286件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会本会議−12月11日-04号

当時,この西蒲原一帯は,東は中ノ口川,西は弥彦山,角田山,新潟砂丘に挟まれた輪中地帯で,鎧潟,田潟,大潟,通称三潟を初めとする数多くの潟や沼,くぼ地があり,早通川がこの潟を通じて西区新通地内で西川に合流し,信濃川に注いでいました。しかし,西川は田んぼより二,三メートルも高い天井川で,一度大雨が続くと,西蒲原一帯は行き場をなくした水が田畑にこもり,悪水となって稲を腐らせ,農民たちは苦しめられました。

新潟市議会 2019-10-10 令和 元年決算特別委員会第2分科会−10月10日-02号

最初に,西区農産物ブランド拡大支援事業では,国のGI登録された食と花の銘産品,くろさき茶豆及び新潟砂丘サツマイモ,いもジェンヌを関係団体とともにさらなるブランド化を図りました。くろさき茶豆については,平成29年度に引き続き収穫時期に合わせて約1カ月間,くろさき茶豆夏の陣を開催しました。

新潟市議会 2019-10-10 令和 元年決算特別委員会第1分科会−10月10日-02号

砂丘は語る亀田郷歴史紀行は,砂丘を中心として発展してきた江南区において,郷土愛を育み,地域に親しみや誇りを感じてもらうために,ガイドブックの改訂版2,500部を作成し,区内の公共施設などにも配置したほか,コミュニティ協議会などが開催するまち歩き事業,中学校の総合学習においても活用していただき,区の歴史文化の発見や学びに寄与したと考えています。  

新潟市議会 2019-10-10 令和 元年決算特別委員会第4分科会−10月10日-02号

松浜小学校の4年生や地元自治会などの皆さんとともに,松浜海岸の飛砂防対策として,アキグミ植栽による砂丘地の緑化に取り組みました。区政振興費は,昨年9月に発生した暴風雨の影響による道路公園の倒木処理などに要した経費です。  次に,第8款土木費,第2項道路橋りょう費,第1目道路橋りょう総務費です。道路の管理は,道路用地の借上料やパトロール車両などの維持管理に要した経費です。

新潟市議会 2019-10-03 令和 元年10月 3日農業活性化調査特別委員会-10月03日-01号

JA新潟みらい,JA新潟市砂丘地を中心にハウス団地の整備が進められています。農協がハウス団地を整備して,農業者の方に貸し出すことで,規模拡大や活性化を図っているのですが,ベテランの農家と新規取り組み者が隣り合ったハウスで,仲間になって栽培に取り組んでいる非常に意義のある事例と思っています。

新潟市議会 2019-10-02 令和 元年10月 2日文教経済常任委員会-10月02日-01号

そういう段階で,例えば砂丘地の耕作放棄地と関連づけて,市民農園である程度技術を培った方が耕作放棄地を活用して農業を始められるような仕組みもあってもいいかという,少し大きな構想があるのです。その辺も含めて,単なる市民農園という形ではなくて,可能性の一つとして考えられるような仕組みがあってもいいかと思うのですが,いかがですか。

新発田市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会−09月11日-02号

佐々木盛綱の質問でございますけども、第1番の質問といたしまして、源平街道、これは差し当たって新発田市単独の源平街道の名称をつくってはいかがでしょうかということで、例えば、先ほど教育長もちょこっとお話ししましたように、佐々木盛綱が52歳のときに板額御前、平家打倒で1201年4月上旬に現在の群馬県安中市から向かって、総軍勢5,000人を仕切って、海岸砂丘地帯が2,000人、そして佐々木盛綱みずからが率

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日環境建設常任委員会-06月25日-01号

西区小針青山地区において,国道402号に沿う形で交通障害や住宅地への飛砂対策として延長628メートル高さ約6メートルの人工砂丘を整備しました。その中で,右下に現地写真がありますが,平成30年度に築造した平面図の赤着色部分140メートルの区間だけが砂を盛り土しただけの状態でのり面防護がなく,形状を安定させるためのり面への植栽などを実施するものです。

新潟市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会本会議−06月21日-04号

1つはいもジェンヌ,1つは砂丘地のスイカ,そして黒埼茶豆です。西区役所も地元の農産物の販売促進にいろいろな知恵を出していただいていることに,本当に感謝を申し上げるところです。市長の基本政策の一つ,農家が幸せなまち新潟に向けて,力強く本市の支援を進めていかなくてはと思うところです。  最初は質問1,元気な農業に向け,着実な施策の推進についてです。  

新潟市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日文教経済常任委員会−03月14日-01号

西区特産農産物魅力発信・ブランディング事業は,国のGI登録された新潟市食と花の銘産品のくろさき茶豆や,昨年4月に同じく銘産品となった新潟砂丘サツマイモ「いもジェンヌ」などの西区特産農産物の魅力を首都圏や県内外へ発信,PRし,販路や消費の拡大とブランディングの確立を図ります。くろさき茶豆は,地元関係者と実行委員会組織し,収穫時期にあわせて約1カ月間,くろさき茶豆夏の陣を開催します。

新潟市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日環境建設常任委員会−03月14日-01号

主な理由は,交通安全施設整備費の国道402号の飛砂対策事業で平成30年度に行っていた人工砂丘の築造工事が完了し,おおむねその分が減少となったことによるものです。  最初に,第8款土木費,第2項道路橋りょう費,第1目道路橋りょう総務費です。道路の管理及び道路橋りょう諸経費は,道路用地の土地借り上げ料や西区山田地内の防災船着き場の維持管理費などです。  次に,第2目道路維持費です。

新潟市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会本会議−03月06日-07号

松浜海岸は,阿賀野川河口の右岸に広がる広大な砂丘で,市民文化遺産であるひょうたん池を有し,周囲には海浜植物や希少なトンボの生息する豊かな自然環境を残しています。また,近年は,阿賀野川河口部に堆積する砂の増加により,近隣の方々から飛砂対策の要望が挙がっているということも承知しています。  

新潟市議会 2019-02-26 平成31年 2月定例会本会議−02月26日-04号

本市は,平成30年度を園芸元年と位置づけ,元気な農業応援事業の取り組みを開始したところですが,早くも西蒲区のタマネギ,西区北区のハウス団地による砂丘園芸農業が拡大してきていると伺っています。  本市は,県内でも古くから園芸農業が盛んな地域です。これを機会に,本市の特色を一層発揮していくべきと考えますが,市の取り組みについてお伺いします。