357件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日文教経済常任委員会-06月26日-01号

地方創生推進に向けた提案・要望として,まちづくりの観点から9番,日本海側エネルギーインフラ整備と,ひと・しごとづくりの観点から27番,創業促進に資する支援施策の拡充から30番,航空産業の新たな集積地に向けた整備への支援までについて要望します。いずれも昨年度と同様の項目となっています。  初めに,22ページ,9番,日本海側エネルギーインフラの整備です。

新潟市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会本会議-06月24日-05号

さらに,経済を活性化させるため,既存産業の生産性向上など高度化を図りながら,航空産業やIT産業などの成長産業を支援するとともに,現在8区で進めている,新たな工業用地の創出支援や企業誘致の強化を図ります。  これらの取り組みを着実に一歩一歩進めていくことで,住みよいまち,暮らしたいまち新潟を実現していきます。                

新潟市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会本会議−06月21日-04号

雇用が生まれ活力があふれる拠点の実現に向けては,既存産業の生産性向上や,航空産業などの成長産業育成を図るとともに,優良企業の誘致や創業,起業の支援を推進してきました。一方,若者の定着率向上のため,今年度は中小企業の採用から定着までの一貫した取り組みを支援するほか,中小企業に就職する方へ移住支援金を支給するなど,地元就職を促進します。  

新潟市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会本会議−03月22日-09号

一方,航空産業などの成長産業の支援も必要であるが,既存の中小企業支援の強化に力を入れるべきであることから,反対する。  中小企業・小規模事業者への支援について,  事業継承を専門家に相談できる機会の充実に期待する。  中小企業では,ビッグデータの活用が難しいことから,活用の基盤づくり,組織づくりを検討すべき。  

新潟市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日文教経済常任委員会−03月18日-01号

航空産業などの成長産業の支援も必要なことですが,既存の中小企業支援の強化に力を入れるべきです。  農林水産部について,'18年度から創設された元気な農業応援事業は,米から園芸に切りかえるための事業ですが,中小農家からはメニューは大規模農家に限られるとの不満が出ており,小規模農家も活用できる支援策を充実させるべきです。  以上の立場から議案第1号に反対します。  次に,意見,要望を申し上げます。

新潟市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日市民厚生常任委員会−03月11日-01号

次の法外援護費の支給は,小・中学校への入学祝い品や中学校卒業祝金のほか,航空騒音対策として設置されたエアコンの電気料の一部を助成するものです。  続いて歳入について説明します。1ページ,歳入総額は132億6,700万円余で,前年度に比較し3億4,750万円余,約2.6%の減となっています。主な要因は,生活保護費負担金の減によるものです。  主な項目について説明します。

新潟市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日環境建設常任委員会-03月08日-01号

騒音の監視は,一般環境自動車新幹線航空の騒音調査に要する経費です。  次に,歳入です。4ページ,第18款2項2目衛生手数料,第1節保健衛生手数料,浄化槽関係の営業登録手数料です。  次に,第19款2項3目衛生国庫補助金,第1節保健衛生国庫補助金,循環型社会形成推進交付金は,浄化槽の設置に係る国からの補助金です。  

新潟市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会本会議−03月05日-06号

利用者の傾向については,昨年,北陸信越運輸局が実施した調査によると,これまで比較的航空利用の少なかった20代,30代の女性の割合が多く,新しい需要を取り込んでいます。また,観光目的の利用者の約75%が市内に宿泊しており,2018年の市内宿泊者数増に寄与しています。加えて,既存の大阪伊丹線の利用者数も増加しており,LCC就航は新潟の交流人口拡大,地域活性化に寄与していると考えています。  

新潟市議会 2019-03-04 平成31年 2月定例会本会議−03月04日-05号

こうしたことから,新年度予算でもお示ししているとおり,中小企業の生産性向上に向けた設備投資補助や販路拡大,新製品開発など,新事業の展開に対する支援を実施するとともに,ITや航空を初めとした成長分野の育成のほか,企業を呼び込む体制を強化し,さらなる企業立地を図ることで,新たな雇用の場,魅力的な雇用の場を創出するなど,市民所得の向上に寄与する産業振興に取り組んでいきたいと考えています。                

新潟市議会 2019-02-19 平成31年 2月定例会本会議−02月19日-01号

成長産業育成を図るため,航空部品を地域内で一貫受注し生産する体制づくりへの支援や,海外メーカーからの受注獲得に向け,技術の高度化を支援していきます。また,中小企業の活性化に向け,既存産業の生産性向上に資する設備投資への補助や,事業承継に関する支援を行うほか,新事業への展開や創業につなげる支援を行うことで,経済活力と魅力的な雇用を創出していきます。  

新潟市議会 2019-02-19 平成31年 2月定例会本会議−02月19日-目次

環境健康都市の実現について     (1) 新たなにいがた交通戦略プランについて     (2) 働きがいのある新潟地域創造事業について    6 創造交流都市の実現について     (1) 新潟都心都市デザインについて      ア 新潟駅周辺地域の整備について      イ 古町地区活性化に向けた官民連携のまちづくりの検討について     (2) 観光による交流人口拡大について     (3) 航空産業

新潟市議会 2018-12-13 平成30年12月定例会本会議−12月13日-05号

販路の拡大,新製品の開発,設備投資の促進など,中小企業の生産性向上に向けた取り組みへの支援や,航空産業,IT産業など成長産業育成,複合営農を初めとしたもうかる農業の推進や,開港150周年を皮切りとした交流人口の拡大など,本市の強みを生かしながら,中小企業地域外から稼ぐ力を高めていきたいと思います。  2つ目の柱は,人への投資です。

新潟市議会 2018-12-12 平成30年12月定例会本会議-12月12日-04号

若者が魅力を感じ,就職する場として選択されるよう,既存産業の高度化や,航空産業などの成長産業育成,IT技術を活用した新産業の創出支援を行うなど,人と産業への投資を進め,経済活力を生み出し,魅力ある雇用を創出します。  また,新潟の町の活性化には,クルーズ船のさらなる誘致や,航空路線の新規開設による外国人誘客を促進するなど,交流人口の拡大が欠かせません。

新潟市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会本会議−12月11日-03号

そのため,中小企業の生産性や地域外から稼ぐ力を高めていただけるよう,積極的に支援するとともに,ITや航空を初めとした成長分野の育成のほか,企業を呼び込む体制を強化し,さらなる企業立地につなげます。また,創業,起業を目指す意欲あるチャレンジを官民一体となって支援するなど,元気なまち新潟の実現に力を入れていきます。  雇用の創出や税収増を図る上では,企業ニーズに沿った立地場所の確保も重要です。