1656件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小千谷市議会 2025-06-24 06月24日-02号

それから、灯油代が高いというのは、これどういうことかよくわかりませんが、気温は小千谷の場合は氷点下になる日がそんなに多くありませんので、多分東京から来られると少しそういう感覚になるのかどうかわかりませんが、燃料代がどうして高いのかというのはちょっと私にはよく理解できないのですが、向こうにおられたころは余りそういう燃料代の負担をしないでいいような生活をされていたのか、あるいは何か別のいい方法あったのか

妙高市議会 2022-09-10 09月10日-04号

◆14番(髙田保則) 多分一般的にはね、そういう通学路だとか交通量だとかということが非常に重点的だと思うんですが、私の言うその3種路線、それと建設課除雪機燃料代を補助している以外の道路、それも一応建設課が管理しているということになると思うんですが、その辺ですよね。だから、私言うのは、今回質問するのは3種路線をね、どういうふうにしているか。

見附市議会 2020-12-11 12月11日-03号

4番、CO2削減のための新エネルギーとして、再生可能エネルギーの普及とし、以前から公用車クリーンエネルギー自動車使用やBDF(バイオディーゼル燃料使用、また市内小中特別支援学校やネーブルみつけに太陽光発電設備の設置をし、地球温暖化対策に努めておりますが、今後も市内施設等で新たにさまざまな再生可能エネルギーの導入、または利活用の予定はありますか。お聞かせください。  以上です。

妙高市議会 2020-12-02 12月02日-01号

具体的に言いますと、先ほど申し上げましたように大口需要家がないということから、工場燃料転換ですとかホテルの開業によりガス需要が伸びることによって、料金を統一するという条件になろうかと思いますので、そちらのほうを努力してまいりたいというふうに考えております。   

妙高市議会 2020-06-07 06月07日-03号

福祉バスにつきましては、福祉目的とする団体が積極的に社会参加できるよう、市所有バス無料で御利用いただく制度でありますが、バス利用した際の燃料費、運転手の賃金は利用者負担とさせていただいているところであります。昨年度につきましては、16の団体から延べ32回の利用があり、障がい者の地域活動を初めとし、福祉に関する各種研修大会等への参加に利用いただいております。

新発田市議会 2020-03-16 令和 2年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)-03月16日-01号

説明欄中ほどの丸、公衆浴場確保対策事業は、公衆衛生向上を図ることを目的とした一般公衆浴場事業者に対する設備改善燃料費等運営維持経費補助のほか、保健衛生向上を図るため、居宅に入浴が可能な設備のない65歳以上の高齢世帯生活保護世帯等への無料入浴券交付に要する費用であります。  次に、196、197ページをお願いします。

上越市議会 2020-03-16 03月16日-03号

今冬の少雪につきましては、除雪業者はもとより、除雪器具製造業燃料販売衣類販売等小売業にも大きな影響を与えています。現時点で把握している影響をどう捉え、市ができる対策をどう考えているのかお伺いするものであります。  4項目めは、今ほど申し上げました新型コロナウイルスが及ぼす地域経済への影響についてでございます。

妙高市議会 2020-03-12 03月12日-05号

◆18番(岩﨑芳昭) 里山林間伐ということで、例えばシイタケのほだ木にするとか、またいわゆるまきストーブ持っている方のですね、燃料いわゆるまきにする、そういう中ではなかなか費用対効果というのは見いだせない部分もあるのかなという気もします。   それと、そこでですね、提案なんですけども、いわゆるよく要綱を見ますと、その他森林整備の促進に関することということで記載されています。

阿賀町議会 2020-03-11 03月11日-02号

清川高原保養センター管理運営費施設燃料費でございますが、こちらも不足が見込まれますことから120万円をお願いし、施設修繕料につきましては、ろ過器ポンプ老朽化によるものと考えられる異常音の発生や、脱衣場・床下において漏水が見られるというようなところから、その補修に要する経費40万円をお願いするものでございます。 

新発田市議会 2020-03-11 令和 2年 2月定例会-03月11日-03号

平成25年3月作成の新発田市新エネルギービジョンでは、化石燃料をこのままのペースで使用を続けるならば、21世紀中に枯渇する可能性があり、二酸化炭素を大量に放出することで温暖化が進行しているとしています。近年気候変動が加速する中で、日本各地で豪雨、巨大台風水飢饉など自然の脅威はさらに高まりつつあります。

阿賀町議会 2020-03-10 03月10日-01号

阿賀町におきましては、平成22年に阿賀バイオマスタウン構想、これに基づく阿賀木質バイオマス利活用計画を策定した中で、森林整備を積極的に進め、間伐などの木質バイオマス燃料として再資源化して活用し、地域雇用の創出と地球環境改善にもつなげるんだという計画にのっとり、木質ペレット工場を建設し一定の雇用成果を上げておりますが、阿賀悠久森カーボンオフセット事業等と併せまして環境問題の改善にも貢献すべく

胎内市議会 2020-03-09 03月09日-02号

のとおりでございますが、まず国の基本計画において事前に備えるべき目標は8つの項目を掲げておりまして、1つ目は直接死を最大限防ぐこと、2つ目は救助、救急、医療活動等が迅速に行われるとともに、被災者の健康、避難生活環境を確実に確保すること、3つ目は必要不可欠な行政機能を確保すること、4つ目は必要不可欠な情報通信機能情報サービスを確保すること、5つ目経済活動機能不全に陥らせないこと、6つ目はライフライン、燃料供給関連施設