838件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

妙高市議会 2022-09-10 09月10日-04号

人材はどれだけ減っていくんだろうかとか、そのときに町内会としてどういう対応をしたらいいんだろう、どういう地域課題が出るんだというようなことをですね、話し合いをされて、こういうふうな将来の絵語り的にはなっていくんだなというふうなことで意識調査が図られていくということで、現在も支援といいますか、その場に今度は引き継いだ協働センターのほうで入ってコーディネートをしている最中であります。

柏崎市議会 2020-10-08 令和 2年決算特別委員会(10月 8日)

ワーク・ライフ・バランス推進事業については、市民意識調査の数字では改善してきているとの説明であったが、真に進んでいるとは感じられないとの意見があり、これからもさらに進めていくべき大事な事業であることから議員間討議を行いました。  質疑に続き、本分科会所管決算認定に関して意見を求めたところ、財政問題について、財政が厳しいことは承知するが、必要以上に強調しないこと。

小千谷市議会 2020-09-18 09月18日-03号

運動浸透度の把握や今後の方向性を確認するための意識調査については、今後検討してまいりたいと考えております。   次に、3つ目廃棄物処理持続可能性を持つためには可燃ごみ減量化リサイクル転換を進めること、不燃ごみ残渣減量化することに尽きますが、どのように考えているのか、また4つ目の今後の施設の在り方検討も含めて方針を決めるとしています。

柏崎市議会 2020-09-11 令和 2年 9月定例会議(第23回会議 9月11日)

3.11大震災後に、柏崎刈羽地区意識調査があったようですが、「周辺住民にPAZ内に避難指示が出たら自分も避難するのか」の問いに、42%の方が「避難する」と答えています。UPZ内では、避難指示があるまで屋内にとどまることになっていますが、余震の続く可能性がある場合、倒壊のおそれのある住居内にとどまるのは危険なため、「三十六計逃げるに如かず」、避難し始めるのではないでしょうか。  

柏崎市議会 2020-09-10 令和 2年 9月定例会議(第22回会議 9月10日)

また、今ほど紹介のありました、柏崎市のエネルギー政策に関する市民意識調査の結果にもよるということでした。  次期市長選への出馬については、今月、9月下旬には自分考えを示したいとの報道もありました。今も支持者の方にお配りしたアンケート結果にもよるという話でした。そのアンケート結果状況市長考えが変わるというか、方針が決まるとも思えませんけども、改めて、市長続投の意思をお聞きいたします。

新潟市議会 2020-06-17 令和 2年 6月定例会本会議−06月17日-02号

休校中の動画配信検討するため、5月に市立学校・園に通う園児、児童生徒のいる家庭に対し、インターネット接続環境及び意識調査を行いました。この調査では、WiFi環境の有無までは聞いておりませんが、自由記述において、WiFi環境及び通信費の補助を求める意見が多数ありました。  教育委員会では現在、国の予算を活用し、家庭学習のためのモバイルルーターの整備支援検討しています。

上越市議会 2020-06-12 06月12日-05号

◆9番(宮越馨議員) 今、言葉の走りをつかむわけじゃありませんけど、検討しなけりゃいけないということは、行政も少しニーズ調査等々をやって、これは意識調査、住民に、関係者に、じかに私が聞いたデータがこれなんです。これをオーソライズするために、ぜひ行政としてもやっていただきたいと、こういうことを含めての検討でしょうか。 ○飯塚義隆議長 村山秀幸市長。                  

柏崎市議会 2020-06-11 令和 2年 6月定例会議(第17回会議 6月11日)

2つ目質問は、市民意識調査の結果は、原子力発電所との共存というのは、少数派考えるべきではないかということであります。  さきの市民意識調査では、柏崎市民はどうかということで、「原子力推進」は、僅か10%であります。やはり、ここでも、男性が14%に対して、女性は約6.9%、半分以下であります。女性にとって全く不人気が全国以上であります。今後のまちづくりへの大きな指標を示していると思います。  

新潟市議会 2020-03-23 令和 2年 2月定例会本会議−03月23日-06号

広報、広聴の充実について、  65歳以上の男性社会参画に対する意識調査を行い、阻害要因解明を求める。  市民との対話集会について、  市民からの幅広い参加が得られていないため、テーマや集会方法などを改善されたい。  市政世論調査について、  ネットアンケート実施検討されたい。  人権問題について、  様々な団体意見を聴取し、啓発に取り組まれたい。  

柏崎市議会 2020-03-23 令和 2年 2月定例会議(第 7回会議 3月23日)

今回取られた、エネルギー政策に関する市民意識調査の結果では、地域エネルギー会社に期待することとして、地域経済活性化が最多の回答となりました。  加えて、これらは、市長の持論と合致するところでもあり、したがって、自信を持ってエネルギービジョン、まずは、再生可能エネルギー原子力まち柏崎2.5から確実に進めていくことを期待しているところであります。  

長岡市議会 2020-03-19 令和 2年 3月総務委員会−03月19日-01号

今日の新潟日報の記事を見ると、柏崎市が市民3,000人を対象にしたエネルギー政策に関する市民意識調査を行って、その結果が出たようであります。東京電力柏崎刈羽原発の今後の在り方について柏崎市民に尋ねたところ、全て廃炉にすべきというふうに考えている方が6割に迫ったと報道されているところであります。再稼働が必要だと思う人が35.3%であります。

柏崎市議会 2020-03-19 令和 2年全員協議会( 3月19日)

本日の全員協議会は、エネルギー政策に関する市民意識調査の結果について及び使用済核燃料税についての説明を受けます。その後、質疑を行います。  初めに、エネルギー政策に関する市民意識調査の結果についての説明を求めます。  櫻井市長。 ○市長櫻井 雅浩)  市議会の皆様方におかれましては、大変お忙しい議会日程の中、今般、全員協議会を開催いただきまして、ありがとうございました。

柏崎市議会 2020-03-18 令和 2年総務常任委員会( 3月18日)

人権啓発男女共同参画室長(木村 克己)  令和年度実施をしました意識調査につきましては、先般、御報告をさせていただいたところでございます。調査は5年置きにやっておるところですけれども、徐々にではありますけれども、平等感というのが高まってきているのかなというところはございますが、まだまだ意識的に足りていないというところもあるのも事実でございます。  

新潟市議会 2020-03-17 令和 2年 3月17日市民厚生常任委員会−03月17日-01号

聴相談課広報・広聴の充実について、65歳以上の男性社会参画に対する意識調査を行い、阻害要因解明を求める。  次に、危機管理防災局防災課危機対策課東日本大震災避難者への支援について、震災から9年がたち、避難者の置かれている状況も多様化するとともに、必要としている支援の形にも変化があると考える。引き続ききめ細やかな支援をお願いしたい。

上越市議会 2020-03-17 03月17日-04号

この調査は、8種目の実技に関する調査と30項目程度質問回答する意識調査から成るものでありますが、令和年度調査結果のうち、当市においては、その意識調査の中で、体を動かす遊びを含め、運動スポーツをすることがよくある、時々あるとした回答が、男子は79.4%と全国平均と比べて1.0ポイント高く、女子は76.6%と1.7ポイント高くなっているとともに、スポーツ団体への加入状況につきましても、男子は59.8

柏崎市議会 2020-03-13 令和 2年総務常任委員会( 3月13日)

厚生労働省高齢者国民生活実態調査によれば、生活意識調査では、「苦しい」と「やや苦しい」が合わせて55.1%になっています。これは、高齢者家計収入より支出が五、六万円以上多い赤字状態であること、エンゲル係数が上昇していること、可処分所得が減っていることなどから、家計に余裕がなくなってきているからです。こうした収入不足を補うためにも、働く高齢者が増えています。

新発田市議会 2020-03-11 令和 2年 2月定例会-03月11日-03号

平成30年3月、国土交通省都市部住民に対して意識調査を行っておりますが、農漁村地域に移住したい希望者が3割程度あり、特に若い世代に多い傾向が明らかとなりました。このことを受け、国は実証的な取組を重ね、令和2年1月5日に改正地域再生法を施行し、農地つき空き家取得支援に向けた事業の創設に結びつけております。