8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

十日町市議会 2019-03-18 03月18日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

防災行政無線の整備では、市内全域屋外スピーカーの配備を進め、さらに支所地域ごと戸別受信機も無料で配布することで、市民の安全への状況が大きく広がります。市内消費電力の30%相当を再生可能エネルギーに向ける事業においては、31年度にはバイオマス活用促進事業が上がっています。その1つは、キナーレ、明石の湯へ熱電併給システムを導入することで、木質バイオマス利用を促進する3億円を超える事業です。

長岡市議会 2015-03-11 平成27年 3月文教福祉委員会−03月11日-01号

◎栗林 福祉課長  人工透析者通院費助成事業の内容でございますが、これまで支所地域ごとにばらばらな通院費助成事業は、合併前からあったものがそのまま残っておったわけですが、合併市町村独自の事業全市統一基準ということで、通院の距離に合わせまして、2キロ未満、2キロから5キロまで、5キロから10キロまで、10キロ以上の4段階に分けまして助成金を交付するということに拡大をいたしました。

長岡市議会 2014-09-24 平成26年決算審査特別委員会(25年度決算)−09月24日-01号

◎小池 市民活動推進課長  交通安全関係協会等への負担金等の問い合わせでございますけれども、やはり交通安全等活動につきましても支所地域ごとそれから長岡地域ごとでもいろいろ力の入れ方が違う地域がございます。それからまた、やはり警察との連携というものもございますので、長岡市も所管の警察署長岡警察署見附警察署小千谷警察署柏崎警察署与板警察署がございます。

長岡市議会 2013-09-11 平成25年 9月定例会本会議−09月11日-02号

それが支所地域ごとなのか、包括支援ブロックごとか、コミュニティごとになるのかは今後の検討ですが、栃尾地域先行モデル事業のお話がありましたが、ぜひその事例を見守りながら、長岡版とも言える地域福祉計画を時間をかけてでも完成させていただきたい、そのことを要望いたしまして、最後に地域住民の参加を促し、地域別福祉のあり方を探っていく取り組みについて、長岡市の現状とこれからの方向をお聞きし、私の質問を終わります

十日町市議会 2012-12-10 12月10日-市政に対する一般質問-02号

2点目、生活道路協働除雪路線でのいわゆる3者契約、市、地元、業者でございますが、十日町地域と各支所地域ごとにお答えをしていただければありがたいと思っております。3点目、個人に起因する雪の処理と新たに創設予定補助制度について、4点目、消雪パイプによる除雪の進め方についてお尋ねをしたいと思っております。  2項目めでございますが、災害対策についてでございます。

長岡市議会 2012-06-18 平成24年 6月文教福祉委員会−06月18日-01号

◎近藤 学務課長  市では、現在支所地域ごとスクールバスを合計33台運行しておりまして、小・中学校合わせて22校が利用しております。  それで、スクールバス運行範囲基準でございますが、これは全市で統一的な基準を持っているというものではありませんで、各支所地域で異なった基準を持っております。

長岡市議会 2007-03-14 平成19年 3月文教福祉委員会−03月14日-01号

◎北本 介護保険課長  支所地域ごと等に分かれておりますので、例えば長岡市の場合でございます。平成18年度の1年間程度をとってみますと、通報回数で約690回ですけれども、その中で実際に救急車が出動したというのは26回でございます。 ◆小熊正志 委員  市民クラブの意見を申し上げます。  

  • 1