24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

新潟市議会 2020-12-18 令和 2年12月18日大都市制度・行財政改革調査特別委員会−12月18日-01号

次に、(2)、種別グリーン化特例軽課)の見直しについて、種別は、軽自動車等の所有に対する課税とありますが、適用対象となる燃費基準などを見直した上で、軽課適用期限を2年間延長するものです。  国会で審議され、令和3年度税制改正の後、市税条例改正が必要になるものについては今後、議会に提案する予定です。 ○小野清一郎 委員長  ただいまの説明にお聞きすることはありませんか。

新潟市議会 2020-05-20 令和 2年 5月20日総務常任委員会−05月20日-01号

3つ目軽自動車税種別の身体障がい者等減免申請期限の延長は、窓口の混雑緩和などのため、県税の取扱いに準じ、減免申請期限を1か月延長するものです。  次に、裏面、今後条例改正予定しているものについて、本日は項目出し程度とし、6月定例会において条例改正議案としてお諮りする予定ですので、その際に内容について改めて説明します。  

新発田市議会 2020-03-16 令和 2年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)-03月16日-01号

次の軽自動車税につきましては、令和元年度は消費税引上げがあり、あわせて軽自動車税軽自動車税種別名称変更となりました。来年度歳入は現在の四輪自家用乗用車登録台数増加などを加味し、前年度比5.2%の増としております。次の軽自動車税環境性能割につきまして、これも消費税引上げに併せまして、軽自動車取得税軽自動車税環境性能割と新たな名称となりまして、県税であったものが市税となりました。

新潟市議会 2020-03-12 令和 2年 3月12日総務常任委員会-03月12日-01号

次に、2ページ、第3項軽自動車税、第1目環境性能割は、昨年10月の消費税率引上げ段階で、県税である自動車取得税が廃止されたことに伴い創設されたもので、軽4輪自動車台数が引き続き増加していること及び課税月数増加などで増収を見込み、第2目種別昨年までのいわゆる車種別軽自動車税と合わせて、前年度比2.2%増、20億8,000万円余です。  

十日町市議会 2020-03-04 03月04日-議案説明-01号

同じく2目種別は、従来の軽自動車税に相当するものであります。こちらにつきましては、前年度比0.1%増の1億9,160万円を計上いたしました。  次に、18、19ページをお願いいたします。6款法人事業税交付金でございます。これは、前段の市民税法人分説明のとおり、平成28年の法律改正に基づくものでございます。

胎内市議会 2020-02-20 02月20日-01号

内訳といたしましては、種別では2.28%増の1億273万9,000円と積算いたしました。また、昨年10月から導入された環境性能割につきましては、288万円と積算いたしました。  次に、諸税では、市たばこ税では喫煙者の減少に伴い、5.76%減の1億6,200万円と積算し、計上いたしました。  

三条市議会 2019-06-18 令和元年第 2回定例会(第2号 6月18日)

まず第1は、議第4号 三条市税条例の一部改正について、報第2号 専決処分報告についても一緒でありますけれども、個人市民税において、単身児童扶養者(前年の合計所得金額が135万円を超える場合を除く)を非課税措置対象に加えることとする地方税法改正が行われたこと、軽自動車税における環境性能割非課税賦課徴収特例及び税率特例について地方税法改正が行われたこと、軽自動車種別に係るグリーン化特例及

三条市議会 2019-06-17 令和元年第 2回定例会(第1号 6月17日)

2点目として、軽自動車税環境性能割及び種別賦課徴収等に係る特例を見直すものでございます。  3点目として、大法人に対する法人市民税に係る電子申告義務の創設に伴い、申告書等提出方法柔軟化及び電気通信回線の故障、災害等により電子申告が困難であると認められる場合の所要の措置について、規定を整備するものでございます。  施行期日は、公布の日等でございます。  

見附市議会 2019-06-14 06月14日-議案説明、委員会付託-01号

なお、これまでの軽自動車税は、名称軽自動車税種別に変えて、後段でご説明いたします軽自動車税環境性能割と区分されます。  次に、5ページ、下から3行目となりますが、第69条の10をごらんください。本年10月1日より車両取得価格課税する自動車取得税軽自動車分が、軽自動車税環境性能割名称を変えて県税から市税となります。

小千谷市議会 2019-06-07 06月07日-01号

議案第35号 小千谷税条例等の一部を改正する条例制定は、軽自動車税環境性能割種別に分化されることに伴う改正及び個人市民税に係る給与所得者扶養親族申告書記載事項追加等であります。   次に、議案第36号 小千谷市の公の施設の指定管理者指定手続に関する条例の一部を改正する条例制定は、PFI事業者の公募が開始されることに伴い、指定管理者選定手続改正するものであります。   

新発田市議会 2018-12-17 平成30年12月17日総務常任委員会−12月17日-01号

また、現行の軽自動車税軽自動車税種別名称変更となりますが、税率変更などはございません。このほか条例上の引用法律条項ずれ等措置したものであります。  以上が税務課所管分の主な改正内容であります。よろしくお願いします。 ○委員長小柳肇) 担当課長説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。  質疑ある委員の発言を求めます。  湯浅佐太郎委員

阿賀町議会 2017-03-17 03月17日-04号

これまでの軽自動車税種別という名称変更される時期も、平成29年4月1日から平成31年10月1日に変更されたということになったわけでありますし、軽自動車税環境性能割は昨年5月の専決処分報告においても説明してございますが、自動車取得税と同様に軽自動車取得時に課税されるものでありまして、これも当分の間はその賦課徴収は都道府県が行いまして、収納された税額を市町村へ納入するということにされており、

三条市議会 2017-03-16 平成29年総務文教常任委員会( 3月16日)

○(栗山税務課長) 御指摘のとおり、自動車取得税が廃止された代替措置として環境性能割ということで、今の軽自動車税種別と2本立てということになります。 ○(名古屋豊委員) いわゆる車の種類によって、非課税、1%、2%とかとなるかと思うんですけど、この環境性能割というのは何段階といいますか、何パターンぐらいになりそうなんですか。

五泉市議会 2017-02-27 02月27日-一般質問、議案説明-03号

第22条の4は、法人市民税法人税割税率の引き下げで、第68条は軽自動車税納税義務者環境性能割種別を課する等の規定であります。第69条は、みなす課税の新設、第69条の3から8は環境性能割課税標準税率徴収方法申告納付減免などについて規定しております。第69条の9から第80条は、軽自動車税名称種別への変更。  

  • 1
  • 2