2234件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上越市議会 2022-09-21 09月21日-05号

人事改革必要性につきましては、これまでも本会議の場で幾度か御説明してまいりましたが、改めて申し上げますと、私は選挙活動を通して、担当する業務地域に習熟している職員が3年程度で異動することにより、市民事業者関係機関等とのつながりが途切れ、また専門性をさらに高めたいと考え職員のモチベーションの低下につながりかねない部分があったのではないかとの市民の声をお聞きし、自身もそのように感じたことから、

新発田市議会 2022-09-09 令和 4年 9月定例会-09月09日-02号

職員定期異動に伴い、未経験職員の配置などで施設でのサービス低下が懸念されますが、どのように対処されるのかお考えをお伺いいたします。  次に、オーガニックSHIBATAプロジェクトの途中経過とこれからの課題について。地域農産物等ブランド化推進輸出促進事業は、令和4年の新規事業として2月定例会で議決されました新発田市の農業に対する夢あふれる事業として注目を浴びております。

上越市議会 2022-09-01 09月01日-01号

さらに、市長は何を課題と捉えて、どのように人事改革を進めようとしているのかとの質疑に、理事者から、職員に元気がない点や異動のサイクルが早い、研修視察等もあまり行っていない点などを課題と捉えており、改めて組織を見直して改善していきたいとの考えであるとの答弁がありました。  以上で職員意見集約の結果(概要)に関する質疑を終結しました。

新発田市議会 2022-06-16 令和 4年 6月16日経済建設常任委員会-06月16日-01号

内訳は、人事異動に伴う職員給与費等調整として、営業費用を同額増額するものであります。  次に、第3条の資本的支出予定額補正であります。資本的支出の総額を33万2,000円減額し、51億2,124万2,000円にしたいというものであります。内訳は、人事異動に伴う職員給与費等調整として建設改良費を同額減額するものであります。  

新発田市議会 2022-06-15 令和 4年 6月15日社会文教常任委員会−06月15日-01号

説明欄上から3つ目の丸、介護保険事業特別会計繰出金は、4月の定期人事異動等に伴う職員給与費増額分介護保険事業特別会計へ繰り出すものでございます。  説明は以上です。 ○委員長阿部聡) 沼澤こども課長。 ◎こども課長沼澤貴子) こども課所管分についてご説明申し上げます。  歳出のみでございます。予算議案書24、25ページをお願いいたします。

新発田市議会 2022-06-14 令和 4年 6月14日総務常任委員会−06月14日-01号

款議会費から飛びまして、44、45ページ、10款教育費までの職員給与費につきましては、令和4年4月1日付人事異動に伴う一般職給与調整育児休業等による不用額確定分調整等によるものであります。  戻りまして、16、17ページをお願いします。説明欄上から4つ目の丸、恩給及び退職年金事業は、対象となる受給者が亡くなったことに伴い、減額補正をするものであります。

上越市議会 2022-03-24 03月24日-07号

ただ、市長のこれまでのお話聞いていると、やっぱり新しいことに取り組むには業務量が増えていくというお話だったり、総合事務所については地域予算化をしていかなければいけないと、仕事が増えるというようなお話もあったり、先ほど高山議員質疑の中で時間外勤務の話もありましたけれども、そういった話も、もう既に来年度の人事異動資料は頂いておりますけれども、来年度何をしなきゃいけないのかとか、具体的な内容とか、スケジュール

上越市議会 2022-03-18 03月18日-04号

繰り返して申し上げますが、令和4年度から本格的に始動する人事改革プロジェクトにおいて、地域に精通する職員育成を含め、職員専門性のさらなる向上を図るため、職員研修人事異動在り方についての検討を進めることとしており、実施可能なものから速やかに実行してまいりたいと考えております。したがいまして、現段階では採用時の地域枠の設定や特定分野専門とする職員採用考えておらないところであります。

新発田市議会 2022-03-15 令和 4年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)-03月15日-01号

その下の丸、住基印鑑登録管理事業は、住民基本台帳法に基づき住民異動処理や印鑑登録に要する経費窓口業務マイナンバーカード関連事務等に係る臨時、パート職員の報酬及び住民票等コンビニ交付マイナンバーカードの作成、発行等業務委託している地方公共団体情報システム機構への負担金などであります。マイナンバーカードにつきましては、2月末現在交付数が3万5,374枚で、交付率は36.8%であります。

上越市議会 2022-03-02 03月02日-01号

あわせて、人事改革プロジェクトでは、職員育成と活躍が政策形成能力向上と質の高い市民サービスの提供につながるという基本認識の下、職員がやる気と意欲を持って仕事に臨み、持てる能力を存分に発揮できるよう、行政組織をはじめ、人事異動、職員研修、デジタル技術の活用による業務効率化などの在り方を検討してまいります。  

上越市議会 2021-12-13 12月13日-06号

2つ、3年で異動ではなく、市職員生きがいを持てる専門性のある人事制度に改革します。3、総合事務所地域や地元のことが分かる市職員を配置します。4、地域活性化のため、地域独自の予算を立て、市長に提案します。地域分権を確立します。事業の結果はしっかり事業評価を行い、優れた地域モデルにします。5、ものづくり高度化のための支援制度をつくります。です。  そこで、お聞きします。

上越市議会 2021-12-08 12月08日-03号

具体的には3年で異動ではなく、市職員生きがいを持てる専門性のある人事制度に改革しますとしていますが、具体的にどのように改革していくのかお伺いします。  3点目は、重点施策の最初に掲げられた地域分権についてお聞きします。当市の住民自治地域自治制度地域協議会委員の準公選制など、優れた理念の下にありますが、現状を見ると改善すべき点があるのも事実です。

新発田市議会 2021-12-02 令和 3年12月定例会-12月02日-02号

担当課からは、事業者との意見交換の中で、阿賀北地域と佐渡市は教職員人事異動範囲が重複することから、広域エリア同一システム採用していくことはモデル事例となるとの意見をいただき、導入コスト削減に向けた議論を進めているとの報告を受けております。阿賀北地域で勤務する教職員業務負担を軽減させ、児童生徒と向き合う時間の確保に向けて早期にシステム導入し、地域をリードしてまいります。