12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

上越市議会 2019-09-25 09月25日-06号

国内では、核燃料サイクル開発機構、現在の日本原子力研究開発機構が進めてきた地層処分研究により、日本においても地層処分が技術的に実現可能であることが1999年、平成11年に確認され、翌2000年、平成12年には地層処分を前提とする特定放射性廃棄物最終処分に関する法律が制定されるとともに、その事業主体として原子力発電環境整備機構、NUMOが設立されたところでございます。

柏崎市議会 2019-03-08 平成31年 2月定例会議(第 6回会議 3月 8日)

日本においても、21基が廃止措置中、1基が廃止措置終了、これは、動力試験炉JPDR日本原子力研究開発機構、東海村にあるものでございますけれども、JPDR廃止措置終了となっておるわけでございます。加えて、先日、九州電力玄海原子力発電所2号機の廃炉が発表されたのは記憶に新しいところでございます。  

長岡市議会 2018-06-14 平成30年 6月定例会本会議-06月14日-03号

原子力安全対策室長危機管理防災本部長星雅人君登壇〕 ◎原子力安全対策室長危機管理防災本部長星雅人君) 市では、これまで福島第一原子力発電所事故に関するさまざまな調査報告書、それから日本原子力研究開発機構などの専門機関が発表した資料を参考に原発の安全性について学んだほか、原子力規制委員会や県の技術委員会検証委員会の傍聴、他県の原子力防災訓練の参観などを通して職員専門性向上に取り組んでまいりました

柏崎市議会 2017-12-12 平成29年12月定例会議(第30回会議12月12日)

つまり、日本原子力研究開発機構その副理事長であったとか、副部門長であった。つまり、無形の中で規制委員会も設置をされているという実態を改めて、私たちは認識しておかなければならないし、国家行政組織法三条委員会と言えば、済むものではないと思うわけであります。  したがって、明確なルール、これによって選任されるべきであることを進言すること。現場もよく見て、審査書の議論を行うことを進言すること。

柏崎市議会 2015-12-14 平成27年12月定例会議(第26回会議12月14日)

また、今ほどもお話ありましたが、文部科学大臣は、高速増殖炉もんじゅ運営主体であります日本原子力研究開発機構の変更を原子力規制委員会から求められて、核燃料サイクル政策そのものが大きな岐路に立たされていると。言ってみれば、この日本原子力研究開発機構が退場を求められているというふうにも理解いたしますが、まさに、この核燃料サイクルは破綻しつつあるのではないかというふうに認識をしております。  

柏崎市議会 2012-09-20 平成24年総務常任委員会( 9月20日)

次に、(2)広域的な環境放射線モニタリング体制の確保として、県は、緊急時モニタリングに関し、国、市町村、原子力事業者のほか、独立行政法人放射線医学総合研究所独立行政法人日本原子力研究開発機構観測データの共有や公表方法など平常時より緊密な協力体制整備し、市は、県の助言や協力によって校庭、公園、側溝、通学路などの住民生活に身近な場所のモニタリング体制整備に努めます。  

十日町市議会 2011-12-05 12月05日-市政に対する一般質問-02号

限られた測定機器を効率的に管理運用するために、文部科学省日本原子力研究開発機構の示します放射線測定に関するガイドラインに沿った測定機器取り扱い方法、また測定方法、そして高い放射線量が測定された場合の対処方法などを含めまして考える必要がございますので、地域の振興会などの組織参考に、放射線量測定仕組みづくりを検討してまいりたいというふうに考えております。  

新発田市議会 2011-09-09 平成23年 9月定例会-09月09日-02号

海洋汚染は、日本原子力研究開発機構が昨日までに汚染水放出に加え、大気中からの降下物を合わせて放射能放出総量を1.5京ベクレルを超えるとの試算をまとめましたけれども、東電が推定した数値の3倍以上とのことであります。今後の影響がどこまで拡大するのか定かではございません。時間的には、放射能汚染による影響は長時間にわたって国民や子供たちへの健康被害をもたらすものでございます。

上越市議会 2011-06-16 06月16日-02号

市長会の内容について文書をいただいたんですけども、緊急安全対策及び今回の事故徹底検証云々、こう書いてあるんですけども、今国の中にあるいろいろな省庁が、例えば経済産業省管轄が資源エネルギー庁とか原子力安全・保安院、内閣府は原子力安全委員会とか原子力委員会、そして文部科学省日本原子力研究開発機構とか、そういった研究機関、そういうふうにいろいろと省庁管轄が違っていまして、せっかく市長会とか、北信越

  • 1