224件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小千谷市議会 2020-12-17 12月17日-02号

質問9点目、9月定例会でも質問いたしました支援システムに関して急ピッチで整備が進んでいると聞いています。先生方の働き方改革に直結していきますので、早急にと望むところですが、進捗と今後の予定を伺います。   質問10点目、保護者に一斉送信する緊急メールの配信が学校パソコンからでないと発信できないという状況にあります。

燕市議会 2020-12-14 12月14日-一般質問-04号

基本的に学習による成績に関する評価等につきましては、こちらのウェブ上のものを使うのではなく、支援システムの中にある別のルートで回っているラインを使わせていただいているところでございます。よって、成績に関する個人情報等につきましては、生徒がアクセスするところとは全く別個のものになりますので、ご安心いただける状況になるかと思います。  

三条市議会 2020-12-11 令和 2年第 7回定例会(第5号12月11日)

その目的は、子供たち一人一人の個性に合わせた教育の実現や、学びにおける時間、距離などの制約を取り払う遠隔オンライン教育の実施、個別に最適で効果的な学びや支援学校における効率化などが挙げられると思いますが、文部科学省の資料によると、災害時に避難所防災担当者の拠点として通信機能を発揮したりすることなどを想定している面もあり、教育活動だけでなく、幅広くネットワーク環境の利用を考えている面もうかがえます

新潟市議会 2020-11-26 令和 2年11月26日文教経済常任委員会-11月26日-01号

教育ネットワークシステムあと学校支援ネットワークがあるので、その中で行う形になります。G Suiteのメールになります。 ◆水澤仁 委員  低学年もランドセルに入れて持ち帰って、家庭で使うと思いますが、仮に壊れた、故障した際の対応はどのように考えていますか。 ◎加藤浩志 学務課長  今回、基本的にはキーボード打ちを主として、キーボードはカバーを備えています。

新潟市議会 2020-10-06 令和 2年決算特別委員会第2分科会−10月06日-03号

次に、教育ネットワーク構築事業は、教職員多忙化解消情報セキュリティー向上を目指す教育ネットワーク基盤及び統合支援システム構築経費です。こちらは、令和3年4月の本稼働を目指しています。昨年9月に補正予算の議決を頂き、現在構築を進めていますが、学校現場との十分な意見交換導入前の研修などを行うために、8,700万円余りを令和2年度に繰り越しました。  

新潟市議会 2020-10-02 令和 2年決算特別委員会-10月02日-03号

教育ネットワーク構築事業では、教育ネットワーク基盤及び統合支援システム構築に着手し、学校ICT整備事業では各種コンピューター管理運営を行いました。  110ページ、就学援助事業などにより、保護者経済的負担軽減を図るとともに、奨学金などの貸付けによる就学支援を行いました。  

柏崎市議会 2020-09-28 令和 2年決算特別委員会・総務分科会( 9月28日)

あと、もう一つ大きいのが、学校系システムでございまして、児童生徒が使われるパソコンであるとか、あるいは、教職員の方が使われる支援システム、そういったものも、市内の中では、比較的、大規模のシステムになっておりますので、こうしたものについても見積りの精査をするなどして、費用の適正化を図ってきたということでございます。説明が分かりにくくて申し訳ありません。

新発田市議会 2020-09-28 令和 2年 一般会計決算審査特別委員会(社会文教関係)−09月28日-01号

備考欄最上段の丸、スクールサポート事業は、小中学校学習支援部活動指導支援等外部人材活用し、児童生徒学校生活充実を図るために要した経費であります。具体的には、学校支援ボランティア運動部活動外部指導員日本語以外を母国語にする児童生徒に対する日本語指導員への協力謝礼、そのほか市スクールサポートスタッフ3名の賃金、中学校部活動指導員5名の報酬が主なものであります。  

上越市議会 2020-09-24 09月24日-06号

実際にコンピューター設置事業教材提示に有効なICT機器整備しますですとか、用のコンピューター支援システム整備します、ネットワーク等の保守を行います、情報教育に関する研修を行いますなどの、実際の準備をするそういった事業が進められていくのだなというところは見えてくるんですけれども、実際タブレット等子供たちのよりよい活用のためにどういうふうに使われるのかなというところを少しお聞きしたいところであります

小千谷市議会 2020-09-17 09月17日-02号

現在、各種に関しては複数のソフトウエアを活用していますが、それらを一元的に管理できて効率化を図ることができる統合支援システムなどの導入は、多忙化解消につながる一つであると認識しております。今後、周辺市町村導入状況を見極めた上で対応してまいります。   次に、第4点目、中長期的視野に立った今後の見通しについてであります。

上越市議会 2020-09-17 09月17日-03号

学校運営協議会では、校長が作成する経営計画教育課程編成学校分掌等の組織の編成に関する事項について熟議し、学校地域住民等と一体となって学校運営の改善及び児童生徒健全育成に取り組むことを目的としております。  具体的な取組事例を申し上げますと、多くの学校では年度当初に委員教職員生活科や総合的な学習の時間を中心としたカリキュラムの検討を行っております。

長岡市議会 2020-09-03 令和 2年 9月定例会本会議-09月03日-03号

また、ICT活用による効率化学校における働き方改革を進める必要もあります。教育委員会としてどのような体制で取り組んでいかれるのか、御所見をお聞かせください。  次に、高等総合支援学校への1人1台の情報端末整備について伺います。本市では、新型ウイルス禍学びを保障するため、小・中学校に1人1台のタブレット端末が今年度中に整備されます。

新潟市議会 2020-06-23 令和 2年 6月23日文教経済常任委員会-06月23日-01号

土田真清 委員  次に、地域教育コーディネーター連携強化事業について、これまで地域教育コーディネーターパソコン支援システムに接続してこなかった理由はどういうことがあるのですか。 ◎宇ノ井修二 地域教育推進課長  これまで地域教育コーディネーターパソコン端末は、スタンドアローンで使用していました。

新潟市議会 2020-06-18 令和 2年 6月定例会本会議−06月18日-03号

ICT支援員は、学校ICTを利用した授業が円滑に進むように、児童生徒ICTメディア活用して、児童生徒自身が上げた学習課題の解決のために教職員連携、協力して適切な支援を行うとともに、授業以外でも、教員研修において、教員と相談し、学校からの要望を受けながらICT活用を推進していくことが求められています。ICT支援員の配置について、どのようにお考えかお聞かせください。

十日町市議会 2020-06-15 06月15日-市政に対する一般質問-02号

ただ、この使い方が慣れてきて日常的に使いこなせるようになれば、今現在あります支援システム、そんなものと連携しながら先生方の日常のそういったものを助ける非常に大きなツールになると思います。そういった段階になって初めてこのGIGAスクール構想のメリットというのは出てくるんじゃないかなというふうに思っております。

新発田市議会 2020-03-27 令和 2年 2月定例会−03月27日-05号

4点目として、学校教育では働き方改革をめぐる論議が行われましたが、特に1年単位の変形労働時間制の導入で言われた休日のまとめ取りは、現実的には閑散期がなく、恒常的な時間外労働を強いられている学校現場導入できる状況ではなく、さらに多くの教員多忙化に追い込むものであり、むしろ業務削減支援システム導入による働き方が求められていると考えます。  

三条市議会 2020-03-18 令和 2年総務文教常任委員会( 3月18日)

事業番号060一般経費1,321万2,000円は、学校事務円滑化を図る支援システムの委託料が主な内容でございまして、教職員事務的作業負担軽減を図り、児童生徒指導支援にあたる時間の確保を図ることや、児童生徒個人情報成績等を安全に管理することを目的としているものでございます。  続いて、224、225ページでございます。