182件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三条市議会 2021-02-17 令和 3年高等教育機関調査特別委員会( 2月17日)

三条市立大学に面しております弥彦側基幹病院側の道路につきましては、上須頃土地区画整理事業整備するものでございますが、工事の完了が6月頃になる予定であるため、4月時点では、オレンジ色の線の動線通学、通勤することになると考えているところでございます。その後6月頃に工事が完了し、メインの道路を使用した動線での通学、通勤が可能になっていくということで予定されているものでございます。  

三条市議会 2020-12-10 令和 2年第 7回定例会(第4号12月10日)

三条市立大学基幹病院をはじめとする広域的、基幹的な都市機能が集積することとなる燕三条周辺広域交流拠点と位置づけ、市内外から多くの人々が集う、にぎわい交流拠点にふさわしい環境整備に取り組んでいくとしています。  そこで、具体的な道路や公園のにぎわい交流拠点にふさわしい環境整備についてはどのような環境整備を考えているのかお伺いいたします。  

三条市議会 2020-09-17 令和 2年決算審査特別委員会( 9月17日)総務文教分科会

○(久住久俊分科員) 基幹病院必要性については議会でもこれまでさんざん議論してまいりましたが、最近の傾向につきまして、数字的なことです。つまり、県央医療圏ではとても面倒見れないということで新潟とかそういうところに運ばれているケースが、去年はどのぐらいあったのか。平均で50分ぐらいかかって、もっと速く救急医療機関に連れていけば助かった命がとか、そういう議論はたくさんございました。

新潟市議会 2020-09-16 令和 2年 9月定例会本会議−09月16日-04号

また、三条市の國定市長からは、新幹線利用だけでなく、今後、基幹病院へのアクセスや、広域連携の観点から交流人口拡大にも期待できるとし、ぜひとも実現できるように協力すると、期待の持てるお答えを頂きました。  再質問なんですけれども、この基本構想を具現化するための今後の方向性について、見解をお伺いいたします。 ○議長(佐藤豊美) 中原市長。                   

三条市議会 2020-09-07 令和 2年第 4回定例会(第3号 9月 7日)

令和5年の基幹病院開院に間に合うよう、昨年22億円という大型予算をつけて、現在橋梁等構造物工事が一斉に行われておるところでございます。  そこで、問題はその先、塚野目代官島線より信濃川下流橋建設、国道8号線への計画法線が引かれておりますが、いまだ事業認可が下りていないようです。

燕市議会 2020-06-17 06月17日-一般質問-02号

県央基幹となった基幹病院再編統合対象の公立公的5病院対象に、県は国への報告期限である9月までに地元との合意を目指していたところでございます。ところが、今回の新型コロナウイルス感染拡大を受けて、再編統合判断基準感染症への対応を取り込みながら再度議論する必要があり、期限を延長するとの考えが加藤厚生労働大臣から示されたところであります。

燕市議会 2020-03-09 03月09日-一般質問-04号

このような社会実験を行うことで、利用状況などを把握するとともに計画最終年度である令和5年度には基幹病院開院予定されておりますので、それらの移動実態移動ニーズの変化なども踏まえながら、スワロー号見直し再編などを順次進めてまいりたいと考えています。  以上です。 ◎市民生活部長髙野光郎君) おはようございます。私からは1の(1)の②、③についてお答えをいたします。  

見附市議会 2020-03-06 03月06日-一般質問-03号

当県においても新規建設基幹病院に関して見直し議論がされている状況です。ニュアンスは異なるにせよ、私の主張見附市立病院の取り巻く状況を俯瞰すれば、現実と私の主張がシンクロしたのではないでしょうか。ようやく私の主張に時代がついてきたように見えます。国からわざわざ言われるまでもなく、私の主張する持続可能な見附市立病院というベクトルは正しいと確信しております。  

燕市議会 2019-12-13 12月13日-一般質問-04号

次に、③、基幹病院早期開設に向けたご質問についてお答えいたします。これまでも基幹病院整備については、花角知事懇談会の席で直接意見を述べさせていただいたことはもとより、要望書の提出も含め、さまざまな機会を捉えて県に訴えるなど、やるべきことは全てやってきている、全力で取り組んできているところでございます。