5312件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

胎内市議会 2060-06-27 06月27日-02号

初めに、1点目の平成27年度からの立ち上げ支援自主運営実施状況についてでありますが、平成27年度から開始した通いの場の立ち上げ支援は、昨年度末までに27カ所で行い、立ち上げ支援の3カ月間の実績といたしましては、保健師等運動指導などで活動拠点に出向いた回数は延べ311回、参加実人数は765人、延べ人数は5,401人という成果でございました。

胎内市議会 2031-12-18 12月18日-03号

胎内川水系では、平成13年度に策定した整備計画に基づき、笹口浜から鹿ノ俣川合流地点までの間において3カ所で河道掘削を進めており、その整備率は約24%となっております。荒川水系では、平成19年度に策定した整備計画に基づき、乙大日川における荒屋橋から菅田川合流地点までの区間において、河道拡幅に先立ち、用地補償及び橋梁設計を中心に事業を進めており、その整備率は約37%となっております。

見附市議会 2024-09-11 09月11日-一般質問-03号

これまでの設置状況についてですが、平成16年以降、15年が経過していることから、5年ごとの設置数としてお答えいたします。平成16年度から平成20年度までで52基、平成21年度から平成25年度までで268基、平成26年度から平成30年度までで173基を設置しており、累計は493基となっております。

小千谷市議会 2023-12-18 12月18日-03号

健康・こどもプラザ「あすえ~る」の整備に当たりましては、平成29年度に子育て支援センターわんパークの利用や乳幼児健診、子育てサークル活動の場などにおいて保護者の皆様にアンケートをとったり、直接御意見を伺いました。御意見には「遊ぶとともに飲食できるスペースがあるとよい」「広い駐車場が欲しい」などがありました。

見附市議会 2023-06-19 06月19日-一般質問-03号

県の平均値は、県が県内10カ所の学校給食施設に対し抽出調査をしており、現在までに結果が公表されている直近の3年間で平成27年度が34.9%、平成28年度が40.6%、平成29年度が33.3%となっております。ただし、このデータは県内産が対象であり、各自治体の行政区内産が対象ではありませんので、単純に比較できない数値と理解しております。  

胎内市議会 2022-09-10 09月10日-01号

4号 平成30年度胎内介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について    認定第 5号 平成30年度胎内黒川診療所運営事業特別会計歳入歳出決算認定につ           いて    認定第 6号 平成30年度胎内市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定につい           て    認定第 7号 平成30年度胎内市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について    認定第 8号

妙高市議会 2022-09-10 09月10日-04号

について        議案第67号 平成30年度新潟妙高介護保険特別会計歳入歳出決算認定について        議案第68号 平成30年度新潟妙高杉野沢財産特別会計歳入歳出決算認定について        議案第69号 平成30年度新潟妙高ガス事業会計決算認定及び利益処分について        議案第70号 平成30年度新潟妙高水道事業会計決算認定及び利益処分について        

妙高市議会 2021-06-19 06月19日-04号

報告 第 3  議案第42号 第 4  議案第39号~議案第40号 第 5  議案第41号 第 6  議案第43号 第 7  議案第44号 第 8  発議第1号 第 9  発議第2号本日の会議に付した事件 日程第 1  会議録署名議員の指名 日程第 2  諸般の報告         ・第95回全国市議会議長会定期総会開催概要         ・公益財団法人妙高文化振興事業団令和年度事業計画並びに平成

胎内市議会 2020-12-20 12月20日-04号

また、第3条、債務負担行為については、令和2年度の当該委託料について、平成29年度に設定した債務負担行為限度額を超えることが見込まれるため、その超える部分に係る債務負担行為を設定するものであり、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決定いたしました。  次に、議第99号 令和年度胎内水道事業会計補正予算(第3号)であります。

小千谷市議会 2020-12-20 12月20日-04号

1年を振り返ってみますと、祝賀ムードの中で元号が平成から令和に変わる節目の年でありました。また、当市にとっては、中越大震災から15年の年として、震災の経験と教訓を次世代に継承すること、そして復興に感謝するなど、心を新たにしたところです。   10月には、台風19号の影響により、信濃川の水位が堤防の計画高水位を超え、避難勧告を発令する事態であったことは、決して忘れてはならないものであります。

胎内市議会 2020-12-17 12月17日-02号

まず最初に、樽ケ橋エリアについてでありますが、各施設の入り込みを調べてみますと、樽ケ橋遊園の過去10年の入園者数の推移は、平成23年度にアルパカが導入されてから入園者数が増えており、29年度には大型複合遊具が新設され、平成30年度の入園者数は前年比23%アップ、過去最高の4万3,000人になりました。今年度の入園者数はさらに多く、4万7,000人を超えていると聞いております。

小千谷市議会 2020-12-17 12月17日-02号

ガス水道局長渡辺英明君) ただいまの御質問にお答えしますが、新浄水場のほうの引き渡しにつきましては、平成30年度の事業でございますので、30年度の末ということでございます。 ◆3番(上村行雄君) 契約書面があるはずだと思うのですが、そういうアバウトな話ではなくて、平成31年の3月末ということなのでしょうか。

見附市議会 2020-12-11 12月11日-03号

平成29年度は、記録的な豪雪に加えて長期間の寒波が居座り、市民生活に大きな影響を与えました。また、平成30年度は平成29年とは全く逆の暖冬少雪となり、極端に異なる冬であったことは記憶に新しいことと思います。平成30年度見附まちづくり市民アンケート調査結果報告書に、重要度が高いが満足度が低い施策(改善の必要性が特に高い項目)の上位に道路除雪や消雪パイプの充実が挙げられています。