43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上越市議会 2020-06-11 06月11日-04号

本日は、上越人口もいよいよ18万人台ということで、この人口減少対策につきましては後ほどの丸山議員にお任せいたしまして、少し関係のあるこの上越に住んでいただくための少し細かいことではございますが、行政の皆さんにお聞きしたいと思っております。  初めに、公共下水道についてでございます。公共下水道は、合併上越から昭和54年の12月に着工が始まって現在に至っております。

柏崎市議会 2020-02-25 令和 2年 2月定例会議(第 2回会議 2月25日)

来月、3月14日のダイヤ改正で、2年連続で長岡駅での上越新幹線信越本線の接続が改善されることになりました。これは、要望活動継続が実を結んでいるものであり、しっかりと継続してまいります。今後とも、県や関係機関と連携し、鉄道利用の促進や、上越新幹線北陸新幹線を結ぶ信越本線などの鉄道交通のネットワークの強化と高速化に取り組みます。  

妙高市議会 2016-03-04 03月04日-03号

農業者主体になってやる、あるいは地域全体の取り組みに対して支援を行っていただけるということでお話をいただいておりますけれども、そこでですね、サツマイモについて少しつけ加えさせていただきますけれども、芋をですね、つくって芋、製品そのものを販売するということだけじゃなくて、例えば上越直売所においてはですね、焼き芋が非常に売れているということがあります。

新発田市議会 2014-12-16 平成26年12月定例会−12月16日-03号

予算の少なさもさることながら、一番の問題は歴代市長並びに教育長図書館そのものに対する認識の低さではないでしょうか。例えば図書館職員の配置です。数名の専門職員以外の一般職員は3年から5年で異動することが多く、定着率司書率が低く、仕事になれてくると異動という状況です。仕事専門性を考えますと相当効率が悪くなっているというふうに考えております。

上越市議会 2014-09-24 09月24日-05号

ここ上越を訪れる観光客皆様上越妙高駅降車後の2次交通について、北陸新幹線開業を間近に控える中、これまで十分な施策展開が図られているかということであります。開業まであと半年となった現時点において、利便性の高い、スムーズな鉄道交通や2次交通をはっきりとした形で確立させておくことが市民にとっても、またここ上越へおいでいただく皆様にも大事な施策と考えます。

上越市議会 2014-06-16 06月16日-03号

県内では、長岡上越だけの問題だと思いますけども、仮に上越が中核を選択して保健所設置した場合に、今の上越保健所管内妙高における保健所業務はどうなってしまうのか、そういった問題が生じてくるのではないかというふうに思われますが、こうしたことに対しまして、もし見解がありましたらお聞かせいただきたいというふうに思います。 ○佐藤敏議長 川上宏企画政策部長。               

上越市議会 2013-09-24 09月24日-04号

1年目は、市長の目指す、すこやかなまちについての認識歴代市長主要事業継続性についてお尋ねをいたしました。2年目は、市長政治団体の多額な収支をめぐる市長認識を尋ねました。3年目は、公約達成度地域協議会などについて質問をいたしました。昨年の私が質問した公約76項目のうちの18項目達成をされて、56の事業も着手中で、任期中には達成できると、こういうことを見込まれて答弁されました。

五泉市議会 2013-06-12 06月12日-一般質問-02号

5月11日の新潟日報に「県立武道館が名乗り、過熱する誘致合戦」と題した記事潮流時流のコーナーに掲げられていました。5とは、新潟上越、燕、加茂、南魚沼です。記事は、この5による誘致合戦が熱を帯びて誘致PRに力を入れていると報じています。しかし、県の候補地選定には、評価基準設置地域の決定時期は未定であり、道筋は見えないとも報じています。

上越市議会 2012-12-11 12月11日-03号

  長  登  壇〕 ◎村山秀幸市長 3年前に市民皆さんにお約束した内容は成就しているということでありますし、今例に出ました糸魚川さんですが、上越とは違って高校生までいくけれども、それまでの入院、通院の医療費上越制度よりもないというか、上越制度のほうが上をいっているというものもございますので、トータル的に見てどうかという議論になると思います。

妙高市議会 2010-06-10 06月10日-02号

民間経営意識を前面に、みずから全国行脚によって歴代市長にも負けず劣らず新井に新しい風を吹き込み、多くの市民からは何かやってくれるのではないかという期待感が大きく広がりました。私自身も平成15年7月に市議会議員の仲間入りをさせていただき、大いに期待を持った一人でもあります。   この間私なりに市長の2期8年間の実績を顧みますと、1期目では何といっても3市町村の合併であります。

上越市議会 2010-03-24 03月24日-07号

これまで上越大型プロジェクト事業計画を立てて、財政計画とともに国県事業を推進してまいりましたが、これらの事業は延期をしたり変更が生じたりして、歴代市長がかわるたびに積み残した事業があります。市長公約政策判断あるいは財源などによって中途半端になっていることでありますが、どのように前任者から引き継がれたのか。

柏崎市議会 2009-09-07 平成21年第7回定例会(第2日目 9月 7日)

新潟県では、いわゆるミニ新幹線の導入を国に要望する目的で、昭和62年に上越新幹線直行特急早期実現期成同盟会を結成しました。その後、何回か勉強会が開かれましたが、会田市長にかわってから、「ミニ新幹線構想を見直す」との発言がありました。その直後の全国議長会で、私は、長岡上越の両議長から、ミニ新幹線構想の旗をおろさないでほしいと、会田市長に進言するよう要請されました。  

柏崎市議会 2009-06-10 平成21年第4回定例会(第2日目 6月10日)

商品券発行規模は、長岡が5億5,000万円、三条が3億6,000万円、村上、糸魚川が3億3,000万円、南魚沼が3億円、上越が2億8,200万円、新発田、見附などが2億2,000万円規模で実施をしておりまして、これら他と比較いたしましても、本市の3億3,000万円は、決して少額ということはなく、まあ妥当ではないかというふうに思っております。  

上越市議会 2008-12-10 12月10日-02号

毎年困難な編成作業陣頭指揮に当たっておられる木浦市長でありますが、歴代市長もそうであったように、厳しい中ではありますが、英知を集め、創意工夫に満ちた新年度予算となるよう心から期待し、また新年度は一層厳しさが伴うだけに、今回は特に激励を申し上げたいと思うのであります。  そこでお尋ねいたします。まず、新年度歳入環境をどう認識され、見通しされているのかであります。