166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏崎市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会議(第 4回会議 3月 6日)

それと、最後は、昨年の12月、与口議員の一般質問においては、なかなか難しいですねという回答された、(4)立地適正計画の策定について、質問をしていきたいと思います。  平成26年に都市再生特別措置法が改正をされました。都市の集約を進めるために、立地適正計画を策定することによって、居住機能や医療福祉商業等の都市機能の立地誘導をするという仕組みが導入されました。  

長岡市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会本会議−12月14日-03号

さらに、都市整備基金都市整備という観点から、立地適正計画での居住誘導区域内の市有施設の維持修繕などにも使うことができるようにすれば、この公共施設等総合管理計画を推し進める財源に充てることができるものと考えているところです。長岡市として、いかにこの公共施設等総合管理計画を推進していくのか、市の考えを最後にお伺いいたします。 ○議長(丸山勝総君) 磯田市長。   

上越市議会 2018-12-14 平成30年  第5回(12月)定例会-12月14日−一般質問−05号

そして、具体的な取り組みといたしましては、現在、中心市街地活性化プログラムや立地適正計画都市再生整備計画や地方創生に資する地域再生計画などの個別計画に基づいて、空き店舗利用促進事業やビジネスタウン推進事業歴史文化資産活用推進事業などの各種の取り組みを鋭意展開しているところであり、今後は住環境の整備等に向けた新たな施策の方針の検討を進めることといたしてございます。   

新潟市議会 2018-12-12 平成30年12月定例会本会議-12月12日-04号

本市は平成29年3月に立地適正計画を策定しました。その目的は,市街化区域における土地利用施策の今後の方向性について,都市計画マスタープランを踏まえて改めて整理し,既存の市街化区域内の土地利用の考え方を明示して,誘導施策を取り入れるというものです。さまざまな角度から現状を分析し,課題を整理していますが,既成市街地をより一層生かし,現在の生活基盤や環境を維持,充実させていく必要がある。

妙高市議会 2018-12-06 平成30年 12月定例会(第7回)-12月06日−一般質問−02号

先日の全協で3園の統合が1年延期になった件に関しても、大きな理由が、立地適正計画のもとで新たなこども園をつくることと、再度地元と協議した結果、延期を希望する意見があったとの説明がありましたが、このようなことが、場合によっては時間をかけて十分な協議を重ね、地域の皆様が納得できるような整備構想を策定していきたいと答弁された小林前教育長の考えとは相反していないのか、心配でもあります。

三条市議会 2018-12-06 平成30年第 5回定例会(第3号12月 6日)

このことにつきまして、私は平成26年の第6回定例会及び平成29年の第3回定例会でも、立地適正計画都市再生特別措置法の一部改正により市町村が作成できるようになった計画で、人口密度の維持により市街地の空洞化を防ぐことを目的とし、おおむね20年後の都市計画区域の状況を展望することとなっており、中心市街地の空洞化の現状と今後の展開、特に中心市街地に関係した都市計画道路の現状と今後の展開についてお聞きしました

妙高市議会 2018-09-27 平成30年  9月定例会(第5回)-09月27日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号

生涯学習課関係では、委員より、図書館管理運営事業について、今後の基本構想、基本計画策定のスケジュールはどのようかとただしたのに対し、課長は、当初30年の秋までに構想を固め、年度内に設計コンペするため予算計上したが、検討委員会の中でも時間をかけて検討したほうがよいとの考えがあることや、現在立地適正計画の策定が進められており、それと整合性を図る必要があり、構想の検討に時間をかけ、場合によっては設計コンペ

見附市議会 2018-09-18 平成30年 決算特別委員会-09月18日−02号

①、コンパクトシティの形成と誘導に取り組みますについてですが、歩いて暮らせるコンパクトシティの形成を図るため、居住機能や福祉医療商業等の都市機能の立地と、公共交通の充実に関する立地適正計画の策定に取り組み、平成28年度では見附地区、今町地区、見附駅前地区において都市機能誘導区域を定めました。

妙高市議会 2018-09-13 平成30年  9月定例会(第5回)-09月13日−議案質疑、委員会付託−05号

◎企画政策課長(松岡由三) 平成29年度につきましては、いろいろ各方面から検討といいますか、研究を行ってきておりまして、立地適正計画ですかね、これはことしの6月で補正が入ったんですけれども、こういう具体的な国の、国交省ですか、計画を入れるという、だからその段階においてもですね、いろいろなところと連携をして、じゃそれを入れたときの利点だとか、じゃ具体的にどうやっていくのかとか、そういうことを庁内でいろいろ

上越市議会 2018-09-13 平成30年  総務常任委員会-09月13日−10号

◆栗田英明委員 御説明いただいたんですけど、ちょっと意味がよくわからなかったんですが、6次総の中にも土地利用構想というのがありますし、それから立地適正計画というんですか、というのもあって、拠点を決めて、そこに誘導しましょうというのがありますよね。誘導しましょうというふうに立地適正化では載っていたと思いますけど、その言葉とはちょっと違う誘導ということでしょうか。

妙高市議会 2018-09-06 平成30年  9月定例会(第5回)-09月06日−一般質問−02号

市街地の再構築におきましては、都市機能の町なかへの集約、流動を図る、立地適正計画の策定に着手しており、今後実施する市民アンケートを踏まえ、住居や医療福祉教育子育て商業行政機能等を計画的に誘導し、集約型の都市構造への再編に取り組むこととしております。

長岡市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会本会議−09月06日-03号

そういったことを踏まえて、長岡市都市計画マスタープランでコンパクトなまちづくりを打ち出し、立地適正計画で市街地の密度を上げ、めり張りのあるまちづくりを目指すことにしたものと思っていましたし、公共施設等総合管理計画で市有施設の削減の必要性を打ち出してきたものと理解していましたが、最近たびたび新たな開発事業ばかり耳にしております。

上越市議会 2018-09-03 平成30年  第4回(9月)定例会-09月03日−議案説明・質疑−01号

第3のまちの活性化の分野では、城下町高田の歴史文化の活用と、うみがたりの開館を見据えた官民連携の取り組みを通じて、中心市街地の魅力と回遊性を高めるとともに、立地適正計画に基づき、誘導重点区域内の空き家等に移住される方への支援を行ったほか、都市機能誘導区域内における施設整備を促進しました。