4415件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新発田市議会 2019-03-20 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(市長総括質疑)−03月20日-01号

       総務課長       鶴   巻   勝   則        人事課長       小   野   洋   一        財務課長       伊   藤   純   一        みらい創造課長    山   口   恵   子        社会福祉課長     坂   上   新   一        商工振興課長     原       祐   司        建築課長

新発田市議会 2019-03-20 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(経済建設関係)-03月20日-01号

○委員長(小川徹) 小野建築課長。 ◎建築課長(小野正一) 続きまして、建築課所管分の主なものについてご説明申し上げます。  初めに、歳出でございます。93ページをお開きください。財産管理費の説明欄上から3つ目の丸印、公共施設維持管理事業は、カルチャーセンター電気設備更新工事など市有施設の維持修繕に係る経費であります。  次に、103ページをお開きください。

新発田市議会 2019-03-18 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)−03月18日-01号

その下、公会堂等建築支援事業は、地域の拠点施設である公会堂等の新築、増改築、下水道接続工事などに対する補助でございます。  その下の自治会等支援事業は、自治会活動の目的や自治会長の役割、行政からの依頼事項をまとめた自治会長の手引きの発行に係る経費でございます。  その下、地域協働推進事業は、地域協働によるまちづくりの推進を図るため、地域協働推進計画を作成するための委託料が主なものでございます。  

新発田市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会−03月13日-04号

    議第123号 平成31年度新発田市後期高齢者医療特別会計予算議定について     議第130号 平成30年度新発田市一般会計補正予算(第9号)議定についてのうち社会文教常任委員会所管分 第 4 議第 88号 新発田市公共施設等総合管理基金条例制定について     議第 95号 新発田市月岡カリオンパーク設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について     議第 96号 新発田市建築関係手数料条例

長岡市議会 2019-03-13 平成31年 3月建設委員会−03月13日-01号

◎小見 都市開発課長  すまいの耐震改修促進事業費の増額の内容でございますけれども、耐震改修がなかなか進まないということで、昭和50年から昭和56年建築の木造住宅の方にアンケート調査を今年度にさせていただきました。この中で、来年度に耐震診断や改修をしたいという意向調査を取りましたところ、数多くございました。

新発田市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会-03月12日-03号

また、今回の改正を受けて自治体間での格差が拡大する懸念があるとも言われており、当市においても国、県、市指定文化財に限らず、歴史、考古、民俗、美術、建築、自然環境など地域のさまざまな文化財を総合的に把握し、保存と活用を図る総合的なマネジメント能力を有した人材を配置して積極的に取り組んでいく必要があると考えられます。こうした背景を踏まえて、次の3点について質問いたします。  

新発田市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-02号

市は、平成30年3月に公共施設の管理計画を示し、その中で公共建築物の今後の管理方法の方針を定めております。1つ、事業を廃止し、建物を解体する。2つ目、事業を集約し、建物を解体する。3つ、事業の他の施設への移転と建物の解体。4つ目が施設の譲渡。そして、最後に事業の継続と必要に応じて改修と5段階に分けています。

長岡市議会 2019-03-11 平成31年 3月文教福祉委員会−03月11日-01号

都市整備部につきましては、建物や附帯設備に関する設計や建築、その後の修繕や改修など、いわゆるハード的な部分を所管しております。 ◆関充夫 委員  おっしゃることはわかりました。  そこで、入居業務等で、入居者が入るときの審査とかいろんなことをやっていられるわけですけど、今現在福祉保健部で管理している市営住宅の戸数と、一番お聞きしたいのは、どのくらいあいているのかをお聞かせ願えれば。

新発田市議会 2019-03-07 平成31年 3月 7日経済建設常任委員会-03月07日-01号

○委員長(今田修栄) 小野建築課長。 ◎建築課長(小野正一) 続きまして、建築課所管分についてご説明申し上げます。  初めに、歳出でございます。予算議案書の43ページをお開きください。総務管理費、説明欄3つ目の丸印、公共施設維持管理事業の防火設備点検委託料は、防火設備点検委託業務の発注において競争入札での請け差であり、その差額を減額するものであります。  次に、73ページをお開きください。

新発田市議会 2019-03-06 平成31年 3月 6日社会文教常任委員会−03月06日-01号

第2表、最上段の待機児童解消事業は、社会福祉法人龍志福祉会ひかり保育園の建設費補助の実施について、建築資材調達の遅延等により工事が年度内に完了せず、竣工期日が2カ月ほど延期することから、これに合わせて補助金交付の時期も延長するものでございます。なお、ひかり保育園の定員拡大につきましては、予定どおり平成31年4月1日から対応する計画でございます。  以上がこども課所管分でございます。

長岡市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会本会議−03月05日-03号

今回の特別措置法は、所有者不明土地問題対策の第1弾と言われており、所有者不明土地で建築物がなく、反対する権利者もいない土地であれば、市町村による公園や仮設道路の利用のほか、NPO法人などが直売所や駐車場などをつくるような場合でも、都道府県知事が公益目的利用であると判断すれば利用権を設定できるようになりました。

新発田市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会−02月27日-01号

決定に向けては提言書に加え、建築工法、資材運搬等の技術的検証や敷地内の配置、周辺ロケーションとの調和などについて専門的な調査やイメージパースの作成が必要であると判断し、大倉文化財団から移築を託されている大成建設株式会社北信越支店に調査業務等の委託を行いました。

新発田市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会−02月27日-目次

社会文教常任委員会所管分  ……………………………………………………………………………………………………………179 議第 88号 新発田市公共施設等総合管理基金条例制定について………………………………183 議第 95号 新発田市月岡カリオンパーク設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について  ……………………………………………………………………………………………………………183 議第 96号 新発田市建築関係手数料条例

新発田市議会 2019-02-19 平成31年 2月19日全員協議会−02月19日-01号

地方税については、平成30年度の決算見込みにおいて、給与所得や企業の設備投資が順調であることから、市税収入が堅調な状況である一方、将来的には生産年齢人口の減少による個人市民税所得割の漸減や近年の家屋の建築状況から固定資産税の減少が見込まれること、また販売本数の減少に伴う市町村たばこ税の減等の要因もあることから、これらを考慮し推計しております。  次に、地方交付税についてであります。

新発田市議会 2019-02-07 平成31年 2月 7日総務常任委員会−02月07日-01号

また、喜八郎が蔵春閣を建設した目的となっている日本建築の価値と意義を広く伝え、国内外よりの来訪者をもてなす場として、また日本、新発田市の伝統文化の体験や食資源を体験する場として積極的に利活用いただくことを願い、寄贈させていただくという動機について、検討委員会の皆様にはお示しをした上でご議論をいただいております。  では、それぞれの施設についてお話を申し上げたいと思います。

新発田市議会 2019-01-31 平成31年 1月31日総務常任委員会−01月31日-01号

去る1月29日、同委託の成果が納品をされましたので、今回その業務に携われました大成建設株式会社設計本部専門設計部伝統・保存建築設計室長の松尾様と、同株式会社北信越支社新潟CSセンター、倉又作業所長様にご同席をいただいて説明をいただくこととしたいと思いますが、ご許可をいただけますでしょうか。

新発田市議会 2018-12-26 平成30年12月定例会−12月26日-04号

蔵春閣移築関連事業、調査設計委託料についての質疑に、現地調査並びにイメージパース作成を委託する経費であり、今回の移築にかかわる経費については公益財団法人大倉文化財団が全て負担する中で、移築に関する業務を大成建設に委託したため、部材のこともよく承知していることから、建築課から調査設計委託料分を流用した上、随意契約し、成果物は必要な時期に議会にも材料として示す旨の答弁がありました。  

新発田市議会 2018-12-26 平成30年12月26日総務常任委員会−12月26日-01号

調査の内容につきましては、資材の搬入経路やストックヤード、建築工法、関係法令等のみならず、建物の魅力を最大限に引き出すための配置や12.9メーターの高さがある蔵春閣を候補場所に建てた際の周辺環境との関係性または軒先が2.3メーターということで、非常に張り出していることもありますので、近接している建物への影響等を考慮して専門的な観点から調査をしていただいております。

長岡市議会 2018-12-25 平成30年12月文教福祉委員会−12月25日-01号

そちらの白くなっている家庭科室とその隣の準備室が昭和47年建築でございます。中ほどのピンク色に塗られました2つの特別教室とその間にあります準備室、それと右側にピンク色に塗られましたD2と記載してあります階段室、そちらが昭和45年建築でございます。その右側に特支と2教室ございますが、そちらが昭和53年建築となっております。図面下側の棟になります。