2131件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上越市議会 2022-09-20 09月20日-04号

まず、名簿共有等につきましては、地域包括支援センター並びに社会福祉協議名簿共有はさせていただいております。それから、事業所の参画という意味では、先ほど少し市長の答弁の中でも申し上げましたが、より重度の方で、福祉避難所への避難については、私ども市のほうで計画を策定するわけですが、その際にケアマネジャー等から参加をしていただくと。

新発田市議会 2022-09-12 令和 4年 9月定例会-09月12日-03号

もう一つ、寄附の問題なんですけど、市としてはしていないということだったんですけれども、この団体というのは全国社会福祉協議寄附をしているんです。そして、当市世界平和統一家庭連合ということで多分受けているんです。実際ありますけれども。そういったときに、社会福祉協議というのは民間ですと言われても、やっぱり半官半民の面がありますよね。当市も税金を投入していますよね。

上越市議会 2022-06-16 06月16日-04号

それから、社会福祉協議に委託するという方法でやられるところもあるそうです。それから、財源的なほうでどうしても難しいというところには、ふるさと納税を使われている自治体もあると。そして、これはびっくりしたんですが、伊万里市ではクラウドファンディングで財源確保したということで、財源、やり方いろいろあります。要はやる気です。非常にいいお話も聞いております。

新発田市議会 2022-06-10 令和 4年 6月定例会-06月10日-03号

当市においては、生理用品配布から必要な相談支援につなげられるよう、市社会福祉課新発田社会福祉協議窓口において、無償配布をいち早く開始したところであります。生理貧困に至る経済的困窮要因多様化、複合化してきており、当市といたしましては一人一人の経済的困窮に至る要因を解消することこそが生理貧困課題解決につながるものと考えております。  

上越市議会 2022-03-23 03月23日-06号

私、内閣官房のその交付金のことについてちょっと詳しくは分からない状況でありますけれども、国とか県、また社会福祉協議等ですとか、そういうところで様々な支援のメニューを用意しているところであります。当然市のほうで国からのそういう支援がある子ども子育て給付金ですとか、そうしたものについてはこれまでも使っております。

上越市議会 2022-03-22 03月22日-05号

対策ガイドラインを読み解いていくと、上越市内で考えられるとすれば関連する機関として、今ほどお話もありました、もちろん上越動物保護管理センター、それから福祉課高齢者支援課、すこやかなくらし包括支援センター地域包括支援センター健康づくり推進課環境保全課、警察、民間動物愛護団体社会福祉協議ですとか、一番飼い主本人に近いケアマネさんとか、もしかしたら町内会民生委員、漏れているところもあるかもしれませんけれども

新発田市議会 2022-03-11 令和 4年 2月定例会-03月11日-04号

それぞれの特性を生かした取組を進めることで、持続可能なまちづくりを目指し、これからのまちづくり活動を担う人材確保、育成するため、若者世代から社会経験豊富で豊かな知識や技術を持つ高齢者世代まで、産学官民の多様な主体の連携を促進していくことが重要であり、まちづくり活動を担う人材、プレーヤーだけでなく、様々な課題を的確に捉え、地域おこし協力隊等活用中間支援組織まちづくり支援センター機能等新発田社会福祉協議

新発田市議会 2022-02-28 令和 4年 2月定例会-02月28日-02号

緊急小口資金は、市町村の社会福祉協議窓口となり、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、保証人不要で無利子、無保証人で貸し付ける制度であります。上限は20万円です。厚生労働省によりますと、2019年度の緊急小口資金貸付実績全国で9,937件でした。それがコロナ禍の2020年3月25日から21年12月18日までの約1年9か月で306万3,342件にも達しているのです。  

上越市議会 2021-12-10 12月10日-05号

また、運営資金についても国の支援金制度を紹介するとともに、上越社会福祉協議の赤い羽根共同募金による助成金などを運営資金として活用できるよう紹介することで、コロナ禍にあっても活動ができる状態が保たれておりますことから、現状市から子ども食堂への直接的な財政支援については考えておらないところであります。

新発田市議会 2021-12-03 令和 3年12月定例会-12月03日-03号

こうした状況を踏まえ、当市空家等対策計画では、空き家等を適切に管理する責任は第一義的に所有者等にあることを念頭に、まずは所有者当事者意識を高め、責任ある行動を促す必要があることから、固定資産税納税通知書への空き家等対策チラシの同封、関連団体等連携した空き家等無料相談会開催新発田社会福祉協議における孤立化による空き家予防事業との連携など、所有者等による自発的な空き家等対策につながるよう

上越市議会 2021-09-28 09月28日-08号

まず、議案第69号令和2年度上越一般会計歳入歳出決算認定について、理事者の説明の後、3款1項1目中、社会福祉協議会費で、委員から、権利擁護事業補助金社会福祉協議として専門職後見人受任体制の強化に取り組むとしているが、市はどう関わるのかとの質疑に、理事者から、専門職団体が集まる会議開催し、皆で考える機会を持ちたいとの答弁がありました。  

新発田市議会 2021-09-24 令和 3年 一般会計決算審査特別委員会(社会文教関係)−09月24日-01号

次の地域ふれあいルーム事業は、独り暮らし高齢者などに孤独感の解消やできるだけ自立した生活を送っていただくための交流の場として、地域ふれあいルームを運営するための委託料、次の敬老会開催事業は、コロナ禍の影響で敬老会は中止となりましたが、75歳以上の方への敬老祝い品をお配りし、それについての新発田社会福祉協議への委託料などでありまして、次のシルバー元気事業は、高齢者仲間づくり健康づくりのための事業

上越市議会 2021-09-24 09月24日-07号

また、運営資金につきましても、国の支援金制度を紹介するとともに、上越社会福祉協議の赤い羽根共同募金による助成金などを運営資金として活用できるよう紹介することで、コロナ禍にあっても活動ができるよう支援を行っておりますことから、現状市から子ども食堂への直接的な財政面での支援については考えておらないところであります。

上越市議会 2021-09-22 09月22日-06号

地域の中で、まず最初にちょっとショッキングな部分であれですけども地域の中で取り残されているような方がいらっしゃるということはあってはなりませんので、そこは今本当に民生委員児童委員の方、それから町内会、それから地域包括支援センターとか社会福祉協議方たちがそれぞれ地域を毎年8,000軒以上も回って、そういう情報収集したりとかしています。

新発田市議会 2021-09-14 令和 3年 9月14日社会文教常任委員会−09月14日-01号

また、市民後見人でしょうか、市民後見人助成につきましては、今成年後見センターというのを社会福祉協議に委託して、私ども事業でなく社会福祉課事業になるんですけれども、行っておりまして、そちらのほうで令和2年度から養成を始めておりまして、令和2年度の養成実績が、申込み12人のところ、ちょっと途中で脱落をしてしまった方がいて養成実績が9人となっております。

新発田市議会 2021-09-08 令和 3年 9月定例会-09月08日-02号

高齢者の皆様の中には、住宅資産の今後の活用について考えている方も多く、新発田社会福祉協議開催する空き家対策セミナーなどの第2の人生を支援する講座には多くの方が参加されているとお聞きをしております。一方で、資産活用や相続についての意識が希薄な方がいらっしゃることも事実であり、管理が不十分な空き家を増やさないためにも、このような方々への意識づけが課題となっております。

上越市議会 2021-09-02 09月02日-02号

また、支援に当たっては、市をはじめ、国、県、商工会議所社会福祉協議など様々な団体各種取組を展開していたことから、支援を必要とする市民事業者皆さんが一目で必要とする支援にたどり着けるよう、経済対策生活支援制度一覧としてまとめ、随時内容を更新するとともに総合相談窓口を開設し、市民事業者皆さんからの御相談をしっかりと受け止め、必要な支援策につなげることにより、不安の軽減や安心な生活確保等