9952件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2031-12-18 12月18日-03号

また、現在の進捗状況はどのような状況であるか。  2つ目、ワークショップを実施していると思いますが、その参加メンバーはどのような方々か。どのようなテーマ、内容で行われたのか。加えて、その場でどのような意見があったのか、要望があったかをお聞かせください。  3つ目、生涯学習施設というと人それぞれ想起するものが多少異なると思いますが、施設内容はどのようなものを想定しているのか。  

小千谷市議会 2025-06-24 06月24日-02号

現在の状況は、6月中には全ての学校で稼働できる予定であります。   次に、第3点目の当市における学校管理下での熱中症対策及び対応の評価、問題点及び課題についてであります。ここ数年の高気温下状況により、教職員熱中症対策への意識は高まるとともに、具体的な対策が進んでいることから、学校での対応は評価できるものと考えております。

見附市議会 2024-09-11 09月11日-一般質問-03号

日本全体が抱える大きな課題である少子高齢化に伴う人口減少対策は、全国自治体でもその地域特性に合わせ、それぞれが智恵を絞り、その問題に苦慮していますが、残念ながら自然減社会減のいわばダブルパンチで、成果が思うほど上がらない状況です。そして、減少傾向は残念ながらとまらないが、せめてその減少速度減少率を緩やかにするための努力を重ねている状況かと思います。

見附市議会 2023-06-19 06月19日-一般質問-03号

1番目、教育センターにおける地場産野菜等活用状況はどのような状況か、直近3年間の主要品目別使用量使用率、あわせて同左内容についての県平均値をお伺いします。  2番目、使用率を高めるためにどのような取り組みを実施されているのか。また、大きく使用率が伸びないのにはどのような課題があるのかお伺いします。  

妙高市議会 2022-09-10 09月10日-04号

ただ、今年度につきましてはちょっとその回数が少し少なくなっているという状況がございます。   あと、今ほど議員さん御質問のありました施設利用勝手については、ちょっと私のほうで具体的にですね、5時までということで非常に使い勝手が悪いという話についてはちょっと承知をしておらない状況でございます。 ○議長関根正明) 宮澤一照議員

胎内市議会 2021-09-27 09月27日-03号

孤独を防止するものとしては、閉じこもりがちな高齢者等介護予防健康維持仲間づくりを目的としてさまざまなサロン活動などの見守り活動がありますが、必ずしもうまくいっている状況ではないと思います。このような状況を考えると、これからは地域高齢者が出てくる場と特に見守りが必要な方を訪ねる活動を組み合わせることが必要になってくるのではないでしょうか。

妙高市議会 2021-06-19 06月19日-04号

委員より、改定による職員作業や準備の状況と今後の課題はどうかとただしたのに対し、局長より、通常の料金改定の場合は原価計算を行い、経費を積算し、料金改定率を算出するが、今回は料金本体改定は行っておらず、消費税だけのため、職員による料金改定作業は行っていないとの答弁がなされました。   以上、審査の主なものを申し上げましたが、採決の結果、議案第41号は全会一致原案のとおり可決されました。   

見附市議会 2021-06-18 06月18日-一般質問-02号

今年度の状況としましては、各地域とも既存のまちづくり計画を推進していくということとしており、計画の見直しや新たな独自計画については検討されていない状況です。  次に、地域コミュニティ運営方法についてですが、それぞれの地域コミュニティの規模や立地環境が異なることから、将来の運営方法にも違いが出てくるということが考えられます。

胎内市議会 2020-12-20 12月20日-04号

これは、デイサービスセンター栗木野荘及びデイサービスセンターいわはら荘について、令和2年3月31日をもって指定の期間が満了することから、同年4月1日から令和4年3月31日までの2年間、引き続き社会福祉法人胎内市社会福祉協議会を指定し、その管理運営を行わせるものであり、主な質疑は、両施設基準該当障害福祉サービス利用状況について、デイケアセンターへの転換についてであり、全員異議なく、原案のとおり可決

妙高市議会 2020-12-20 12月20日-04号

今現在の状況では、時間外勤務による対応で可能だと考えているとの答弁がなされました。   委員より、旧町村には支所があり、支所利用して地域課題解決を図ってはどうかとただしたのに対し、課長より、現在も各支所では地域に寄り添った対応に努めていると認識している。特に、樽本地区が孤立した際、妙高支所で毎日の状況把握等を行い、頼りにされていると実感した各支所の役割は今後大きくなる。

小千谷市議会 2020-12-20 12月20日-04号

連合審査の過程では、歳出の2款総務費において、中越大震災メモリアル基金配分割合防災教育の期限、検証方法活用計画書について、地域おこし協力隊の減員について、8款土木費において、病院跡地物件補償料のアスベストに係る経費について、旧小千谷総合病院入り口付近移転の現状について、10款教育費において、新潟っ子スキー体験拡大パイロット事業の申請状況について、歳入において、県補助金の今後の見通しについて、

見附市議会 2020-12-11 12月11日-03号

1番、平成30年に環境省から発表された(平成28年度のデータをもとに)「あと20年で日本全国ごみ埋立場が満杯になり、ごみを埋め立てできなくなる」と全国的な最終処分場への課題がありますが、見附市での最終処分場残余年数等での今現在の状況や今後これから予測されます状況等はどのようであるかをお聞かせください。