8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

上越市議会 2014-09-29 09月29日-07号

そして、立憲主義は、憲法によって時の支配が欲しいままに政治を行ったり、権力を行使したりすることを制限しようという思想であり、およそ近代国家である以上最低限守るべき原理原則です。  今回の閣議決定は、この立憲主義に反する点で大きな2つの問題があります。1つは、政府として長年一貫して採用してきた憲法解釈を時の内閣の一存であたかも政策の一つであるかのように軽々しく変更するものである点です。

燕市議会 2009-09-07 09月07日-一般質問-04号

では、公権力とは何ぞやですが、辞書には公権力とは「国または公共団体支配として国民に対して持っている権力、またその権力を行使する主体と」書かれています。このことから、市役所とは市長、職員が市民の権利を規制し、義務を課するような支配としての権力を行使する事務をとり扱うところということになります。  先日渡邉広宣議員が言った「市役所ほど行きたくないところはない」ところが市役所なんです。

小千谷市議会 2008-03-14 03月14日-03号

さらに注目されますことは、あらゆる支配下部層に対する質素倹約に絶大の関心を寄せるを常としているとの識者の指摘に見られますように、特に農民に対しては絹、つむぎ類の着物はもとより、紫や紅色も衣服に用いることを禁止する等の風習が根強く残っているころであり、人形といえども、大きさはもちろんのこと、美麗な衣装の調製等も現今では想像できかねる事件性を抱えていたことなども歴史的に認識する必要を、主観的ですが、

新発田市議会 2005-06-13 平成17年 6月定例会-06月13日-02号

以後、時代の変遷とともに中条氏が支配となり、金山城館を支配する金山氏が誕生していくのであります。承久3年、1221年、後鳥羽上皇の倒幕の企てに参画した藤原信成の命を受けて、酒匂八郎家賢金山城館遺跡の一部、願文山に立てこもり、幕府側に立つ加地荘地頭佐々木信実通称加地太郎でございますが、と対戦し、承久の乱の前哨戦があったことが吾妻鏡に見てとれます。

新潟市議会 2004-03-12 平成16年 2月定例会本会議-03月12日-06号

違う視点で論ずれば,支配公僕かとの分け方もできます。江戸時代であれば,公務員武士階級と言えるでしょう。支配ですから収入が多くて当然です。しかし,現代において公務員公僕に近いと言えます。そう考えますと,税金を納めている市民がある意味主人であり,主人より給与が高いものはどうも道理に合いませんし,理不尽を感じます。  

  • 1