30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

柏崎市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会議(第11回会議 6月13日)

しかしながら、柏崎港以西の海岸は、岩石性や崖海岸が点在し、JRや護岸等構造物が妨げとなって、ビーチクリーナー回収作業車の乗り入れができないなど、大型漂着物回収や運搬が難しく、また、市全域海岸では、ペットボトルやレジ袋等日常生活に伴って発生するごみや、膨大な量の流木など、次々に押し寄せる漂着物回収が追いつかないことが課題として挙げられます。  

長岡市議会 2018-05-22 平成30年 5月22日大河津分水・長岡東西道路整備推進特別委員会−05月22日-01号

ぜひ円滑な進捗を望むところでありますが、一番最後にありましたように、掘削土利活用についてのお考えと、持っていった先に対する影響の評価ということで試料調査をされたということでありますけど、寺泊層はほぼ頁岩やチャートだというふうに理解しておるんですけど、岩石の一部に何か特別な夾雑物があったといったことなのか、それとも寺泊層のあの山全体の中に何か特有のものがあったのかというのがもしおわかりでしたら、もう

阿賀町議会 2013-12-11 12月11日-01号

この道路は小手茂と黒谷を結ぶ町道であり、この延長は、林道戸沢川線谷地線につながっており、木材の搬出や地区住民生活の糧として、春はゼンマイ、ワラビの採取、秋はマツタケ、ナメコの山菜とりに欠かせない道路であるが、近年、冬季間の雪崩による岩石の落下と風水害による土砂崩落によって寸断され、何年も閉鎖されたままであります。 

新発田市議会 2013-06-11 平成25年 6月定例会−06月11日-02号

剣竜峡は、五頭県立自然公園の北端に位置し、巨大な石畳の岩石の岩間を流れる清流、鬱蒼とした杉木立や広葉樹に囲まれた大自然が魅力的な景勝地であり、昭和53年に市がキャンプ施設としてあずまや、炊事場公衆便所を整備し、さらに地元、荒川集落皆様の長年のご尽力により剣竜峡登山口とする荒川山に登山道を整備していただき、平成17年の完成以降多くの登山者皆様にもご利用いただいているものであります。

三条市議会 2013-01-21 平成25年市民福祉常任委員協議会( 1月21日)

なお、参考までにこのモンモリナイトと申しますのは粘土の種類でございまして、さまざまな粘土の中で火山の溶けた岩石、マグマが噴火で火山灰となって再び固まったものがモンモリナイトだそうでございまして、火山国日本では良質のものが数多く産出されているということでございます。粘土鉱物でありますけれども、鉱物の中でもモンモリナイトなどの粘土は地球上で唯一水を吸う鉱物であるということでございます。

柏崎市議会 2012-03-08 平成24年建設企業常任委員会( 3月 8日)

ほか、31カ所の道路補修箇所測量設計委託業務に3,000万円と、昨年から覆工コンクリートクラック異常調査を実施していました六拡トンネルについて、クラック異常調査は認められなかったものの、覆工コンクリートの損傷が大きいことから、地質調査岩石試験を行い、対策工法を調査するための費用1,300万円を計上しています。  

胎内市議会 2011-03-08 03月08日-02号

胎内市でも山の山頂付近岩石や岩山の地層で、そのふもと集落のところが数カ所あります。そんな地層のところに1時間に100ミリものゲリラ豪雨が降ると、割れ目や山の亀裂部分から水がしみ込み、深層崩壊を起こして土石流となって山津波を引き起こし、ふもと集落を一のみにします。その他、山間部には地震を引き起こす活断層地帯が何本かあります。

阿賀町議会 2009-12-18 12月18日-03号

擁壁背面盛土材は、当初設計におきましては現場掘削により発生いたしました土砂と、県が施工する工事やその他の事業において発生する良質な残土を現場まで運搬していただきまして利用する計画でおりましたが、全員協議会で担当のほうからも説明がありましたように、現場発生土では多数アンカー擁壁背面盛土材として良質な土砂が得られなかったことや、県その他の事業から搬入してもらう予定でありました土砂につきましても岩石

胎内市議会 2009-12-15 12月15日-02号

市の歴史文化を学ぶことのできる奥山荘歴史館黒川郷土文化伝習館シンクルトン記念館、各種岩石展示をしているクレーストーン博士の館、珍しいチョウ等展示昆虫の生態を学ぶことができる胎内昆虫の家、宇宙の不思議を体感できる胎内自然天文館、毎日の生活に欠かせない上水道の仕組みが学べる並槻浄水場などが主に教科学習として多く利用されております。

阿賀町議会 2008-12-17 12月17日-02号

3番目は、前田川下流の大川の出合い地点岩石の滞留の件であります。 この件につきましては、去年一般質問をしたことがあったのですが、そのときついでに、鹿瀬橋の取りつけ橋の老朽化の件も一緒に一般質問したのでございますが、このたびの補正で2,240万円の調査費が上がっておりますので、町長には私の言ったことを心にとめておいていただいたのかなと思いまして、本当に感謝をいたしております。 

阿賀町議会 2008-03-11 03月11日-01号

揚川トンネル麒麟橋など大型車のすれ違いが困難な状況であるとともに、本尊岩谷花地区ではたび重なる土砂災害岩石崩落雪崩豪雨等全面通行どめ、あるいは片側通行が発生し、地域生活医療等に大きな支障を来しているということもご承知のとおりでございます。このような状況の中で、揚川道路改良ですが、平成12年度から工事着手しております。 

柏崎市議会 2008-02-29 平成20年全員協議会( 2月29日)

それから、建屋の傾きなどについての問題でありますが、まず、この設置の許可をいたしますときには、この建屋の基盤になります岩盤について、岩石試験岩盤試験などを行いまして、かたさなどのデータをきちんと得た上で、この発電、原子炉建屋、あるいは、タービン建屋の重量を耐えるのに、適切な岩盤かどうかと、そういう審査をやった上で適切であるという判断を行ったわけでございます。

上越市議会 2007-12-10 12月10日-05号

周知のことでありますが、アスベストは「セキメン、イシワタ」と呼ばれる繊維状の天然鉱物であり、0.02から1ミクロンの非常に細かくて、また軽い針状繊維岩石であります。このアスベスト耐火性防音性断熱性、そして電気の絶縁性にすぐれ、コスト的にも安価なことから、用途が広く、主に建築材料として大量に使用されてきました。

阿賀町議会 2007-06-22 06月22日-02号

それで、この付近耕作者出水時にたまった土砂岩石を水が引いたら、次の出水時に備えて土砂を上げてほしいという要望でございます。 それと、トンネルを抜けてから河口までの間の改修をお願いしたいということでございます。長年の間にたまった土砂の堆積によって、河口までの水路が狭くなってしまいます。しかも、堤防に沿って蛇行しています。

十日町市議会 2006-09-22 09月22日-委員長報告、質疑、討論、採決-06号

変更理由でございますが、当初は泥濃推進工法という機械掘削の後にジャッキにより鉄筋コンクリート管を押し込む工法を採用しておりましたが、施工延長が451メートルと長いため、中間地点での土質ボーリング調査を実施しましたところ、この工法では貫通が難しい非常にかたい岩石採取されたところでございます。

  • 1
  • 2