5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新発田市議会 2014-03-19 平成26年 一般会計予算審査特別委員会(市長総括質疑)−03月19日-01号

ただ、保育園については、保育に欠けるということでゼロ歳児、々大勢いるわけですね。じゃ、そうなれば未満児、3歳前まではお金を払って、3歳になったら今度無料というふうな状況もなるわけであります。  それと、待機児童については、市挙げて一生懸命待機児童ゼロということで事業を展開しております。

新発田市議会 2014-03-18 平成26年 一般会計予算審査特別委員会(社会文教関係)−03月18日-01号

ゼロ歳、でも第3子ということであれば、じゃ、保育に欠けるということで、また第3番目も4番目もだということであれば、その部分も当然対象にするのが考えるべきじゃないかなと思うんですけれども、なぜ3歳から5歳ということで区切っているのか。また、これから今後そういう面では広げていく考えも今あるのかお伺いします。  それと、1点要望であります。今回各委員からもいろいろ質問が出たわけであります。

十日町市議会 2010-09-13 09月13日-市政に対する一般質問-03号

次に、臨時職員の現状、また入園児数の定員割れ、児童増加による職員体制についてでございますけれども、議員ご指摘のとおり平成22年の4月1日当初におきましては、正規職員66名に対しまして、1日4時間から7時間、週5日以上勤務する臨時職員の人数は103名でございました。その後園児の途中入所、また気になる子供の増加などによりまして、8月1日現在では117名となっております。

燕市議会 2007-09-11 09月11日-一般質問-02号

1点目の吉田地区における乳児、保育現況についてこれからどう考えていくかということでございます。1点目の現況につきましては、今塚原部長のほうからそれぞれ保育園における現況、これからの対応ということでご答弁を申し上げたところでございます。確かにほかの旧2地区に比べましてその状況が非常によろしくない、こういう現況になっている事実であるわけであります。

  • 1