27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

見附市議会 2020-09-09 09月09日-一般質問-03号

米山隆一新潟県知事は、福島第一原発の深刻な事故を踏まえ、3つ検証を提起して、これら3つ検証が十分に行われ、住民の安全が確実に保証されるという確証が得られるまでは柏崎刈羽原発の再稼働に同意できないという姿勢を明確にしてこられました。米山知事の突然の辞任により新しく選任された花角英世知事も、この3つ検証はその方針を維持しておられます。

柏崎市議会 2019-12-12 令和元年12月定例会議(第26回会議12月12日)

このときは、知事米山隆一知事でいらっしゃいました。米山隆一知事が1期目の任期を終える2020年、来年です。2020年10月までに報告書提出する考えを示した。来年の10月までに報告書を出す。公の機関で、こういうふうに話してらっしゃるわけです。ところが知事がかわった。知事がかわったらば、今度は、新しい知事任期が終わるまでにというふうになっているわけです。

上越市議会 2018-03-22 03月22日-06号

これに対して米山隆一知事は、福島第一原発事故原因など3つ検証がなされない限り再稼働議論はできないとの立場を堅持しております。新潟県は、柏崎刈羽原発重大事故を起こした場合、住民が安全に避難できるように避難計画課題解決方法や、あるいは被曝対策による線量の低減効果避難訓練を通じた計画検証など、検証委員会による避難実効性について議論を始めています。

阿賀町議会 2018-03-16 03月16日-04号

新潟県知事米山隆一様であります。 今ほど読み上げましたとおり、先月事業化された広域河川改修事業予算確保とあわせて、早期工事着手を含めた事業の促進を新潟県に要望するものであります。 この議案は、地方自治法第109条第7項及び阿賀町議会会議規則第14条第3項の規定により提出するものでありますので、全員賛成で可決されますよう、よろしくお願い申し上げます。 以上で終わります。

長岡市議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会本会議-03月07日-02号

出席予定でありました米山隆一知事が大雪の影響で欠席したことから、原発に反対する委員からはこのような天候では住民避難できないといった意見が出たほか、推進派からも原発事故時の冬季避難路確保を求める声が相次いだと報道されております。  原発先進国のアメリカでは、こんな避難計画では命を守れないという住民の申し立てにより、完成したにもかかわらず一度も稼働せずに廃炉になった原発がございます。

小千谷市議会 2017-12-19 12月19日-02号

昨年の県知事選挙米山隆一知事が誕生しましたが、柏崎刈羽原発の再稼働問題が争点の大きな柱の一つになりました。有権者は、福島第一原発事故原因の徹底的な検証がなされない限り再稼働議論には入らないとする米山知事を選びました。そして、健康と生活への影響検証する、安全な避難方法検証するという合わせて3つ検証を行うことを決め、今年度各委員会を立ち上げました。

新発田市議会 2017-09-26 平成29年 9月定例会−09月26日-04号

提出先は、米山隆一県知事であります。  引き続きの皆さん方のご賛同をよろしくお願いをいたしまして、提案説明とさせていただきます。 ○議長比企広正) 次に、議会第10号について、若月学議会運営委員会委員長。           〔5番 若月 学議員登壇〕 ◎5番(若月学議員) 議会第10号 道路整備財源確保に関する意見書に関しましては、案文を朗読し、提案理由にかえさせていただきます。  

阿賀町議会 2017-09-15 09月15日-04号

提出先新潟県知事米山隆一様でございます。 どうか皆様全員なる賛同をいただけますようお願い申し上げます。 ○議長猪俣誠一君) ただいま議員発議第3号、議員発議第4号について提案理由説明を受けました。 これから質疑を行います。 議員発議第3号、議員発議第4号を一括で質疑を行います。 質疑はありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長猪俣誠一君) 質疑なしと認めます。 

長岡市議会 2017-09-07 平成29年 9月定例会本会議−09月07日-03号

この再稼働プロジェクトを社内に設けていたことについて、米山隆一知事は23日の記者会見で、「再稼働ありきではないと言っているわけだから、そのとおり行動してほしい」と言っております。また、不信感をにじませ、自身の東電に対する信頼が失われたとも言及しております。米山知事は、こうした経過を踏まえ、対外的な姿勢と内心が一致していない人は信頼できないとしております。

新発田市議会 2016-12-22 平成28年12月定例会−12月22日-04号

平成28年12月22日                                     新潟新発田市議会  提出先は、議会第13号につきましては安倍晋内閣総理大臣以下、関係大臣であり、議会第14号につきましては提出先米山隆一新潟県知事宛てであります。  議員各位よりご審議を賜り、賛同を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

長岡市議会 2016-12-21 平成28年12月定例会本会議−12月21日-04号

米山隆一新潟県知事は、子どもたち経済的理由などで教育を受ける機会を失うことがあってはならないと、国の動向を見きわめながら県独自の給付型奨学金制度検討を進めています。  文教福祉委員会の審査では、子ども成績不問というのは認められないから不採択との意見がありました。不採択理由は、このことが一番大きかったと思います。しかし、意見書提出長岡市議会が行うものです。

柏崎市議会 2016-12-19 平成28年12月定例会議(第21回会議12月19日)

過日、米山隆一新潟県知事にもお目にかかりました。県に対しては、何よりも避難計画早期策定を求め、実効性を伴った市民安全確保がなされるよう、刈羽村と連携してまいります。避難計画実効性を高めるためには、道路の改良、新設、除雪体制整備においても、国が前面に立つ姿勢が求められます。県とともに国への働きかけを強めてまいります。

長岡市議会 2016-12-16 平成28年12月文教福祉委員会−12月16日-01号

また、米山隆一新潟県知事も、子どもたち経済的理由などで教育を受ける機会を失うことがあってはならないと、国の動向を見ながら県独自の給付型奨学金制度検討を進めるとしております。これらを後押しし、早急に給付型奨学金制度を実現させなければならないと思います。  したがいまして、本請願は願意妥当であり、採択賛成であります。 ◆五十嵐良一 委員  民成クラブ、当会派の考え方を述べたいと思います。  

見附市議会 2016-12-14 12月14日-一般質問-03号

2カ月前の10月16日、県知事選が投開票され、米山隆一知事が誕生いたしました。市長は、知事選に先立つ8月12日の記者会見で、いち早く当時の長岡市長森民夫氏に出馬を要請されました。その理由について、泉田知事基礎自治体との調整力の不足、多くの市町村長は話が聞いてもらえず、大きなわだかまりとなったと。

上越市議会 2016-12-12 12月12日-04号

さて、去る10月25日幅広い県民の支持を受けて、米山隆一氏が新知事に就任しました。新知事就任会見で、県民皆様のより大きな期待は、命と暮らしを守る県政を実現することにあると語ったほか、11月16日には臨時県議会における所信表明で、県民皆様が将来にわたって心から安心して子供を産み、育て、医療を受け、そして介護を受けられる環境を実現すべく全力で取り組んでまいりますと述べています。

新発田市議会 2016-12-09 平成28年12月定例会−12月09日-02号

また、新潟県においても夏の参議院選挙で予想を覆し、野党統一候補森ゆうこ氏が当選、その勢いで県知事野党共闘候補米山隆一県知事が誕生いたしました。新しい波が起こっております。  では、新発田市はどうか。合併特例債事業がほぼ終了する中で、平成29年度予算を含め、大事な年になるのではないかと私も心配するところであります。  それでは、通告に従い、二階堂市長に質問をいたします。

  • 1
  • 2