778件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三条市議会 2019-12-11 令和元年経済建設常任委員会(12月11日)

○(坂井良永委員) 農地も中にあるということですけども、農家の方とか、あるいは下流域で、この大面川ってずっと福島のほうから来ていますので、このすぐ北の北潟や大面の自治とか地権者等から反対まではいかないけども、異論とかってなかったんでしょうか。 ○(太田建設課長) 現在のところ、対象となる自治の方々にこの大面川氾濫対策事業という大きな枠組みで説明させていただいています。

三条市議会 2019-12-09 令和元年第 4回定例会(第5号12月 9日)

市では、平成25年度から北五百川、中浦、森町等の自治が行う緩衝地帯の整備に対して支援を行っております。この整備により猿による農作物被害が減少し、ことしも継続して実施することにより、熊に対しても出没抑止効果はあるものと考えているところでございます。  次に、有害鳥獣捕獲担い手緊急確保対策事業についてでございます。

三条市議会 2019-12-05 令和元年第 4回定例会(第3号12月 5日)

また、場所についてはやっぱりどこどこと具体的なものがないと、せっかく防災無線を使っても、効果は薄くはないけども、でもやっぱり受け取る側は自分の近間で出たんだということと、チラシも当然あれなんですけども、大体チラシは自治経由で配っているんです。私もことし班長なんで、来ると配るんですけども、気がつくのが遅いと、夕方とかは仕方がない、あしたの朝とかと言っておくれる場合があるんです、実際問題として。

長岡市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会本会議−12月03日-02号

改めて国・県、企業自治など各機関との連携を深め、災害の発生を前提に起こり得る状況を想定し、いつ、どのような防災行動を誰が行うかを時系列にまとめた避難行動計画、いわゆるタイムラインを作成すべきと考えますが、市の考えをお聞かせください。  2つ目は、防災意識社会の構築と避難行動開始のきっかけづくりについてです。

新発田市議会 2019-09-27 令和 元年 9月定例会-09月27日-05号

自治との連携ができているのかの質疑に、メンバー構成は、専門医地域包括支援センターの保健師、看護師などである。委託先は専門医である。地域との連携については、認知症支え合いメイト養成講座などを行っているとの答弁があった。  成年後見制度利用支援事業についての質疑に、弁護士委託しているが、今後は市民後見人の養成も行っていきたいとの答弁があった。  

新発田市議会 2019-09-20 令和 元年 一般会計決算審査特別委員会(市長総括質疑)−09月20日-01号

各種検診の検診率向上と保健自治のかかわりについての質疑に、母子健診の受診率が非常に高くなっている。がん検診あるいは特定健診は、職場での人間ドック、かかりつけ医師で受ける機会があるため、市のがん検診は7.6%である。例年2月に申し込み調査を配布しているが、未提出者が2万3,000人あり、再通知している。回収率の向上を目指している。以前は、保健自治の方が個別にアンケート回収していた。

三条市議会 2019-09-19 令和元年決算審査特別委員会( 9月19日)総務文教分科会

組織ができているとしても、自治が一緒になってやって、自治役員名簿だけの自主防災組織にはなっているけれども、ふだんの活動という点でいうと、ほんの名目だけで活動は余りやっていないし、訓練もやっていないというところが結構多いと思うんです。そういう点では、組織率も余り進んでいないけれども、活動内容が伴っているのかどうかという点ではどうでしょうか。

三条市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会( 9月18日)経済建設分科会

相手先といたしましては、地区の自治へお願いしています。 ○(横山一雄分科員) 答弁ありがとうございました。けど、15日に大崎総鎮守中山神社の秋の大祭がありまして、総代の方から麻布谷黒水線の麻布の湯から上のほうの除草、草刈りどうなってるんだと言われました。あそこにすばらしい自動車道1級の看板まで立てているわけでしょう。

新発田市議会 2019-09-18 令和 元年 9月18日社会文教常任委員会−09月18日-01号

本当に認知症、これからまた高齢者人口ふえていく中で非常に大事な部分だと思うんですけれども、例えば地域で徘回といいますか、1人でちょっと行方不明になってしまったとか、こういう事例を見かけたりするケースもあろうかと思うんですが、発見した方と例えば家族とで、この初期集中支援事業の中でどんなような対応、自治との連携ができているのかという部分をお聞きしたいと思うんですが、3点ほどお願いします。

三条市議会 2019-09-13 令和元年総務文教常任委員会( 9月13日)

○(岡田竜一委員) これはとっても大事な制度だと思うんですけれども、消防もなかなか大変だと思いますので、市民自治などに公表する制度になったという周知は必要ではないかと思いますけれども、その辺はどのようにお考えですか。 ○(韮沢消防本部警防課長) 市のホームページを通じまして、公表制度について皆さんに周知を行っていきたいと考えております。

新発田市議会 2019-09-13 令和 元年 9月定例会−09月13日-04号

日本語が通じなくて大変な思いをしているんじゃないかなと、また子供たちも同じように日本語が通じなくて、いつ電気がつくんだろうかとか、食べれないものもあるしなというふうなさまざまな思いの中で暮らしていると思うと、なかなか心が痛い状況でございますが、災害に遭われたとき外国人はどうするんだろうかというふうなことで、新発田ではたしか初めて在住外国人防災セミナーというのを今月の29日に行うということで、本当に自治

新発田市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会−09月11日-02号

なお、私たちの地域の七葉小学校では、大方毎月7日と8日には、朝の通学時間に校長先生を初めとして地域自治の関係者の皆さんと全校生徒と一人一人笑顔でタッチと挨拶をしております。ささやかな運動ではありますが、礼で始まる爽やかな挨拶教育はお互いに気分が晴れ晴れするものであります。それこそがコミュニティスクールの礎ではないでしょうか。

新発田市議会 2019-09-10 令和 元年 一般会計決算審査特別委員会(経済建設関係)−09月10日-01号

めくりまして、210、211ページ、1つ目の丸、河川維持管理事業は、新発田川及び調整池などの清掃、除草や新潟県から委託を受けた1、2級河川の草刈りを自治、農家組合土地改良区など32団体委託して実施したものであります。また、河川維持工事費については、新発田川や新井田川の護岸等の修繕工事に要したものであります。  216、217ページをお開きください。

三条市議会 2019-09-09 令和元年第 3回定例会(第4号 9月 9日)

具体の場所については、各自治から相談があったら現場を確認し、対応していただきたいと思います。  また、自治は市に要望することばかりではなく、もっと地域に関心を持つべきだと考えております。先日の集中豪雨の際には、もっと自治地域の水路等の状況をよく把握して管理していれば、冠水被害などがなかったところもあると考えられます。

新発田市議会 2019-09-06 令和 元年 一般会計決算審査特別委員会(総務関係)−09月06日-01号

上から2つ目の丸、文書配布等事務につきましては、各地域文書配布に要した経費で355の自治等への業務委託料が主なものでございます。  1つ飛びまして、市長活動事業につきましては市長交際費に要する経費で、次の市長会参画事業につきましては全国市長会、新潟県市長会等への負担金が主なものでございます。