2477件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏崎市議会 2019-10-09 令和元年 9月定例会議(第22回会議10月 9日)

次に、産業建設分科会では、農林水産業の持続性を高めるを施策評価対象とし、食の地産地消推進事業、食の地産地消啓発事業、柏崎産水産物普及促進事業を評価対象事業として選定をいたしました。  この事業を選定した理由は、配付した施策評価シートをごらんください。  施策評価はBとし、施策の実現に近づいているが、さらに事業の改善・見直しが必要となりました。  

柏崎市議会 2019-10-08 令和元年決算特別委員会(10月 8日)

世代エネルギー活用推進事業について、今後の方向性に進むための評価。ふるさと応縁事業について、ふるさと納税増加の要因及び今後の課題。柏崎シティセールス推進事業について、ファンクラブ会員増によるU・Iターン促進に対する効果。U・Iターン促進事業について、補助制度利用者の評価、また、他自治体と比較しての制度の充実度。  

柏崎市議会 2019-10-01 令和元年決算特別委員会・産業建設分科会(10月 1日)

その下の015高齢者活躍推進事業110万7,000円は、企業における高齢者労働力の確保及び、高齢者の生涯を通じたキャリア意識の醸成のため、啓発セミナーを委託実施した経費であります。  その下の017障がい者活躍推進事業195万9,550円は、事業所から障害者雇用に関する相談に対応する障害者活躍推進アドバイザーの派遣を委託実施した経費が主なものであります。  

柏崎市議会 2019-09-30 令和元年決算特別委員会・産業建設分科会( 9月30日)

続きまして、002景観形成推進事業66万8,688円は、景観行為の届出等通知計56件について、景観アドバイザーによる審査を10回開催した経費などでございます。  005景観形成支援事業93万3,295円は、椎谷の景観形成重点地区における陣屋入口広場整備や住宅の修景整備など6件について、良好な景観維持のための補助を実施しました。  

柏崎市議会 2019-09-26 令和元年決算特別委員会・総務分科会( 9月26日)

平成30(2018)年度事務報告書、こちら1ページの2、核兵器廃絶平和推進事業の(6)被爆体験者講演会及び広島平和記念式典参加報告会。それから、下段のほうでありますが、平成30(2018)年度決算参考及び資料及び報告書の11ページになります、核兵器廃絶平和推進事業の取組内容・実績につきまして、一番右の内容のような誤りがありましたので修正させていただきたいと考えております。  

柏崎市議会 2019-09-19 令和元年総務常任委員会( 9月19日)

それは、総務費の関係でしたけれども、いわゆる7目情報化推進費、電子市役所推進事業社会保障税・税番号制度にかかわって、364万5,000円。これは国の施策として来年度からマイナンバーカードを活用した消費活性化策を実施するための準備経費、これを措置したいということで、審議させていただきました。  

柏崎市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会議(第20回会議 9月12日)

このような異常気象に対応する稲作として考えられるものとして、布施議員がおっしゃるとおり、土づくりの大切さから有機堆肥の施用があり、市では、循環型農業推進事業において、有機栽培を行っている農家や、農薬化学肥料を5割以上、低減栽培する農家などを対象に、100%有機肥料や、堆肥の購入経費の3分の1を補助しておるところでございます。  

柏崎市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会議(第19回会議 9月11日)

起業学習についての取り組みですが、柏崎市移住・定住推進行動計画に基づいて、今年度からキャリア教育推進事業移住定住学習モデル校として、鏡が沖中学校と南中学校の2年生124名が、総合的な学習の時間の中で取り組んでいるところでございます。  この学習は、人生の紆余曲折を振り返ることで自己理解を深め、自分にしかできないことで社会の課題を解決する会社を、起業していこうというふうに考えるものでございます。  

三条市議会 2019-09-06 令和元年第 3回定例会(第3号 9月 6日)

畜産につきましては、施政方針にもありますチッタスローの世界観に価値を見出し、独自性と採算性を重視して取り組んでいただける意欲ある畜産農家に対し、本年度から始めました自然を活かした畜産推進事業補助金等を活用しながら支援を行ってまいりたいと考えているところでございます。 ○議長(阿部銀次郎君) 2番。 ○2番(坂井良永君) ぜひ畑作や畜産についても今後も支援していただきたいと思います。  

柏崎市議会 2019-09-05 令和元年 9月定例会議(第17回会議 9月 5日)

7目情報化推進費、電子市役所推進事業社会保障・税番号制度事業364万5,000円は、国の施策として、来年度からマイナンバーカードを活用した消費活性化策を実施するための準備経費を措置いたしたいものであります。  続いて、24ページ、25ページをごらんください。  2項2目賦課徴収費、市民税業務経費82万4,000円は、産休・育休代替非常勤職員に係る経費を措置いたしたいものであります。  

柏崎市議会 2019-07-05 令和元年 7月随時会議(第15回会議 7月 5日)

この中に、異業種連携推進事業というのがあったということを承知をしています。この事業については、将来に向けた産業地域のあり方を探ってきた、あすの柏崎づくり事業の展開として、産学連携により取り組んでいる、異業種による企業間連携や地域資源の活用を市が支援をして、新しいビジネスモデルの方向性を見出していくというものであります。  

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日文教経済常任委員会-06月25日-01号

記載の大規模改造事業の内容は,学校のトイレ改修を行う学校施設エコスクール化推進事業,そして学校幼稚園のエアコンを整備する空調設備整備事業の2つの事業です。学校施設エコスクール化推進事業は,国の第2次補正予算に伴い,令和元年度に予定していた木崎,茨曽根,大鷲の3小学校と上山,大江山,西川の3中学校のトイレ改修を前倒ししたものです。

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日環境建設常任委員会-06月25日-01号

これは,既に議決をいただいている住環境政策課の高齢・子育て世帯向け市営住宅整備事業,建築行政課の住宅建築物耐震改修等補助事業及び公共建築第1課の公共建築物保全適正化推進事業について繰越額を報告するものです。  詳細については担当課長が説明します。 ○佐藤正人 委員長  ただいまの説明に質疑はありませんか。                    

新潟市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日総務常任委員会-06月25日-01号

75ページ,第2款総務費,第1項総務管理費,電子申請・届出システム事業,文書管理システム事業及び情報システム最適化推進事業の3点です。初めに,電子申請・届出システム事業は,市民インターネットを利用して24時間365日,いつでも本市が取り扱う申請,届け出等の手続に関する情報を検索,閲覧でき,一部の手続についてはオンラインで申請,届け出等が行えるシステムです。

三条市議会 2019-06-25 令和元年経済建設常任委員会( 6月25日)

6款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費、事業番号050農業環境保全推進事業費1,155万3,000円につきましては、国の多面的機能支払交付金制度において、新たな加算措置が設定され制度の拡充がなされたことに伴い、これに取り組む2組織に対して支援するため補正を行うものでございます。補正の内容といたしまして、実施組織、追加交付金及び事業費の財源内訳等は、資料に記載のとおりでございます。  

柏崎市議会 2019-06-25 令和元年 6月定例会議(第14回会議 6月25日)

本案は審査の過程において、福祉保健部関係では、生活保護適正実施推進事業システム改修委託料における国の補助割合及び、制度改正の詳細。  子ども未来部関係では、県立こども自然王国費の修繕料に関し、その修繕は突発的だったのか。また、老朽化や耐用年数を勘案した施設管理計画等の見直しについて。未婚の児童扶養手当受給者臨時特別給付金給付事業の給付対象人数等について。

新発田市議会 2019-06-24 令和 元年 6月24日経済建設常任委員会−06月24日-01号

次の丸印、産地づくり対策支援事業の1つ目、農業再生協議会等活動支援事業補助金は、新潟県が本事業を廃止したことによる減額であり、2つ目の経営所得安定対策推進事業補助金は、国から当市への配分が増額されたことによるものであります。  歳出は以上であります。  次に、歳入であります。12、13ページをお開きください。