248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新発田市議会 2019-03-20 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(経済建設関係)-03月20日-01号

もうちょっと具体的に申し上げますと、これまで地域努力で行われてきました排水路の江ざらいですとか、農道砂利敷きなどの共同作業、こういったものに日当が支払われるなど、有効に活用されているところでございまして、事業効果は大変大きいと考えているところでございます。ちなみに、市内水面積の約94%を現在カバーしているというところでございます。  以上です。 ○委員長(小川徹) 倉島課長

三条市議会 2019-03-14 平成31年経済建設常任委員会( 3月14日)

○(坂井良永委員) 住宅のところで砂利道なんていう市道はまだ結構あるかと思うんですが、どれくらいあるかはつかんでいますか。 ○(太田建設課長) まず、住宅が1軒あるかないかというところまで実はまだ突き詰められてございません。前回の委員会でも御指摘いただきましたが、まだ調査継続中でございます。市道全体の話をさせていただきますと、今現在市道延長が約1,100キロあるところでございます。

新潟市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日文教経済常任委員会-03月13日-01号

農道維持管理支援事業は,一般通過交通がある農道において,グレーダーによる整地や砂利敷きなどの軽微な路面補修を行うものです。  次の田んぼダム利活用促進事業は,雨水を一時的に水田にためてゆっくり流すことで,排水路の負担を軽減し,農地農村集落,さらには市街地の浸水被害の軽減を図るものです。平成31年度は,田んぼダムの効率的な普及拡大を図るための効果検証西蒲区で実施します。

長岡市議会 2018-12-18 平成30年12月産業市民委員会−12月18日-01号

最初に、寺泊港での砂利等の貨物の搬入出を含め、県内屈指の観光地である寺泊地域における産業界の景況についてお聞きをいたします。寺泊港は県管理の地方港湾で、いわゆる商港でございます。出雲崎港は漁港の位置づけでございます。ことしから両泊の定期航路がなくなって、ジェットフォイルでの数日間の試験運航ということになってしまいました。

長岡市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会本会議−12月14日-03号

例えば川口地域で先行している地域の市道とか河川の管理を包括契約的なもので年間でお任せして、普通ならば、例えば道路に穴があいていれば市のほうで連絡あるいは現地を見てそこで積算し、設計書を起こして、そして発注するというある程度長い時間がかかるわけでありますが、その包括契約の中では業者の皆さんが見つけた穴をすぐ砂利を持っていって埋めることができるというふうな緊急時の迅速な対応というものも可能になるかというふうなことで

新潟市議会 2018-10-04 平成30年決算特別委員会第4分科会−10月04日-05号

砂利採取法関係手数料は,砂利採取を行おうとする者の申請及び採取計画の認可に係る手数料です。  次に,第19款2項5目土木国庫補助金は,道路,橋梁の維持補修費,除雪対策費などに対する国の補助金です。  次に,第20款1項7目土木費県負担金は,一般県道水原亀田線横雲橋の補修費について,協定に基づき2分の1を県から歳入したものです。  

柏崎市議会 2018-10-01 平成30年決算特別委員会・産業建設分科会(10月 1日)

御指摘のように石地の駐車場舗装になっている部分の出雲崎町側で若干あるということと、大きな部分は、尾町といいますか、旧石地フィッシングセンターの前にリゾートマンションみたいなのが建っておりますけれども、4階建て、5階建てぐらいですかね、あの裏手のほうに、もう舗装も何もされていない砂利のところがございます。そこを大分、大きな面積を借りておりまして、そこが大きなものであるということであります。  

三条市議会 2018-09-26 平成30年決算審査特別委員会( 9月26日)経済建設分科会

○(坂井良永分科員) 決算書157ページの舗装新設事業費についてお尋ねいたしますが、住宅前が砂利道で、そこを舗装する場合、この事業費に入るんですか。 ○(太田建設課長) そのとおりでございます。 ○(坂井良永分科員) 主要施策の成果その他執行実績報告書を見ると、去年は全市で6カ所、それから栄地区では1カ所になっていますけども、住宅前が砂利道の市道というのはほかにもかなりあると思います。

三条市議会 2018-09-18 平成30年第 4回定例会(第5号 9月18日)

周りには砂利などもまだ散乱して、歩くのにちょっと支障があるのかなというふうになりますし、そもそも通学路ですので、これはいかがなものかと思います。  (パネルを示す)それから、次はこれ、井戸場の堤防沿いの市道ですが、ここは補修工事をする予定があると聞いています。ここは、数年前に舗装し直したと思うんですけども、その後このように広範囲にわたってアスファルトが剥離しています。

三条市議会 2018-09-13 平成30年第 4回定例会(第3号 9月13日)

今ほどの答弁では、農地には被害が出ていないということでありましたけども、田んぼや砂利道は自然排水で地下に浸透する雨水が多いわけですが、舗装道路に降った雨は地下に浸透せずに排水路に流れます。  例えば栄中央保育所脇の農業用排水路です。新しい保育所建設時には調整池が整備されましたが、その脇の道路には調整池がありません。その道路には、東西線の排水路の雨水が流れ込んできます。

見附市議会 2018-06-15 平成30年 産業厚生委員会-06月15日−02号

今現在舗装されておりますけれども、今現在の市道としましては、水路の脇にある砂利道が市道認定されておりまして、今後今回事業の中では当然用地を買収しながら拡幅していくということで、車道につきましては今民有地になっておりますが、そこには消雪パイプが敷設されているということからいきまして、一応消雪の方向で今検討しているということでございます。 ○木原大輔委員長 これにて質疑を終結します。   

見附市議会 2018-06-08 平成30年 第2回(6月)定例会-06月08日−議案説明、委員会付託−01号

まず、幅員につきましては、現行の幅員でございますけれども、現在認定している市道、約50メートルほどでありますが、これにつきましては本所2号雨水幹線と、それからその脇に今ございますけれども、砂利道という状態になっております。それが現況おおむね2.7から2.3メーターぐらいの幅員でございます。

妙高市議会 2018-06-07 平成30年  6月定例会(第4回)-06月07日−一般質問−02号

それで、問題点も指摘してですね、いもり池周辺の遊歩道の危険箇所、遊歩道はですね、要するに木製でつくってあるところに穴が二、三カ所あいているということで、旅行者の方がつまずいて転ぶんじゃないかとか、それからまた砂利の上に土をかぶせてあるところがある。そこがですね、砂がめくれていて石が飛び出ている。

五泉市議会 2018-03-19 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月19日−委員長報告、討論、採決−05号

また、これに関連して、通勤で新潟に通いたい人や買い物などで汽車を利用したい人たちの駐車場はあるのかとただしたところ、駅南にある駐車場ですが、現在は砂利となっております。新年度におきまして、中央連絡橋の階段棟の整備後、舗装等の整備をしたいと考えておりますとの答弁でありました。   このほか、細部にわたり詳細なる質疑応答がなされました。   以上、会議規則第39条の規定により報告いたします。   

三条市議会 2018-03-19 平成30年総務文教常任委員会( 3月19日)

あそこは芝があって、滑り込みしてもけがしないけども、ここは砂だ、あるいは砂利だと、石がもろに出ている。そういう教育機関間の不公平さというのはちょっと問題あると思うので、グラウンドの芝生化をやるんなら一挙にやってしまうぐらいの意気込みで不公平をなくすということをお考えになったことはないんでしょうか。

長岡市議会 2018-03-15 平成30年 3月建設委員会−03月15日-01号

また、砂利やウッドチップ等及びパーゴラ等の材料を支給いたします。町内は、遊歩道に支給されました砂利やウッドチップ等を町内で敷く作業をしていただきます。また、パーゴラの組み立てといった作業、それから花苗の植栽を行うと、そういうものでございます。    

三条市議会 2018-03-13 平成30年市民福祉常任委員会( 3月13日)

それと、栄野球場もありますけれども、野球するのに内野は砂利がいっぱい入っていますし、外野は浮き沈みが激しい。やっぱりあれはけがのもとです。野球にとってグラウンドは大事なものですから、せめてもう少しいい土に入れかえるぐらいの配慮をやっぱり考えていただきたい。先ほど申し上げた塚野目野球場をこれからどうするのか。

新潟市議会 2018-03-12 平成30年 3月12日文教経済常任委員会−03月12日-01号

初めに,農業団体等の施設維持活動への支援,多面的機能支払交付金事業は,地域協働で行う水路の泥上げ,農道砂利補充などの活動や,地域資源である農地,水路,農道などの質的向上を図る活動に対し,国,県とともに支援するものです。  次に,住民の合意による田園景観・集落景観の整備,田園環境保全事業は,本市の美しい農村景観を広く市内外に発信し,農村の活性化に努めます。  

新潟市議会 2018-03-12 平成30年 3月12日総務常任委員会−03月12日-01号

(4),砂利の採取計画の認可については,土木部所管の手数料となります。こちらについても,地方自治体手数料の標準に関する政令の改正に伴いまして,記載のとおり手数料を改定するものです。  (5),受胎調節実地指導員の指定については,母子保健業務の一体的な運用を図るため,現在母子保健業務の総括を担っていますこども未来部こども家庭課へ所管を変更するものです。