626件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2020-12-17 12月17日-02号

本市の人口は戦後急増し、設備投資主導型と言われる第一次高度経済成長期まで緩やかに増加が続きました。その後、人口は3.6万人前後で安定していましたが、いわゆるバブル経済崩壊後に減少が始まり、合併した平成17年以降はその傾向が加速しています。これは、人口減少社会に突入したと言われる全国平均よりも少し早いペースです。

見附市議会 2020-12-11 12月11日-03号

終わりを告げた平成の30年を振り返ってみますと、平成とは、失われた10年が失われた30年になってしまったと言ってよいほど、経済成長が実現しなかった停滞の30年と思われる。さらに、今後を見通すと、去る10月1日に10%に引き上げられた消費税率負担増米中貿易摩擦などによる景気低迷の懸念が拭えない状況が続くと危惧される。

小千谷市議会 2020-09-19 09月19日-02号

しかし、高度経済成長期をモデルとした働き方や家族のあり方地方と都市のあり方教育や子育て、介護あり方が、現在の空前の超少子高齢化社会の中では成り立たず、さまざまな分野貧困格差、長時間労働の弊害が拡大し、地域生活が疲弊し、人と人とのきずな、社会持続性そのものが分断されている現状があります。   

長岡市議会 2020-06-16 令和 2年 6月定例会本会議-06月16日-01号

少し古い記事でありますが、5月18日付の毎日新聞では、地方が先を行く時代とし、困難に直面した自治体対策を急ぎ、国がそれを学んで国策を整えるという前例は、1960年代の高度経済成長時代公害対策であったと指摘をしているところであります。  そこで、1番目の質問は、新型コロナウイルス対策についてであります。

胎内市議会 2020-03-09 03月09日-02号

貧困、飢餓、保健衛生教育といった目標がある一方、地球温暖化生物多様性、持続可能なまちづくり、雇用と経済成長、クリーンなエネルギーなど、日本を含めた先進国が率先して取り組むべき目標が多数含まれています。目標1の貧困をなくそうから目標17のパートナーシップで目標を達成しようまであります。これらの目標を達成することで持続可能な世界を実現し、地球上の誰一人取り残されないことを目指しています。

長岡市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会本会議−03月06日-03号

また、近年の世界的な脱化石燃料社会の動きの中で、持続可能な産業振興経済成長を実現するバイオエコノミーが注目を集めており、医療分野をはじめ、農業や工業分野など、様々な分野での広がりが期待されています。このバイオエコノミーに関する技術にも発酵のメカニズムを活用したものが多く、さきに述べたような長岡地域資源を十分に生かすことのできる長岡ならでは産業振興につながると感じております。

柏崎市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会議(第25回会議12月11日)

ずっと経済成長路線のときには、大きいことはいいことだという、そういうコマーシャルを毎日やってました。それで育った我々ですよ。でも、これからは、どうでしょうか。小さくてもいいことだと、あるいは、小さいほうがいいこともあるよというふうに、発想転換していく必要があるかな。先ほど申し上げましたように、人口減少が継続する事実をしっかり受けとめて、どう発想転換していくかが大事だと思います。  

妙高市議会 2019-12-06 12月06日-03号

それなのに、あなたたちはお金や永遠の経済成長という信じられないおとぎ話ばかり。よくもそんなことができますね」と告発しています。このようなことから、非常事態宣言を出すという運動が世界的に始まっています。長崎県の壱岐市では、国内で初めての非常事態宣言を出しています。このようなことも踏まえ、気象問題について気象庁へのお任せだけではなく、それぞれの地域に即した対応が必要不可欠の課題となってきています。

新発田市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会−09月11日-02号

この労働力人口は国の経済成長を推測する指標の一つで、全国では労働力人口は5年連続増加しており、今後10年は安定した高水準で推移すると予測されています。これは、労働力における高齢者の割合が上昇し続けている要因であるそうです。これまで労働に参加していなかった主婦や学生、高齢者なども労働に参加するようになったことを意味します。  

阿賀町議会 2019-09-06 09月06日-02号

まず最初の、みずからが考え行動する力ということに関しましては、まず職場の観点から見ますと、例えば高度経済成長期には、企業の一員として、その企業経営方針、それから上司の指示に従った、それで他者と協調するような、いい表現かどうかわかりませんが、歯車のような人材を求められるということが多くあったかというふうに考えております。 

阿賀町議会 2019-09-05 09月05日-01号

例えば、年金の崩壊医療費の高騰、それから経済成長低迷ですね。あるいは医師不足介護業界人不足と、いろいろなことが言われています。 この中に、これからの難しさは人口減少をもたらす出生数減少高齢者数増加、そして社会支え手である勤労世代減少という3つの課題に同時に立ち向かわなければならないところであります。