2462件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2060-06-27 06月27日-02号

まず最初に、洋上風力発電事業についてでありますが、新聞テレビで報じられていました。新聞では、村上、胎内沖に洋上風力発電所の計画があり、事業者から経済産業省に計画段階環境配慮書を提出したとのことでした。計画では、5,000から1万キロワット級の発電設備を50から100基程度建設し、工期は23年度から27年度で、運転開始時期を2028年度からとすると書かれていました。

胎内市議会 2031-12-18 12月18日-03号

続いて、洋上風力発電事業について伺います。洋上風力発電について、新聞の記事や胎内市の市報、ホームページで目にすることが増えてきたように感じます。地球温暖化が進んでいる中、再生可能エネルギーである洋上風力発電は、環境的にも時勢的にも世の中の流れとしても注目されている発電方法であると思います。

胎内市議会 2022-09-10 09月10日-01号

次に、洋上風力発電事業の現在の状況について報告申し上げます。国において海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律における今後の促進区域の指定に向けて、既に一定の準備段階に進んでいる区域の整理が行われ、去る7月30日にその選定結果が公表されました。この区域には胎内市、村上市沖の区域を含む全国の11区域が選定されております。

妙高市議会 2022-09-10 09月10日-04号

ぽつの2つ目にあります農業ビジネスの導入につきましては、これにつきましてはモグサのですね、市内生産につきまして民間企業と検討し、現場を確認しながら今年度からですね、実際にモグサの試験栽培をしておりますし、また地熱発電の関係につきましても初期段階のレールに乗って、今調査研究に向かっているという状況。

胎内市議会 2021-06-14 06月14日-01号

第12款諸支出金では、1項3目水道事業支出金において、並槻浄水場などに非常用自家発電設備を設置するための実施設計業務を水道事業で行うに当たり、そのために必要となる出資金を計上いたしました。  以上で歳出の主なものを説明いたしましたが、これを賄います歳入財源は、分担金及び負担金、県支出金、繰入金、繰越金、諸収入を増額し、国庫支出金、市債を減額いたしております。  

胎内市議会 2020-12-17 12月17日-02号

また、新しい財源の確保につきましては、議員もご承知のとおり、ふるさと納税の活用、企業誘致や洋上風力発電事業の推進、そのほかにも胎内高原ワイン増産のために苗木を植栽する資金の調達にクラウドファンディング制度を活用していることや、遊休資産等の売却の一つとして行っている黒川南工業団地内にあります新発田地域振興局地域整備部奥胎内分署の建物及び土地の売却など、現時点においてでき得るものについてはさまざまに行っているところでございますが

小千谷市議会 2020-12-17 12月17日-02号

また、停電等の不可抗力により稼働が停止し、配水池まで送水できなくなった場合においても、新浄水場には非常用発電機が整備されており、稼働が停止した際には自動的に発電機が作動しますので、船岡山配水池などへの送水ポンプ等を稼働させ、供給してまいります。

胎内市議会 2020-12-03 12月03日-01号

次に、洋上風力発電事業誘致に向けた地域部会の開催について報告申し上げます。当該事業の誘致に関しては、胎内市、村上市沖について、目下のところ国から促進区域として指定されることを目指して取り組みを進めておりますが、6月には県のほうで新潟県洋上風力発電導入研究会組織されました。

妙高市議会 2020-12-02 12月02日-01号

また、地域の元気臨時交付金を活用し、総事業費約2億8300万円をかけ、太陽発電設備もありました。支援体制として、特別支援教育係に統括調整員、指導主事作業療法士教育指導員、教育相談員の計8名の専門職員を置いて、充実した体制になっておりました。業務内容は、発達障がい者への支援、学校への発達障がい者にかかわる巡回支援訪問、就学後の発達相談、発達障がい、特別支援教育に関する研修。

小千谷市議会 2020-11-29 11月29日-01号

(2)原子力防災訓練の実施について 柏崎刈羽原子力発電所の過酷事故を想定し、災害が発生した場合に取るべき行動を確認し、自らの身を守るための正しい知識を身に付けてもらうことを目的とした原子力防災訓練を、10月18日(金)に千田中学校で生徒を対象に実施しました。 訓練では、屋内退避訓練をはじめ、スクリーニング体験・化学防護服試着体験や原子力防災に関する学習会を行いました。

胎内市議会 2020-10-07 10月07日-04号

令和元年度胎内市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)    議第 74号 令和元年度胎内市黒川診療所運営事業特別会計補正予算(第1号)    議第 75号 令和元年度胎内市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)    議第 76号 令和元年度胎内市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)    議第 77号 令和元年度胎内市地域産業振興事業特別会計補正予算(第2号)    議第 78号 令和元年度胎内市鹿ノ俣発電所運営事業特別会計補正予算

妙高市議会 2020-09-25 09月25日-05号

小型発電機も配置する。市民避難所の想定世帯数は、最大84世帯、255名を想定し、設定したものであるとの答弁がなされました。   委員より、当時の平面図と変更したかとただしたのに対し、課長より、面積は966平方メートルから998平方メートルにふえ、エントランスを拡張した。直売所、農家レストランについては、基本的な構想は変わっていない。   

小千谷市議会 2020-09-25 09月25日-04号

一方、これまで議会の討論の中で繰り返し述べてきましたように、小千谷市に自然エネルギーが豊富に存在することは、JR信濃川水力発電所があったり、あるいは小千谷の地理的特性でもあります河岸段丘があちこちに見られることからも明らかであり、加えてバイオマス(ガス)や太陽光など持てるエネルギー資源有効に活用しないならば、これら資源も宝の持ち腐れになりかねません。

小千谷市議会 2020-09-02 09月02日-01号

別表第2備考4に規定する発電のための流水占用料並びに占用期間が1カ月に満たない流水占用料及び土地占用料の額について、消費税率の改正に伴い、今後消費税率が改正されても、その都度規定の改正することを要しない規定に改めるものです。   附則は、第1項では施行期日を令和元年10月1日からとするもの、第2項は経過措置を規定しております。   

十日町市議会 2020-03-19 03月19日-委員長報告、質疑、採決-06号

また、再生可能エネルギー関連経費について、市が掲げる電力消費量の30%相当を再生可能エネルギーで創出することに向けて、太陽発電をはじめ各種再生エネルギー分野へ取り組んでいることは高く評価いたします。事業を行っていく上で、投資効果、費用対効果を考え、選択を誤らないよう慎重に事業を進めていただきたい。  次に、8款土木費についてであります。

小千谷市議会 2020-03-19 03月19日-04号

審査の過程では、工事請負費の主たる工事箇所について、ガス売上予定額を減収で見込んだ要因について、ガス展の目的と投資効果について、ガス事業のあり方検討委員会及び公営企業運営委員会の検討事案、開催予定回数、委員構成について、局非常用発電機設置事業の内容についてなどの質疑があり、意見はありませんでした。   次に、議案第7号 令和2年度小千谷市水道事業会計予算について申し上げます。