311件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新発田市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日総務常任委員会−12月16日-01号

予防接種がいつだとか、例えば、母子手帳機能もそこの中に取り込めるし、そういった意味では一番早く使う側のメリットも大きくてコストも低くて、たしかアプリケーションは自家開発じゃなくてどこかのアプリケーション等を買っているというか、そういう形、ライセンス契約をしているんだろうと思いますので、これは即新発田でもできるだろうなというふうに思いました。一般質問などでぜひ市長に提案しようと思っています。

新発田市議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会-12月11日-02号

◆12番(渡邉葉子議員) そのCAPについてなんですけども、資料もとてもよくて、折り畳んで生徒手帳に挟めるような何かカードみたいなのがございましたけれども、コンパクトではあるんですけれども、なかなかちょっと畳むと分厚くて、何かシールみたいな、ステッカーみたいなのがあるといいと思いますし、あれを私もいただいたときに何か心がほっとして、とっても何かあれがあるだけでも、いざというときにここを頼りにすればいいんだというものを

三条市議会 2019-12-09 令和元年第 4回定例会(第5号12月 9日)

対象は、家族全員が介護を受けている高齢者世帯、また障がい者で、みずから集積所まで持っていくことが困難な世帯基本的には要介護認定を受けた方、障害者手帳所持した方、介護福祉サービスを受けている方など、条件を満たしていればサポートを受けられるとしています。この事業は、市の福祉部門と連携した取り組みで、2週連続ごみ出しがない場合は事情を確認する見守り活動につなげるとしています。

三条市議会 2019-12-06 令和元年第 4回定例会(第4号12月 6日)

三条市では、教育委員会に母子手帳交付から義務教育までの関係部署が集約されています。子育て支援課では、妊娠、出産から予防接種保育園や幼稚園などを1つの窓口が担当する子育てのしやすい仕組みになっていると思います。  教育委員会では、行政視察を多く受け入れています。昨年度は、子ども・若者総合サポートシステムについて7件の視察がありました。市が1年間で受け入れた47件のうち最も多い視察でした。

三条市議会 2019-12-05 令和元年第 4回定例会(第3号12月 5日)

現在補聴器購入に対する支援制度につきましては、高齢者を含め聴覚障がいの身体障害者手帳所持している方には、障害者総合支援法に基づく補装具費の支給制度がございますが、手帳の交付対象にならない程度の難聴の方に対する支援制度はなく、そうした方々への支援の必要につきましては他の機関からも伺っているところでございます。

新発田市議会 2019-09-20 令和 元年 一般会計決算審査特別委員会(市長総括質疑)−09月20日-01号

父子手帳の交付事業についての質疑に、年間交付枚数679枚で妊娠届け出数の635枚を上回っている。内訳は妊娠届け出時に母子手帳と一緒に渡したのが442枚、窓口での父子手帳交付が138枚、乳児健診などでの交付が99枚であり、父親が育児参加する機会になったと考えている。今後は市民アンケートや聞き取りをしながら進め方を研究したいと答弁があった。  

三条市議会 2019-09-17 令和元年決算審査特別委員会( 9月17日)市民福祉分科会

その中で、昔であれば知的障がい者や精神障がい者という手帳になかなか結びつくことができなかった方が、若年のうちからそういった支援を効果的に受けていくという流れができましたので、それが増加の一要素。あとは、精神障がい者という部分においては社会問題にもなってきているんですけれども、社会の中で鬱病であったり、そういったところに端を発して精神障がい者がふえているという現状がございます。

三条市議会 2019-09-11 令和元年市民福祉常任委員会( 9月11日)

もう既に何件か実績も出ておりますけれども、今後の周知につきましては、引き続き母子手帳等の送付の際に案内チラシを同封するなどの方法をとらせてもらいたいと思っています。 ○(笹川信子委員) 高齢者福祉施設建設費についてお伺いいたします。医療法人積発堂とおっしゃいましたけれども、どこの施設のことでしょうか、お尋ねします。

新発田市議会 2019-09-09 令和 元年 一般会計決算審査特別委員会(社会文教関係)−09月09日-01号

症検診事業までは、疾病の早期発見、早期治療及び重症化を予防するため、成人期以降を対象とした健康診査やがん検診及び保健指導などに要した経費で、次の母子保健活動事業と母子健康診査事業は、母と子の健やかな発育、発達を支援するための母子健診を実施したほか、母子保健活動事業では、平成27年度からスタートした1人の保健師が担当する親子を就学前まで一貫して支援する、かかりつけ保健制度による対応を進めながら父子手帳

長岡市議会 2019-06-25 令和 元年 6月文教福祉委員会−06月25日-01号

現状でございますが、拠点は中之島、与板、三島、和島、寺泊地域の北西拠点、越路、小国、川口地域の南拠点、旧長岡と山古志地域の本庁の拠点、栃尾地域の単独拠点、その4つを設置しておりまして、特に北西と南の拠点につきましては支所保健師が1名から2名ローテーションで配置をされまして、子どもの健診ですとか母子手帳の発行や各種健康相談などを行っているところでございます。 ◆関充夫 委員  大体わかりました。  

長岡市議会 2019-03-20 平成31年 3月総務委員会−03月20日-01号

◎川上 危機管理防災担当課長  この経費につきましては、緊急告知FMラジオの整備に向けて、具体的には要支援者、民生委員町内会長といった方々、それから要配慮者利用施設といったところに配備をいたすものと、それから65歳以上の高齢者の方がいらっしゃる世帯、または障害者手帳等の交付を受けていらっしゃる世帯に購入費の補助を行っているものであります。

新発田市議会 2019-03-15 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(三セク関係)-03月15日-01号

ホームページ見ましたら、障害者手帳がある方には割引をやっておられるということなんですけども、かつて市内の高齢者の方の割引みたいなのがあったような気がするんですけども、現在どういうふうになっていますでしょうか。 ○委員長(小川徹) 小林代表取締役。 ◎紫雲寺記念館代表取締役(小林豊男) 高齢者の割引でございますけれども、高齢者の割引は平日、時間に関係なく700円のところを500円で利用いただく。

長岡市議会 2019-03-11 平成31年 3月文教福祉委員会−03月11日-01号

とりわけ障害者手帳の取得者数でいいますと、知的障害精神障害の方で障害者手帳を取得する方がふえている傾向がございます。この主な要因といたしまして、相談支援事業所がかなり認知されているということがあります。その相談支援事業所を通じまして各種障害福祉サービス認知されているということが利用がふえている主な要因だというふうに考えております。

長岡市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会本会議−03月06日-04号

当市におきましては、身体障害者手帳の対象となる重度の難聴者に対して補聴器の購入費用を支給しております。平成29年度は97人の方に支給し、このうち加齢が原因と思われる重度の難聴の方は約60人となっております。難聴になると社会生活に支障を来すようになることから、早目の医療機関の受診や補聴器等の使用が大切であると認識しております。

長岡市議会 2018-12-12 平成30年12月定例会本会議−12月12日-01号

市では現在、母子健康手帳交付の際に必ず保健師や助産師が全ての妊婦と対面し、妊娠中の心配なことや不安なことなどを把握するとともに、妊産婦医療費助成制度をはじめ、市のサービスについても説明や相談に乗っているところでございます。また、妊娠7カ月から8カ月ごろには母子保健推進員が各家庭を訪問し、子育ての先輩として保護者の話を聞いたり、地域での子育て情報等を伝えるなどの活動を行っています。

三条市議会 2018-12-06 平成30年第 5回定例会(第3号12月 6日)

周知につきましては、三条市のホームページ等への掲載と母子手帳交付時のチラシ配布、説明によって行っております。  また、今年度5月から現在までの新潟県内における風疹の報告数は、男性9人、女性1人、合計で10人でございまして、うち三条地域振興局管内では男性1人の報告となっておるところでございます。 ○議長(阿部銀次郎君) 子育て支援課長。