353件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

燕市議会 2020-03-06 03月06日-一般質問-03号

次に、教育問題であります。来年度からの小学校における新指導要領完全実施についてであります。今回の新指導要領完全実施に当たり、小学校5、6年生に対する英語教育において教科書を用い、さらにその成果を評価することが求められていること。小学校教員は、英語授業で教えることは想定外であったはずであります。プログラミング教育への対応、また対話を重視したアクティブラーニングなど新たな教育課題が多くあります。

燕市議会 2020-03-05 03月05日-一般質問-02号

項目2、学校教育問題について。中項目1、学習方法アクティブ・ラーニングALについて伺います。小項目の1、主体性、対話的で深い学びを目指すアクティブ・ラーニングAL授業が2020年度から小中高校で順次実施されるとのことですが、燕市教育委員会としてはどのように考えているのかお伺いいたします。  大項目の2、学校教育問題についての中項目2、教員の働き方改革について。

燕市議会 2019-12-13 12月13日-一般質問-04号

項目3、小中学生教育問題についてお伺いいたします。中項目1、スマートフォン利用による小中学生教育についてお伺いいたします。小項目1、スマートフォンSNS利用による小中学生が事故や事件に巻き込まれる事件が全国的に増加、勃発していますが、燕市内では小中学生の何%がスマートフォンを持っているのか、学校に持参許可されている現状をお伺いいたします。  

燕市議会 2019-12-11 12月11日-一般質問-02号

次に、教育問題についてお聞きをいたします。燕市では、教育立市宣言を境に小中学校学力向上を目指してまいりました。基礎学力向上を目指してジュニア検定長善館タイム、Jack&Bettyプロジェクト、また教職員のための英語、数学の指導員の加配など、さまざまな取り組みを行い、全国学習学力状況調査、つまりNRTといいますが、の結果を公表してまいりました。

燕市議会 2019-09-11 09月11日-一般質問-02号

教育委員会主幹二平芳信君) 私からは、大項目3の教育問題についてお答えいたします。  最初に、3の(1)の①、学校におけるいじめ早期発見のための対策課題についてお答えいたします。学校では、児童生徒に対して定期的なアンケート調査教育相談を行うなど、いじめ早期発見に努めており、ほとんどが初期段階で解決されてきました。

胎内市議会 2019-03-11 03月11日-03号

〔2番 坂上隆夫質問席〕 ◆2番(坂上隆夫君) 教育問題はいろいろあるわけでございますが、今は教育委員会保護者、この辺が地域と連携がとれていないのではないかというふうに思います。また、部活動に対しては来年度窓口を教育委員会のほうに設けるということで、問題点保護者と工夫しまして部活の改善の方向に向かうよう期待しております。  

胎内市議会 2019-03-08 03月08日-02号

次に、教育問題についてお伺いします。胎内市も少子化が進んでおり、出生数も27年度208人、28年度178人、29年度172人、30年度141人、2月19日現在です。これを踏まえ、早急な対策をとらなければならないと思います。  そこで伺います。中学校の1学年適正規模は何人くらいか、また現在の状況はどのようになっているのかをお伺いします。  

上越市議会 2018-09-19 09月19日-03号

なぜなら、教育問題に立ち返れば、それが子供らが、また保護者らが安心して学校教育を委ねられる環境を育成することであり、ひいては市の持続可能性にかかわってくることだからです。  2つ目質問は、ここ10年ほどの間に統廃合され、閉校となった学校施設利活用状況はどうか。また、今後はどのような活用を考えているのか、これもお聞きしたいと思います。  大きな項目2つ目です。公共施設の運営について。

燕市議会 2018-09-14 09月14日-一般質問-03号

次に、教育問題、いじめの問題であります。教育問題特にいじめの問題にはこれまで多くの議員一般質問で取り上げてきました。担任教諭による早期発見早期対応が効果的であると再三答弁をされてきましたが、早期発見早期対応に必要なことは何か、またいじめの訴えがあった場合担任1人の対応でよいのか、複数の職員による対応が必要なのではないでしょうか。

柏崎市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会議(第16回会議 9月11日)

学校教育における教育問題というと、どうしても、その第一に、子供たち学力というものが対象になることが多いようですが、学力は重要な要素ではありますが、学校での教育活動が、それ一辺倒での評価にならないようにしなければならないと思います。  では、(1)番、柏崎市の子供たち学力学習状況についてです。  

燕市議会 2018-06-18 06月18日-一般質問-03号

次に、教育問題であります。最初に取り上げたいのは、学習参加意欲の問題であります。我々は、小学校授業参観中学校学習状況を視察することが間々あります。小学校学年では、子供たちの手が活発に挙がり、「先生、自分に答えさせて」と主張しているようであります。小学校高学年中学校高校と進むにつれて、この傾向が薄れてまいります。何で、何が原因でこのようになるのか。

燕市議会 2017-12-15 12月15日-一般質問-04号

あと教育問題教育委員会のほうから答弁させていただきます。  1の(1)の⑥、医療機器産業参入への今後の支援についてお答えします。医療機器分野への参入に向けた取り組みにつきましては、平成23年度から法的な許可制度や規制などを学ぶ勉強会を立ち上げるとともに、平成25年度からは市内企業を中心に立ち上げた医療機器研究会において、医療用はさみやピンセットなど、鋼製小物の試作、研究などを行っております。

燕市議会 2017-12-13 12月13日-一般質問-02号

次に、教育問題についてであります。かねてから中学校卒業式にお招きにあずかっておりますが、3月上旬の卒業式を終えた後の中学3年生は一体何をしておるのか疑問でありました。当然3月31日までは中学生であります。私立や中等教育学校生徒は、3月25日ごろの終業式まで授業があります。卒業式を終え、高校入試を終えた中学3年生は、一体何をしておるのでしょうか。その実態についてお聞きをしたいと思います。  

見附市議会 2017-12-12 12月12日-一般質問-02号

◆髙橋健一議員 今まで子ども医療費関係、また若者の人口対策就業対策子ども教育問題等々話されたということですけれども、見附市とは今後また具体的にはどのような見附市の課題等々があり、それをまた、見附市だけの課題ではないと思いますけれども、県内全体、市町村が抱える課題等々について今後はどのような方向性、また具体的な課題等々については持っておられるのかお尋ねします。

阿賀町議会 2017-09-07 09月07日-01号

講演会の講師には、元拉致被害者で、現在、新潟産業大学経済学部准教授蓮池薫さんをお招きして、人権問題、教育問題等についてご講演いただくことになっております。貴重なお話を聞く機会でもございますので、議員各位からも、ぜひ会場に足を運んでいただきますようお願いを申し上げます。 次に、9月1日から事業を開始しました新潟水俣病リハビリモデル事業及び病後児保育関係でございます。