と36分の1ぐらいになっています。こういう背景があって職員が決まってきているんです。上越市はやっぱり特異なんですよね。それは、皆さんもお認めになっている。

上越市議会 2014-12-11 12月11日-04号

神奈川県大和市、千葉県船橋市、浦安市、埼玉県三郷市、草加、山口防府市、大阪府松原市、兵庫県宝塚市、愛知県尾張旭市、岡山県笠岡市、そして北海道釧路市、こういったところがセブンイレブンとでありますけど、これセブンイレブン本部とお話しさせていただきましたけども、これがセブンイレブン契約をしている。この市それぞれは、セブンイレブン以外とも契約をしているところもあります。  

柏崎市議会 2012-09-11 平成24年第5回定例会(第2日目 9月11日)

このいじめ問題自体はですね、いじめという、学校でやったからいじめと簡単にくくりますけど、例えばですね、ことしの4月に、草加の中学校で、校舎から飛びおりろと言って、いじめをやった生徒がいました。おどされた生徒はですね、校舎から飛びおりまして、腰椎骨折、つまり背骨の骨折ですね。一生涯残るであろう障害を負うかもしれない事故を負ったと。

三条市議会 2012-09-10 平成24年第 5回定例会(第3号 9月10日)

埼玉草加消防本部では、消防バイク通称赤バイ初期消火被害情報収集効果があるとして、2005年3月から3台導入されています。昨年の東日本大震災の発生当日には、渋滞時の中、走行可能な機動力を生かして幅広く活躍し、次々に飛び込んでくる119番通報の対応に追われる中、午後4時ごろから署員3人が消防バイクで1時間にわたって市内を巡回し、被災状況の把握に貢献したということであります。  

上越市議会 2008-03-24 03月24日-06号

市町村では、横浜市、志木市、草加、滝沢村などの改革が有名です。それでも全国市町村の大部分は余り行政改革が進んでいない状況にあります。  国も地方も公務員の組織老齢期に入り、組織疲労極限状態にあるため、改革ウルトラDクラス難易度であります。その一方では分権時代を迎え、国民や市民顧客であり、顧客のニーズにこたえることが行政の使命となりました。

柏崎市議会 2006-12-12 平成18年第4回定例会(第3日目12月12日)

米を通して、子供地域や、かかわりを持つことの教育的意義、心身の成長及び人格の形成という点では、全国にも例があり、埼玉草加では、特産の枝豆学校給食に出すようになってからは、それまで、子供たちが畑に石や空き缶を投げ入れていて困っていたそうです。しかし、学校給食に、その枝豆を出し、これは、市内のどこどこの農家でとれた枝豆ですと伝えるようになってからは、そんなことは減ったそうであります。

妙高市議会 2005-06-14 06月14日-03号

一例を申し上げますと、埼玉草加ではコンビニ納税による取り組みが、大きな効果を上げているとの情報があります。草加では、県市民税固定資産税軽自動車税でのコンビニ納税平成16年度からスタートさせたところ、この利用件数が5万4121件に上がったとのことです。これは、全体の10.8%、金額にすると約8億円がコンビニを通して収納されたことになったとのことです。

新発田市議会 2004-03-24 平成16年 3月定例会−03月24日-05号

まず、調査課題並びに調査先として、一つ行政評価システムパートナーシップまちづくり事業について、埼玉草加役所、二つ、地域コミュニティ推進について、東京三鷹市役所、三つ、東京三鷹市の三鷹森ジブリ美術館視察を行ってまいりました。調査期日は、10月15日から10月16日の2日間で実施したところであります。

胎内市議会 2003-06-19 06月19日-01号

〔5番 小野康男質問席〕 ◆5番(小野康男君) ただいま議長から指摘ございましたが、当初の1、2の案件と重なることでございまして、私も議事進行ということであえて削ったのでございますが、ただ問題なのは、一つの事例でございますが、挙げて申し上げるならば、税収がなかなか伸びないと、厳しいと、それで近郷の例をとると語弊がありますので、私埼玉草加の例を一つ取り上げてご検討賜りたいと思うのでございますが、

上越市議会 2000-09-26 09月26日-03号

埼玉県の草加では、この9月の議会で訪問介護訪問入浴、デイサービス、デイケアなど、何と12種類のサービス利用者負担を1割負担から3%に軽減することを提案しました。対象は住民税の非課税など、所得の低い保険料徴収区分の第1段階、第2段階の方で、該当するのは310人の見込みだそうです。草加小澤市長は、これが一番いい方法だろうということで予算措置をしたと言います。

十日町市議会 1987-06-16 06月16日-市政に対する一般質問-03号

余裕教室利活用のアイデアなんですが、社会教育施設への転用として、埼玉県の草加では世代間交流施設として余裕教室を利用しています。それは、時間的な短期間ではなく、また授業の中の1こまということではなく、余裕教室を改修し、地域高齢者が触れ合い学習し、また地域子供たちとの世代間交流を行う生涯学習施設として活用されております。

  • 1